竹内涼真の学歴|大学高校や中学校の偏差値と高校時代

 

今や人俳優として数々の人気ドラマに出演している竹内涼真さんの学歴や出身高校・大学の偏差値、大きな挫折を経験したサッカー選手時代のエピソードなどをご紹介いたします

 

竹内涼真(たけうち りょうま)

 

004

 

1993426日生

身長185

血液型はA型

 

東京都町田市出身の俳優

本名は竹内崚(りょう)

 

以下では竹内涼真さんの学歴、出身高校・大学の偏差値、小学校時代・中学校時代・高校時代や大学時代のエピソードなどをご紹介していきます。




 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:立正大学 地球環境科学部(中退) 偏差値43(容易)

 

 

 

竹内涼真さんは高校卒業後は、立正大学に進学します。

 

同大は東京の品川と埼玉県の熊谷にキャンパスがありますが、竹内さんが在籍した地球環境科学部は1年次から4年次まで熊谷キャンパスに通学します。

 

また地球環境科学部はあまり聞きなれない学部ですが、人間と自然の関わりや地域性の解明、環境に関する諸現象の解明などを目的にして、地球環境の改善に取り組む人材の養成を目的にしています。

 

なお同大は宗教法人の立正佼成会とは無関係です。

 

竹内さんは一般入試による入学ではなく、サッカーによるスポーツ推薦でこの大学に進学しました。

 

後述しますが竹内さんは幼い頃からサッカーに取り組んでおり、高校卒業後は目標だったプロサッカー選手にはなれませんでしたが、大学でサッカーを続ける道を選択しています。

 

ちなみに当時の立正大学サッカー部は、関東大学サッカーリーグの2部に所属していました。

 

竹内さんは大学時代も熱心にサッカーに取り組みますが、20歳の時に右足首に大けがを負ったことで、サッカーは断念しています。

 

この時の心境を竹内さんは週刊文春のインタビューで次のように答えています。

 

「プロを目指していました。今通っている大学にも、サッカー推薦で入学しています。ただ、周囲には同年代で日本代表に選ばれている仲間もいる。彼らの実力を見ていたら、自分がプロになれることはないなということを悟ったんです」

 

なお芸能界入りした後にサッカー経験者らしく華麗なリフティングも披露しています。

 

(リフティングは5分くらいから)

 

人生の目標をいったんは失っていますが、大学2年生の4月に知人の勧めで応募した女性誌「mina(ミーナ)」のオーディションで、グランプリを獲得して芸能界入りを果たします。

 

 

竹内涼真さんはその頃のエピソードを次のようにインタビューで語っています。

 

「頭を切り替えて、サッカーとは違うことをやりたいなあと思っていた矢先にこの話があって、これはいいタイミングだなと。これは獲るしかない、絶対にグランプリを獲ろう。そう思って、イメージトレーニングを重ねて参加したら、総勢2457人の中から、本当にグランプリに選ばれました。うれしかったですね」

 

また同じ年の8月にはテレビドラマ「車々家の人々」の「次男は君だ!!オーディション」でもグランプリを獲得して、俳優デビューを決めています。

 

このように当時の竹内さんはわずか4ヵ月で2つのオーディションでグランプリを獲得しており、やはり輝くものがあったのでしょうね。

 

ただし最終的には同大を中退しています。

 

立正大学の熊谷キャンパスは都心から距離もあるので、芸能活動をしながらの通学は困難だったようです。

 

とは言え以降は順調にキャリアを重ね、21歳の時に本人の夢であった仮面ライダーの主演を務めたほか、連続ドラマや映画の話題作に続々と起用されています。

 

 

この仮面ライダーへの出演は、俳優としてのターニングポイントになったと竹内さんはインタビューで話しています。

 

「ライダーをやることで、主役として毎週日曜日に自分がテレビに出るということの責任感はやっていくうちに強くなっていきました。(中略)たくさんお世話になりましたねえ、ライダーチームには。もう家族みたいですよ。この仕事をやる上での根本的な部分は全部『仮面ライダー』で教わりました」

 

また仮面ライダーに主演が決まった際には、長年ヴェルディユースで切磋琢磨した選手たちから祝福のメッセージをスポーツニッポンが報じています。

 

FWの杉本竜士が「ユースの頃から仮面ライダーになりたいとずっと言っていて、それを叶えたことはすごいですよね!」と言えば、同じヴェルディSS相模原出身で、小6の頃から10年近い付き合いになるFW南秀仁も「相模原の時はキツイ走りを一緒にやり抜いたり、苦楽をともにしてきました。初めて会った時に比べて、ヴェルディユースでは怪我をして手術をしたりして辛い経験もして、卒業する時にはその分強くなったように感じました。モデルのオーディションを受ける時も、ずっと夢だと言っていた仮面ライダーになることを諦めていなくて、サッカーから学んだことが支えになっていたんじゃないかと思います」と証言した。

 現在もそれぞれ親交は続いており、休日に食事に出かけるなど仲がいい。また、「カラオケに行った時に『こんなにうまい人に会ったことがない』と思ったほど歌がうまい」(DF田中貴大)そうで、杉本は自身の携帯電話のムービーに竹内が歌っている姿を保存。「それを聞くと頑張れるんです」と支えになっているという。

 

彼らのメッセージではいかに竹内さんが真剣にサッカーに打ち込んできたことやそれらが俳優になった後も糧となっていることがわかります。

 

「仮面ライダードライブ」出演後は、「下町ロケット」や「スミレカスミレ」、「時をかける少女」などの話題作の連続ドラマにレギュラーキャストとして起用されています。

 

 

そして24歳の時にNHKの朝ドラ「ひよっこ」に出演して、俳優として大ブレイクしています。

 

(ひよっこ・左は有村架純)

 

さらには同じ年に出演した映画「帝一の國」では演技が評価されて、日本アカデミー賞新人賞を受賞しています。

 

(帝一の國・左から志尊淳、竹内涼真、菅田将暉、野村周平、間宮祥太朗、千葉雄大)

 

なお2017年10月に出演した「オールスター感謝祭」での竹内さんの母校への発言が、バッシングを受けることになりました。

 

「今田が竹内に『大学はすごいとこ出てんの?』と聞いたところ、彼は『あんまり良いとこじゃないんで、言えないです』と苦笑いを浮かべて口を濁した。竹内は立正大学出身なのですが、この発言をテレビで観ていた在学生やOBからは『失礼!』『自分の出た大学に誇りを持て』『堂々と言えよ』と怒りのコメントがネット上で連打されました」

 

この番組には早稲田大学卒のにゃんこスターのアンゴラ村長や明治大学出身の阿佐ヶ谷姉妹の渡辺江里子さんら高学歴の出演者がいたことから、竹内さんにとってはちょっとかわいそうな質問になってしまったようです。

 

 

なお竹内さんは正式には出身大学を立正大学と言ったことはなく、インタビューなどでも「ある大学」としていますが、スポーツ推薦で入学したにも関わらず中退してしまったことから、当時勧誘してくれた大学関係者に申し訳ないという気持ちがあり、公表していないと報じているメディアもあります。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:日出高校 スポーツコース 偏差値42(容易)

 

 

 

竹内涼真さんは中学卒業後は、日出高校のスポーツコースに進学しています。

 

同校は芸能コースで有名ですがスポーツコースも併設しており、竹内さんはサッカー選手として在籍しています(同校のサッカー部には在籍していない)。

 

ただしこの高校のスポーツコースの在籍生徒数はさほど多くなく、芸能コースとクラスが同じで、日出高校時代は白濱亜嵐さんや元アイドリングの大川藍さんと同級生でした。

 

(右は白濱亜嵐)

 

タレントの大川藍さんは高校時代の竹内さんについて、次のように語っています。

 

(大川藍)

 

「サッカーで高校に入ってきたみたいで。高校時代からめちゃくちゃ真面目で、悪い噂を聞いたことが無いです。見たまんまです。高校時代は芸能活動をしていなかったけど、女子からは大人気でした」

 

また後に俳優の志尊淳さんも同校の芸能コースに転校してきたことから、同級生になっています。

 

なおインターネット上は竹内さんの出身高校を東京都北区の私立高校・聖学院高校とする情報もありますが、そちらは誤りです。

 

竹内さんはセレクションに合格して当時はヴェルディユースのトップチームに昇格し、高校時代もサッカー漬けの毎日を送っています。

 

ちなみにポジションはディフェンス(DF)でした。

 

006

 

ユース時代の同期には杉本竜士選手や南秀仁選手など、後にJリーガーとなった選手たちがいました。

 

 

また高校2年生と3年生の時にはクラブユース選手権で2連覇を果たしていますが、竹内さんはBチーム(2軍)だったことから公式戦にはほとんど出場できませんでした

 

そのため高校時代は学年が上がるにつれてプロを目指す気持ちが薄れて、サッカーを辞めようと何度も考えています。

 

「今思えば、そこで食らいついていけばよかったのに、当時の自分は怖くなっちゃったんですよね。(中略)プロになりたい人は、プロになるために生活してるんです。でも僕は、プロになりたいのにそう決めてなかった。だから高いモチベーションの選手とは対等にプレーできない。今考えれば当たり前だけど、17歳の時は気づけなかったんです」

 

しかし当時のチームのキャプテンの一言によって救われています。

 

「高校3年のある日、『お前の居場所はある。チームに必要だ』と声を掛けてくれて……。それからは、『周りを盛り上げて、少しでもチームに貢献したい』と、気持ちを前向きに切り替えられたんです」

 

高校3年生の時のユースチームの送別会の際には、竹内さんは悔しさから人目をはばからず号泣していますが、自分を励ましてくれたキャプテンには感謝の言葉を贈ったとのこと。

 

ちなみにこのエピソードはバラエティ番組にも取り上げられており、動画もあります。

 

 

送別会ではスピーチの後にコブクロの曲を歌っていますが、竹内さんは当時からかなり歌がうまいことがわかります。

 

このところ歌がうまいと話題になっている竹内さんですが、芸能界入りする前からある程度の歌唱力があったのですね。

 

竹内さんは高校時代を振り返って「挫折しかない」と語っていますが、本気でサッカーに取り組んだ3年間でした。

 

なお高校3年生の時に読んだサッカー日本代表の主将も務めた長谷部誠さんの著書「心を整える」は現在でも愛読書であることを明らかにしています。

 

 

後に「高校生新聞」のインタビューの際には、自身の高校時代の経験に照らし合わして、高校生たちに次のようなエールを送っています。

 

「(力を発揮できる人は)練習の姿勢やメンタルに違いがあります。レギュラー選手は試合に出て当たり前という強い気持ちを持っていますし、練習でも良いプレーを一つでもしようとしています。失敗を恐れる自分に気が付けるか。うまくいかない今の自分が変わるとしたら、そこです」

 

一方で高校時代の同級生は高校時代の竹内さんは交際相手・彼女がいたことを語っています。

 

「高校では、モデルをしていた彼女と付き合っていました。美男美女カップルとして学外でも有名でしたよ。彼女は可愛いだけでなく、竹内くんの悩みをいつもそばで聞いてあげる、性格の良い子だったそうです」

 

竹内さんはサッカー選手としてはつらい高校時代を過ごしていますが、支えになってくれていたようです。

 

 

なお竹内さんは勉強はあまり得意ではなく、高校時代は体育と音楽以外の成績は今一つだったとのこと。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:町田市立山崎中学校 偏差値なし

 

 

 

竹内涼真さんの出身中学校は、町田市内の公立校の山崎中学校です。

 

中学時代も学校のサッカー部などに入部せずに、ヴェルディジュニアユースで活躍してキャプテンを務めるほどでした。

 

ヴェルディジュニアユースは高校時代に在籍したヴェルディユースの下部組織で、選ばれた選手だけがユースに昇格できることから、竹内さんもユース昇格を目指して中学時代もサッカー漬けの毎日でした。

 

当時のことを振り返って「自分がチームを引っ張らないといけないから、メンバーから嫌われてもいいと思って、試合中は強めの口調だった」と話しています。

 

また竹内さんは中学時代はかなり女子にモテたことを週刊誌に同級生だった女性が証言しています。

 

「彼はチャラチャラしているように見えて、実はとってもウブなんです。サッカーに打ち込んで男子とばかりつるんでいたからか、女の子慣れしてないんですよね。そのギャップに萌えた女子たちは、みんな竹内くんの虜になっていきました。体育祭のときには『写真撮ってください』と下級生の女子に囲まれて赤面したりして」

「中学のときは2、3人付き合っている子がいました。相手はみな、どちらかといえばキャピキャピしたギャル系。ちょっと派手めで明るくノリのいい子が多かったです。“女友達の延長”みたいな関係性でした。一緒にいて楽しい子がタイプなんでしょう」

 

ただし中学時代は1か月か2か月くらいで別れてしまっていたと、この女性は結んでいます。

 

とは言え、中学生にしてかなりのモテぶりだったようですね。

 

(中学生の頃の写真)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:町田市立七国山小学校

 

 

 

竹内涼真さんの出身小学校は、地元町田市の公立校の七国山(ななくにやま)小学校です。

 

実家は町田市内の山崎団地だったようで、父親は建築関係の仕事をしています。

 

(山崎団地)

 

インターネット上では竹内さんの実家が「お金持ち」との情報もありますが、団地住まいであることから一般的な家庭に育ったようです。

 

家族構成は両親と妹、弟の5人家族です。

 

4歳年下の妹の穂香(ほのか)さんと8歳年下の弟の唯人(ゆいと)さんとは子供の頃から非常に仲が良く、たびたびインスタグラムやツイッターに写真を掲載するほどです。

 

 

 

それらの画像を見ると、竹内家の3きょうだいは美男美女ぞろいのようです。

 

また子供の頃から父親との関係は良好で、現在でも一緒によく飲んだり、仕事の相談などにも乗ってもらっているとのこと。

 

5歳でサッカーをはじめて、幼稚園の頃から神奈川県相模原市にある「ヴェルディサッカースクール相模原ジュニアユース」に入部しています。

 

 

竹内さん幼稚園の卒業アルバムの「将来の夢」に、サッカー選手になりたいと書くほどでした。

 

小学生の頃からスポーツはサッカー一筋で(ケガを避けるためにあえて他のスポーツをしなかった)、地元では実力のあるサッカー少年として有名な存在でした。

 

 

当時からサッカーに関しては真剣に取り組んでおり、雑誌のインタビューで次のように語っています。

 

「たとえば練習後にみんなで遊びで試合しようって言っても、すごく真剣なんです。僕らはやるならやる、やんないならやらない。本気でやることが楽しいんですよ。僕らは真剣にやるからきついっていう考え方じゃなくて、真剣にやらないとつまんないし、本気でやってプレーが成功したら楽しい。そういう考え方なんです」

 

 

竹内さんは学校では盛り上げ役で、人気者でした。

 

また小学校の学芸会では「ガンバの冒険」で主役を演じたこともあります。

 

なお当時から勉強はあまり得意ではありませんでした。

 

小学校時代はお調子者だったことから、あまりモテなかったと当時の同級生が週刊誌で話しています。

 

「意外にも、そんなにモテてなかったですよ(笑)。というのも彼は相当な“お調子者”。やんちゃだったから先生に怒られることもよくあったんですが、笑いをとったりして上手くかわしていました。同級生の女子たちからすれば恋愛対象というよりも“友達キャラ”だったんですかね。イタズラなんかする度に『竹内ってば、ホントにしょうがないなぁ』って言われていました」

 

以上が竹内涼真さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめとなります。

 

24歳で出演した朝ドラ「ひよっこ」で大ブレイクを果たして、現在では若手人気俳優の筆頭格にもなっています

 

2017年にはブレイク俳優のNO.1になったほか、写真集「1mm」の売上も1位を記録してイケメンぶりも発揮。

 

 

ちなみにこの写真集は単独男性の写真集としては、異例の8万部を突破するほどの売れ行きでした。

 

さらには菅田将暉さんや野村周平さん、間宮祥太朗さんらと出演した映画「帝一の國」の演技が評価されて、日本アカデミー賞新人賞も受賞しています。

 

 

また2018年8月には人気女優の浜辺美波さんとW主演の映画「センセイ君主」が公開されています。

 

 

最近ではその歌唱力も注目されるなど、勢いはとどまることを知りません。

 

また女優の吉谷彩子さんとの交際報道がされると、ともに検索ワードの上位となるなど相変わらずの人気ぶりも発揮しています。

 

今後はさらに多くの作品に出演するでしょうから、要チェックの若手俳優です。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ