吉本此那の学歴|出身高校(遊学館)大学や中学校の偏差値と学生時代のかわいい画像

 

アイドルグループ「僕が見たかった青空」の吉本此那さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は吉本さんは中学時代にavexのオーディションに合格して、モデルとして活動していました。学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

吉本此那(よしもと ひな)

 

 

2005年12月5日生

身長156㎝

血液型はA型

 

石川県出身の歌手、タレント

アイドルグループ「僕が見たかった青空」のメンバー

本名同じ、愛称は「ここな」

 

以下では「僕が見たかった青空」吉本此那さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 

スポンサードリンク

 

吉本此那の学歴~出身高校(遊学館高校)・大学の詳細

 

出身高校:石川県 遊学館高校 偏差値42~47(コース不明のため)

※後に転校

 

 

吉本此那さんが入学したのは、私立の共学校の遊学館高校です。

 

この高校は1904年開校の伝統校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

特に硬式野球部やバトントワリング部が強豪で全国大会の常連です。

 

また同校は以下の3つのコースを設置していますが、吉本さんがどのコースに在籍したかは不明です。

 

特別進学:偏差値47

一般進学:偏差値43

金城大学:偏差値42

 

吉本さんは高校時代は帰宅部で、部活動などはおこなっていませんでした。

 

またアルバイトなどもおこなっていませんでした。

 

後述するように中学時代からavexに所属しており、高校入学後もダンスと歌のレッスンに励んでいました。

 

当時のことについてはインタビューで次のように話しています。

 

「すぐに帰ってきて家でずっとぼーっとしていました。ダンスと歌のレッスンに通っていたので、周りからは忙しそうに見られていたみたいですけど(笑)。ぼーっとしているとき以外はドラマとか映画を観ていたかも?」

 

ちなみに当時は歌手志望で、アイドルにはあまり興味はありませんでした。

 

高校3年生だった2023年4月に乃木坂46公式ライバルグループ「僕が見たかった青空」のオーディションに応募をして、約2ヶ月ほどのオーディションを経て3万5000人の中から合格をしています。

 

 

ちなみに吉本さんはオーディションには乗り気ではありませんでしたが、母親が勝手に応募をしました。

 

高校3年生の時に周囲は高校卒業後の進路を決める中で、吉本さんは全く決まっておらず就職もしたくなかったことからどうしようと思っていました。

 

当時のことについてインタビューで次のように振り返っています。

 

「私はアイドルとかあまり分からなかったんですけど、お母さんがオーディションの告知を見つけてきたんです。しかも勝手に応募していて……。ただ、もともと大学に進学する気もない、就職もしたくない、という感じだったのでもし受かったらどちらもしないで済むな……とは思いました(笑)。」

 

そしてオーディションが進んで行くにつれて、色んなアイドルに興味も湧いてきて受かりたいと思うようになりました。

 

吉本さんはこのグループで前髪がない子が少ないため、みんなに覚えてもらえるように頑張りたいと意気込みを語っています。

 

 

【遊学館高校の主な卒業生】

井上あずみ(歌手)

芳賀勇一(ファッションモデル)

 

なお吉本さんはグループ入り後に上京しており、高校も転校しているはずです。

 

そして転校先の高校は目黒日本大学高校の通信制課程(偏差値なし)が有力です。

 

 

このところの坂道グループの地方在住者は、ほとんどと言っていいほどこの高校の通信制課程に編入して卒業しています。

 

以前は堀越高校の芸能コースなどに編入するメンバーもいましたが、現在はこの高校の「ほぼ1択状態です」。

 

 

2023年6月に、「僕が見たかった青空」のメンバーとしてお披露目されています。

 

またグループはこの年の8月に、ファーストシングル「青空について考える」でメジャーデビューを果たしました。

 

 

その際には選抜メンバーに起用されています。

 

その他にも吉本さんは八木仁愛さんや早崎すずきさん、柳堀花怜さん、杉浦英恋さんとともに「週刊ヤングチャンピオン」の表紙に起用されています。

 

 

なお吉本さんは2023年の時点でインタビューなどで大学進学についてコメントしていません。

 

ただしもともと芸能界志望だったことや入学した高校のレベルなどを考えると、大学などに進学しないで芸能活動に専念する可能性が高そうです。

 

いずれにしても今後は単独でのメディア出演も増えていきそうで楽しみですね。

 

スポンサードリンク

 

吉本此那の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

吉本此那さんの出身中学校は、石川県内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

現時点では石川県のどの市町村の出身者か不明で、手がかりも掴めませんでした。

 

中学1年生だった2018年にavex主催の次世代のスターを発掘するオーディション「キラチャレ2018」に参加をしており、モデル部門ティーンの部でグランプリを獲得しています。

 

 

このオーディションに参加をするために普段からお菓子を食べないようにし、毎日壁立ちをして、ウォーキングで綺麗なポーズが取れるように練習をしていました。

 

吉本さんはこの頃からすでにモデルとして活動をしていました。

 

 

また中学時代から歌などの本格的なレッスンをはじめています。

 

スポンサードリンク

 

吉本此那の学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:不明

 

吉本此那さんの出身小学校も地元石川県内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と妹2人の5人家族です(3姉妹の長女)。

 

家族で一番話をするのは母親で友人のように仲が良いそうです。

 

オーディションに参加をした際には家族みんなでジョギングをしてダイエットに取り組んでいます。

 

幼少期の人見知りはかなり酷く、本当に静かで誰とも話をしなかったといいます。

 

小学生の頃は1人だけ友人がおり、いつもその友人と一緒にいて他の人とはほとんど話をしませんでした。

 

吉本さんは小学生の頃からバトントワリングを習いはじめています。

 

バトントワリングは6年間やっていました。

 

バトントワリングをはじめた理由についてはインタビューで次のように話していました。

 

「授業中に手を挙げるのが苦手で、それを直すためにお母さんが入れてくれました。部活じゃなくて、地域のチームで、小学校の体育館で練習していました。最初は行きたくなかったです。」

 

吉本さんはバトントワリングの入門と初級、中級の資格を取得しています。

 

バトン以外の運動は嫌いではなかったとのことで、スイッチが入ればだいたいのスポーツはできるため体育の授業でも困ったことはなかったとのことです。

 

吉本さんの性格は穏やかで長所は友人と喧嘩をしたことがなかったと明かしています。

 

また吉本さんは人前に出ることは好きではありませんでしたが、歌手だった安室奈美恵さんが好きで「安室ちゃんになりたい」と憧れから「将来は芸能界に入りたい」という漠然とした思いがあったといいます。

 

そのため子供の頃からジャズダンスと歌のレッスンに通っていました。

 

以上が「僕が見たかった青空」吉本此那さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

 

グループはファーストシングルもヒットして上々の滑り出しを見せています。

 

現在はグループでの活動が中心ですが、今後は個人での活動も増えていきそうです。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ