へずまりゅうの学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|レスリングが凄かった!

 

タレントのへずまりゅうさんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。かつて迷惑系YOUTUBERとして物議をかもしたへずまさんですが、実は学生時代はレスリングに打ち込んでおり、インターハイにも出場した経験がありました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

へずまりゅう

 

 

1991年5月9日生

身長181㎝

血液型はO型

 

山口県防府市出身のタレント、格闘家、元YOUTUBER

本名は原田将太(はらだ しょうた)

 

以下ではへずまりゅうさんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

へずまりゅうの学歴~出身大学(徳山大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:徳山大学 経済学部ビジネス戦略学科 偏差値35(かなり容易)

※現在は周南公立大学

 

 

 

へずまりゅうさんは高校卒業後は、徳山大学に進学しています。

 

この大学は山口県周南市にあった私立大学で、2022年4月に公立大学化されて周南公立大学になっています。

 

へずまさんは大学入学後は、体育会レスリング部に在籍をしています。

 

 

大学時代は寮生活を送りながらレスリングを続けており、オリンピックに出場することを目標としていました。

 

しかしレスリング部では、先輩が非常に厳しく体罰を受けることは日常茶飯事でした。

 

当時のことについてはインタビューで次のように話しています。

 

「上下関係がめちゃくちゃ厳しいんです。両手で首を絞められたり、グーで殴られるのは当たり前でした。先輩からいじめられていたんですよ。人を罵倒するような汚い言葉遣いも、寮生活で身に着けてしまった気がします。」

 

へずまさんはレスリング部で生き残るためには、先輩のようにならないといけないと思いました。

 

自身が上級生になると今まで先輩にやられてきたことを同じように、後輩にも体罰を与えています。

 

そのため「大学時代に人格がねじ曲がった」と述べています。

 

ただし大学時代に右肩を故障したことから、レスリングは大学時代限りでやめています。

 

へずまさんは子供の頃に警察官を志していたこともあって、警察官や警備会社への就職を目指しましたが、成績が悪く面接なども上手くできなかったことから試験で落ちています。

 

就職活動ほとんどしないまま、大学卒業後は地元のスーパーに就職をしました。

 

就職浪人をすることも考えましたが、親に負担をかけたくないと思いすぐに就職できるところを選んでいます。

 

またへずまさんには大学時代から交際している彼女がおり、実家に呼んだことがあるほど真剣に交際をしていましたが、大学卒業後に病気で亡くなっています。

 

24歳だった2016年4月に日本製鉄に入社していますが、2018年12月に退職しています。

 

2019年4月には日本製紙に入社しましたが、半年で退職しています。

 

また「迷惑系YOUTUBER」としても活動しており、2020年には窃盗罪で逮捕されました。

 

 

その後はYOUTUBERを引退し、タレントや格闘家として活動しています。

 

 

2021年10月には参議院議員の補欠選挙に立候補しましたが、最下位で落選しています。

 

スポンサードリンク

 

へずまりゅうの学歴~出身高校(山口県鴻城高校)の詳細

 

出身高校:山口県 山口県鴻城高校 偏差値39~44(学科不明のため)

 

 

 

へずまりゅうさんの出身高校は、私立の共学校の山口県鴻城高校です。

 

この高校は1889年開校の伝統校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

また同校は以下の3つの学科を設置していますが、へずまさんがどの学科に在籍したかは不明です。

 

衛生看護:偏差値44

情報商業:偏差値39

普通:偏差値39

 

ただし衛生看護は看護師などを目指す学科なので、これ以外の学科の可能性が高いでしょう。

 

へずまさんはこの高校には、サッカーのスポーツ推薦での入学のようです。

 

 

高校入学後はサッカー部に在籍をしており、高校1年生の頃からレギュラーとして活躍をしています。

 

しかしポジションを奪われた先輩から反感を買ってしまい、いじめに発展しました。

 

集団リンチを受けることもあり、そんな中で喧嘩で停学処分となっています。

 

先生からは学校を辞めるか、もしくはレスリングをやるのかという選択を迫られており、高校2年生の時にレスリング部に転部をしました。

 

またへずまさんは自身の高校時代についてはインタビューで次のように話しています。

 

「実際、僕は大学生になるまでは、ちゃんとしていたんですよ。両親は非常にまともでした。いつも優しかったですし、いけない事はちゃんと叱ってくれて、すごくいい育てられ方をしたと思っています。汚い言葉使いなんかも、大学生になるまではしたことなかったんです」

 

とは言え自身のツイッターでは、高校時代には毎日のように殴り合いをしており、窓ガラスに頭突きをして頭が切れたこともあったことを明かしています。

 

 

高校生の頃はレスリングにも打ち込み、インターハイに出場経験があります。

 

また学生団体の役員を務めており、当時からオリンピックを目指していました。

 

高校3年生の時には吉田沙保里さんと対戦したことも自身のツイッターで明かしています。

 

【主な卒業生】

川野太郎(俳優)

大谷晋二郎(プロレスラー)

 

スポンサードリンク

 

へずまりゅうの学歴~出身中学校(防府市立佐波中学校)の詳細

 

出身中学校:山口県 防府市立佐波中学校 偏差値なし

 

 

 

へずまりゅうさんの出身中学校は、地元山口県防府市内の公立校の防府市立佐波(さば)中学校です。

 

中学時代はサッカーに熱中をしていました。

 

当時は地元では有名選手で、前記のように高校にはサッカーのスポーツ推薦で入学しています。

 

 

【主な卒業生】

中村亜友美(バレーボール選手)

 

へずまりゅうの学歴~出身小学校(防府市立佐波小学校)の詳細

 

出身小学校:山口県 防府市立佐波小学校

 

 

 

へずまりゅうさんの出身小学校は、地元防府市内の公立校の防府市立佐波小学校です。

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

へずまさんは小学校時代はスポーツ少年団に参加をしており、サッカーに熱中をしていました。

 

 

またこの頃は亀やカブトムシを飼うなど、動物好きで優しい子供だったと母親が公言しています。

 

へずまさんは自身のことについて子供の頃は「結構よい家庭環境で育っており、ルールが守れない人を見ると苦しくなり、悪いやつが許せなかった」と語っています。

 

当時は正義感が強かったため、警察官を志していました。

 

以上がへずまりゅうさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

迷惑系YOUTUBER時代は様々な迷惑行為で物議をかもしました。

 

その後はタレントとして活動しており、参議院議員選挙の補欠選挙にも出馬しています。

 

 

今後の活動にも注目が集まりそうです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ