城田優の学歴と経歴|出身高校(堀越高校)大学や中学校の偏差値|同級生が豪華だった!

 

俳優の城田優さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。城田さんは中学時代に芸能界入りしていますが、学生時代はまったく売れていませんでした。また高校の同級生は非常に豪華なメンバーでした。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

城田優(しろた ゆう)

 

城田

 

19851226日生

身長190

血液型はO型

 

東京都小金井市出身の俳優、歌手

本名は城田優フェルナンデス、別名義はU

 

以下では城田優さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 

スポンサードリンク

 

城田優の学歴まとめ

 

出身大学:進学せず

出身高校:堀越高校トレイトコース

出身中学校:小金井市立第二中学校

出身小学校:小金井市立第一小学校

 

城田優の学歴~出身高校(堀越高校)・大学の詳細

 

出身高校:堀越高校 トレイトコース 偏差値37(かなり容易)

 

 

 

城田優さんの出身高校は、芸能人御用達で知られる堀越高校です。

 

この高校は1923年開校の私立高校で、古くから芸能コースを設置して多くの芸能人を輩出していることで知られています。

 

城田さんがこの高校の出身者であることは広く知られていますが、インスタグラムに当時の学生証をアップしたこともありました。

 

 

既に中学生の頃から芸能活動をしていましたので、より幅広く活動するために同校のトレイトコースに進学しました。

 

堀越高校の同級生には、以下の人物たちがいた豪華な世代です。

 

小池徹平(俳優)

山下智久(俳優)

田中聖(元KAT-TUN)

蒼井優(女優)

上戸彩(女優・中退)

 

 

また1学年下には人気女優の長澤まさみさんも在籍しています。

 

当時は同級生だった上戸彩さんに片想いをしていたことをバラエティ番組で明らかにしています。

 

ただし告白などはしておらず、淡い恋で終わっています。

 

現在でも人柄がよく世話好きとして知られる城田さんですが、高校時代は学業と仕事の両立に苦労していた山下智久さんに手を差し伸べています。

 

 

勉強ができた城田さんは山下さんに熱心に勉強を教えたほか、テストの前には山下さんの自宅の近くのファミレスにまで赴いて一緒にテスト勉強をしています。

 

そのため山下さんの成績はメキメキ上がって、大学に進学したほどです。

 

また山下さんも高校を卒業できたり、大学へ進学したのも城田さんのお陰とインタビューで述べています。

 

山下智久の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

 

城田さんは高校時代は小池徹平さんとも非常に仲良しでした。

 

当時は城田さんが作った歌詞に、小池さんが曲を作って一緒に歌っていたことをインタビューで話しています。

 

また高校3年生の時の文化祭には、2人でデュオを結成して曲を披露したこともありました。

 

ちなみに後に小池さんとの久しぶりのコラボをYOUTUBEで公開しています。

 

 

小池徹平の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値

 

城田さんは高校時代には主に舞台やモデルなどの仕事がメインで、当時は事務所の給料の5万円のうち2万円を親に渡すなど、親孝行な面も見せています。

 

高校2年生の時に舞台「美少女戦士セーラームーン」で俳優デビューしています。

 

 

ただし当時は一般的には無名の存在で、オーディションにも落ちまくっており、仕事も少なかったことをインタビューで明らかにしています。

 

「僕は、全く仕事がなかった時代、芸能人が多い堀越高等学校に通っていました。日々テレビや色んなお仕事で早退したり学校を休んだりする売れっ子たちと一緒の学校。でも自分は全然仕事も決まらずオーディションも落ちまくっていて…」

 

他のインタビューでも高校時代はオーディションに、「99%落ちていた」と話しています。

 

ちなみにテレビドラマ「3年B組金八先生」のオーディションにも落ちています。

 

やはりハーフゆえのエキゾチックな顔立ちと高すぎる身長が中学生役としては嫌われたようです。

 

しかしその際には当時から売れっ子だった山下さんからは「すぐに咲く花なんてないじゃん」と励まされ、その言葉が胸に刺さったと話しています。

 

城田1

 

また仕事がない分、勉強に充てる時間がたくさんあったので、城田さんは高校時代は非常に優秀な成績でした。

 

ただし通知表には「活発ですが、とにかく落ち着きがない」と書かれてしまったそうです。

 

そして城田優さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

ただし10代後半の城田さんは相変わらず仕事が少なかったことから、挫折しかけたこともあるとインタビューで述べています。

 

「挫折して、ずっと涙が止まらなくて「やっぱり僕なんかダメなんだ」と自暴自棄になったこともあります。でも、そんな状態でも「やりたくない」気持ちが「やりたい」気持ちに勝ることはなかった。だから僕は結果的にこうしてお仕事をさせて頂けるようになったんだと思います」

 

ただし高校を卒業した2004年に、情報番組「はなまるマーケット」で「エプロン隊」としてレギュラーに起用されたことは役者の仕事ではありませんでしたが、とても嬉しかったそうです。

 

 

またコツコツと仕事をしていたことで20歳ごろからテレビドラマに出演しはじめて、21歳だった2006年に出演した映画「テニスの王子様」で俳優として注目されています。

 

 

以降は「ハケンの品格」や「花ざかりの君たちへ」、「交渉人」などの話題作の連続ドラマにレギュラーで起用されるほどにもなっています。

 

(花ざかりの君たちへ)

 

加えて長身を活かしてモデルとして活動したり、ミュージカルの舞台にも出演。

 

2020年にはYOUTUBEに公式チャンネルを開設しています。

 

 

現在でもかなりマルチに活動しています。

 

スポンサードリンク

 

城田優の学歴~出身中学校(小金井市立第二中学校)の詳細

 

出身中学校:東京都 小金井市立第二中学校 偏差値なし

 

 

 

城田優さんの出身中学校は、地元東京都小金井市内の公立校の第二中学校です。

 

子供の頃から歌が好きだったことから、中学1年生の時に芸能事務所入りして歌や演技のレッスンをはじめています。

 

 

ただし西洋的な顔立ちや高身長が災いして役柄も限定されてしまうことから、中学時代からオーディションに落ちまくっています。

 

ちなみに城田さんは中学校1年生の時には既に身長が180㎝を超えており、中学時代は小さく見せるためにオーディションなどで背中を丸めたエピソードも残っています。

 

なお中学校の学園祭では、女装して慎吾ママの「おはロック」を歌ったこともありました。

 

当時から学校ではムードメーカーだったようですね。

 

なお中学時代の城田さんは俳優よりも歌手志望で、卒業文集にも「将来はCDデビューして、オリコン2位」と書いています。

 

【主な卒業生】

中村憲剛(サッカー元日本代表)

楠瀬誠志郎(歌手)

遠藤真理子(女優)

 

スポンサードリンク

 

城田優の学歴~出身小学校(小金井市立第一小学校)の詳細

 

出身小学校:東京都 小金井市立第一小学校

 

 

 

城田優さんの出身小学校は、地元小金井市内の公立校の第一小学校です。

 

家族構成は両親と5人きょうだいの7人家族です。

 

ただし時期は不明ですが両親は離婚しており、城田さんを含むきょうだいは全員母親に引き取られて母子家庭に育っています。

 

きょうだいは9歳年上の兄、7歳年上の姉、1歳年上の兄、本人、14歳年下の妹です。

 

 

父親は日本人、母親はスペイン人のハーフでスペイン出身で国籍もスペインです。

 

ちなみに父親は放送作家の城田光男さんです。

 

城田さんは7歳の頃までスペインのバルセロナで過ごしています。

 

 

その後は来日して日本で過ごしていますが、スペイン時代も日本の小学校時代も「外国人」と呼ばれていじめられています。

 

スペイン時代は「外国人」のほか、「中国人」とも呼ばれています。

 

しかし母親が気丈でそんな際には、「みんな地球人なんだ」と言ってあげなさいと言われています。

 

「僕はスペインに住んでいる時も日本に住んでいる時も、外国人ということで「外人、外人」と言われ、疎外感や切ない思いを感じることが多かったんですが、母親に相談したら「あなた達も外国に行ったら外人。みんな地球人なんだ、と言ってやりなさい」と返されて。それはすごく鮮明に覚えています」

 

 

立派なお母さんですね。

 

以上が城田優さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

前記のとおり当初は日本人離れした顔立ちで役がもらえないなどの苦労もしますが、本人のたゆまぬ努力で人気俳優の地位を築いています。

 

 

最近では主演作こそ減りましたが、話題の映画やドラマで主要キャストに起用されるなど、相変わらずの高い人気を誇っています。

 

年齢的にも伸びしろがありますし、今後の大きな成長にも期待したいところです。

 

 

城田優の経歴

 

1985年(0歳):スペイン・バルセロナで生まれる

       両親が離婚して母子家庭に育つ

1992年(7歳):一家で日本に移住

1998年(13歳):芸能界入り

2002年(17歳):舞台「美少女戦士セーラームーン」で俳優デビュー

2004年(19歳):D-BOYSに加入

2006年(20歳):舞台「テニスの王子様」で注目される

2006年(20歳):「純ブライド」で映画初主演

2011年(25歳):「四葉つ神社のウラ家業」で連続ドラマ初主演

2012年(26歳):連続ドラマ「GTO」に出演

2012年(26歳):NHKの朝ドラ「純と愛」に出演

2021年(35歳):NHKの朝ドラ「カムカムエブリバディ」のナレーションを担当

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ