浅井七海の学歴と経歴|出身大学どこ?高校や中学校の偏差値|音楽大学に通学していた!

 

「AKB48」の浅井七海さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は浅井さんは高校卒業後は音楽大学に進学していました。学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

浅井七海(あさい ななみ)

 

 

2000年5月20日生

身長167㎝

血液型はO型

 

神奈川県出身の歌手、タレント、女優

アイドルグループ「AKB48」のメンバー

本名同じ、愛称は「なーみん」

 

以下では「AKB48」浅井七海さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 

スポンサードリンク

 

浅井七海の学歴まとめ

 

出身大学:昭和音楽大学短期大学部

出身高校:日出高校

出身中学校:不明

出身小学校:不明

 

浅井七海の学歴~出身大学(昭和音楽大学短期大学部)の詳細・音楽大学に進学していた

 

出身大学:昭和音楽大学短期大学部 音楽科声楽専攻 偏差値46(やや容易)

 

 

 

浅井七海さんは高校卒業後は、昭和音楽大学短期大学部に進学をしています。

 

この短大には指定校推薦で入学をしているため、試験は面接と歌のみでした。

 

なお浅井さんは出身大学を明らかにしていませんが、大学を卒業した際にツイッターに卒業証書の画像をアップしています(学校名は塗りつぶしている)。

 

 

この卒業証書は昭和音楽大学短期大学のものです。

 

この短期大学や系列の昭和音楽大学の卒業証書は横型でわかりやすいのですが、紺色が大学、赤色が短期大学部です。

 

(参考・昭和音楽大学の卒業証書)

 

浅井さんの卒業証書は赤色なので短期大学部のものです。

 

インターネット上には浅井さんは慶応義塾大学に進学したとの情報もありますが、同姓同名の別人です。

 

浅井さんがこの短大に進学をしたきっかけについては、インタビューで次のように話しています。

 

「実は去年の夏までは何も考えてなかったんです。大学を強く勧めていたのは親で、オープンキャンパスに半ば強制的に連れて行かれたんです。それが今の大学なんですけど、その時に楽しそうだなって思ったのがきっかけですね。」

 

 

またグループに在籍する上で自身の強みを付けられると思い、大学に進学しようと思ったことを自身のSNSで明かしていました。

 

この短大では常に音楽が鳴り響いている環境で、音楽好きな人たちが集まって楽器の練習や歌の練習をしています。

 

みんなが自身のやりたいことを追及している環境のため、浅井さんにとってかなり良い刺激になっていました。

 

浅井さんは声楽を習っていました。

 

2021年12月にチームBへの異動とともにこのグループのキャプテンへの就任が発表されています。

 

また翌年5月の59thシングル「元カレです」では、はじめて選抜メンバーに抜擢されており、これまでなかなか選抜メンバーに選ばれなかったためいろいろ思い悩んだ時期もあったことを動画内で語っていました。

 

 

 

2022年にはオーディションに合格して、ミュージカルの舞台「スクールアイドルミュージカル」にも出演しています。

 

 

なお浅井さんは2023年3月に4年間かけてこの短大を卒業しています。

 

どうやら仕事が忙しかったので2年留年したようです。

 

社会人になったことで活動の幅も広がりそうなので楽しみですね。

 

スポンサードリンク

 

浅井七海の学歴~出身高校(日出高校)の詳細

 

出身高校:東京都 日出高校 通信制課程 偏差値なし

※現在は目黒日本大学高校

 

 

 

浅井七海さんの出身高校は、多くの芸能人の母校として知られている日出高校の通信制課程です。

 

この高校は1903年開校の私立高校で、前身の日出女子学園高校時代から芸能コースを設置して多くの芸能人を輩出しています。

 

また2019年に目黒日本大学高校に校名が変更されています。

 

浅井さんはこの高校の全日制の芸能コースではなく、通信制課程に在籍していました。

 

ただし高校1年生の途中でAKB48のメンバーになっているので、当初は普通の高校に通学していたはずです(校名は不明)。

 

乃木坂46の与田祐希さんやAKB48のメンバーの佐藤妃星さんと福岡聖菜さんが同級生でした。

 

浅井さんは高校1年生だった2016年10月に、AKB48の16期生オーディションに合格をしています。

 

 

グループの同期は黒須遥香さんや鈴木くるみさん、武藤小麟さんや長友彩海さん、山内瑞葵さんらです。

 

そして同じ年の12月には、AKB48第16期メンバーとしてお披露目をされました。

 

 

ちなみに浅井さんは16期の中で一番身長が高いメンバーで、当時は166cmほどあったようです。

 

高校3年生の時に日韓共同プロジェクト「PRODUCE48」に参加をしようか迷っていた時に、元NMB48のメンバーだった白間美瑠さんから「やるって決めたならやった方がいいよ、チャンスなんだから」と背中を押されたことで参加を決めています。

 

また高校時代には浅井さんが学校を休んでいる時の授業のノートを写真に撮って送ってくれる友人がおり、かなり支えられていたことを明かしていました。

 

進級が難しい時期もあったようですが、友人から「一緒に進級しよう」と声をかけられたことがかなり嬉しかったそうです。

 

 

なお高校時代は仕事が非常に忙しかったのですが、勉強も頑張って高校は無事に卒業しています。

 

スポンサードリンク

 

浅井七海の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

浅井七海さんの出身中学校は不明です。

 

現時点で神奈川県のどの市町村の出身者か不明で、手がかりは掴めませんでした。

 

中学時代は吹奏楽部に在籍をしていました。

 

浅井さんは入部後に楽器を決めるときには、音色が良いだけでなく見た目も一番カッコ良いと感じたアルトサックスを希望し担当しています。

 

アルトサックスは実際に演奏をしてみると、クラシックだけでなくジャズでも印象に残る音色のためどんどん音楽にのめり込むようになったといいます。

 

浅井七海の学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:不明

 

浅井七海さんの出身小学校は、地元神奈川県内の学校のようですが校名などの詳細は不明です。

 

家族構成は両親と本人の3人家族です(ひとりっ子)。

 

浅井さんの近眼とくせ毛は父親の遺伝とのことです。

 

子供の頃には水泳を習っていました。

 

浅井さんは小学2年生くらいからすでにAKB48のファンだったようです。

 

小学校3年生の時にマーチングバンドに入っており、担当の楽器はトロンボーンでした。

 

子供の頃から音楽に親しんできたので音感が鍛えられて、曲を覚えるのは早いほうだとインタビューで話しています。

 

浅井さんは音楽は好きですが、運動はできないとのことで自ら運動音痴だと明かしています。

 

以上が「AKB48」浅井七海さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

グループ入り後は順調にアイドルとして成長しており、このところは女優としての活動も開始しています。

 

 

また抜群のプロポーションを活かして、「東京ガールズコレクション」などのランウェイにも出演しています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ