生田斗真の学歴|出身高校や中学校の偏差値と若い頃のカッコイイ画像

ジャニーズ事務所所属の俳優の生田斗真さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。生田さんはどのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のカッコイイ画像なども併せてご紹介いたします

 

生田斗真(いくた とうま)

 

生田

 

1984107日生

身長175

血液型はA型

 

北海道出身の俳優

本名同じ

 

以下では生田斗真さんの出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴・プロフィールの詳細

  

1996年にジャニーズ事務所に入所し、同年から「天才てれびくん」にてれび戦士として2年間出演。 

1997年のNHKの朝ドラ「あぐり」で俳優デビューし、「Stand by me」で舞台初出演。

 1998年に「BOYS BEjr」でドラマ初主演。 

その後は「ネバーランド」や「人にやさしく」などのドラマの出演を経て、2005年の「劇団演技者。」で連続ドラマ初主演。 

2007年の連続ドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス」でブレイク。 

以降は「魔王」や「魔女裁判」、「ウロボロス」などの連続ドラマの話題作に主演。 

映画でも「人間失格」や「グラスホッパー」、「土竜の唄」などに主演している。

 

生田斗真の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:堀越高校 トレイトコース 偏差値37(かなり容易)

 

 

 

生田さんは中学生の頃には既にドラマに出演していたので、芸能活動を幅広くおこなうために同校の芸能コースに進学しています。

 

しかし高校時代はさほど売れておらず、わざわざ芸能コースに進学した意味を自問したこともあったほどです。

 

 

堀越高校の同級生には、尾上松也さんや橋本マナミさんらがいました。

 

 

また後に綾瀬はるかさんも他校から転校してきています。

 

特に尾上さんとは仲が良く当時は朝まで一緒にゲームをするなど、現在も親友とのこと。

 

ただし生田さんは当時を振り返って「(同級生で)あまり売れている人がいなかった」とインタビューで話しています。

 

確かに生田さんも綾瀬さんも橋本さんも高校卒業後にブレイクしている遅咲きです。

 

とは言え1学年下には山下智久さんや城田優さん、小池徹平さんが在籍していました。

 

 

生田さん自身も当時は仕事が少なく学校には皆勤賞だったことから、わざと遅刻したこともありました。

 

高校時代はテレビドラマに単発出演が多かったのですが、「ネバーランド」や「演技者。」などのテレビドラマにはレギュラー出演していました。

 

また高校3年生だった2002年には山下智久さんや風間俊介さん、長谷川純さんとともに「FOUR TOPS」というユニットを結成しています。

 

 

このユニットはかなり豪華なメンバーだったことから現在でも「伝説のユニット」と呼ばれるほどです。

 

YOUTUBEに当時の動画がありました。

 

 

当時は人気絶頂期だった「タッキー&翼」のバックダンサーに起用されており、このあたりもジャニーズ事務所の期待がいかに高かったかがわかるはず。

 

そのためファンの間でも「絶対にメジャーデビューする」と思われていました。

 

なお生田さんは高校入学当初を「部活の延長戦上みたいな感じもあったし、すごく楽しい場所になっていた」とインタビューで振り返っています。

 

しかし周囲が次々とメジャーデビューしていくなかで、「部活じゃなくて仕事だったんだ」と気づかされたとも語っています。

 

そのため高校を卒業する頃には「なんとなく続けていいのか?」と悩んだ時期があったことを告白しています。

 

ちなみにその後に役者に専念することになったきっかけとなったのは、高校2年生の時に出演した劇団☆新感線の舞台の「スサノオ」とも述べています。

 

この舞台に出演した際に「演劇の場所って、大人になってもこんなに毎日楽しく過ごせれるんだ」と気づいたそうです。

 

(スサノオ)

 

そして生田斗真さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

当初は大学進学か役者に専念するか悩んだことをインタビューで述べています。

 

「模索し続けていたところ、演劇・舞台に出合いまして、周りの演劇人たちが楽しそうに作品をつくっていて、お客さんたちが感動して劇場を後にする姿に感銘を受けて、自分は芝居の場所で生きていこうって決意しました」

 

ちなみにインターネット上には生田さんが明治大学に進学したとの情報もありますが、これらは誤りです。

 

生田さんは高校卒業後も「FOUR TOPS」の一員として活動していましたが、その年にメンバーの山下智久さんが「NEWS」に加入することになったのでユニットは解散してしまっています。

 

 

ちなみに「FOUR TOPS」は2018年に「タッキー&翼」が解散した「カウントダウンライブ」に一夜限りで再結成して出演しています。

 

そのため以降は風間俊介さんとともに、俳優活動がメインとなっていきます。

 

 

生田さんや風間さんはジャニーズ事務所に所属しながらも、ユニットやグループに所属することなく俳優業一本で活躍している異色の存在です。

 

23歳の時に出演した「花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス」に出演して俳優として注目されています。

 

 

ちなみにこのドラマには桐谷美玲さんや平愛梨さん、堀北真希さんや鈴木亮平さんといった後にブレイクした女優や俳優が数多く出演していたことでしられています。

 

このような俳優としての活動が評価され、生田さんは25歳だった2009年に公式サイトで「ジャニーズjr.」の表記が消えて、個人ページも作成されてジャニーズjr.を卒業扱いになっています。

 

そして26歳で出演した映画「人間失格」では演技が評価されて様々な映画賞を受賞。

 

 

以降は話題作のテレビドラマや映画に主演で起用されるほどの人気俳優になっていきました。

 

スポンサードリンク

 

生田斗真の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:神奈川県 川崎市立宮崎中学校 偏差値なし

 

 

 

生田斗真さんの出身中学校は、川崎市内の公立校の宮崎中学校です。

 

生田さんは出身中学校を明らかにしていませんが、インターネット上やツイッターにはこの中学校に在籍していたという情報が存在します。

 

 

 

 

後述するように生田さんは子供の頃から運動神経がよく小学校時代はスポーツに打ち込んでいましたが、11歳の時にジャニーズ事務所に入所したため、中学校時代は部活動などをおこなっていません。

 

生田2

(中学生の頃)

 

中学校1年生の時にNHKの朝ドラ「あぐり」に出演して山田純大さんの幼少期を演じました。

 

 

出演回数はわずか5回程度でしたが、この出演によって知名度を上げています。

 

他には「BOYS BE…Jr.」や「熱血恋愛道」などの単発ドラマでは主演を経験しています。

 

 

また中学校1年生の1月までは小学校時代から出演している「天才てれびくん」に出演していました。

 

さらにこの年(1997年)には松本潤さんや相葉雅紀さん、二宮和也さんとともに「MAIN」というユニットを結成しています。

 

「MAIN」時代には密着番組も制作されています。

 

 

このユニットの生田さん以外のメンバーは後に「嵐」のメンバーとなってメジャーデビューしているので、「実は嵐のメンバーだった」とも言われています。

 

 

また1999年の嵐結成時には、ファンからも「なぜ斗真がいないの?」との声も上がっています。

 

そのため生田さんは嵐の幻のメンバーともされていますが、このあたりの経緯については生田さんや嵐のメンバーが語ることはないので真相は不明です。

 

 

ただし生田さんは嵐が結成された際にメンバーに選ばれなかったことに大きなショックを受けていますが、当時は「なんとなく遊び感覚で活動していた」と述べており、「これって遊びじゃなかったんだ」と後悔したと話しています。

 

当時は「第2のキムタク」と言われていたことから有頂天だったことに気づき、嵐のメンバーに漏れたことにも納得したそうです。

 

またこのように生田さんはグループなどに在籍せずにブレイクしたことから、親友である山下智久さんは「斗真は前例を自分で崩しながら、自分の力で仕事を勝ち得てきた」と高く評価しています。

 

加えて生田さんは中学入学当時は150㎝程度しか身長がありませんでしたが、中学・高校時代に25㎝程度も身長が伸びています。

 

【主な卒業生】

岸本加世子

 

スポンサードリンク

 

生田斗真の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:神奈川県 川崎市立宮前平小学校

 

 

 

生田斗真さんの出身小学校は、川崎市内の公立校の宮前平小学校です。

 

出身は北海道の室蘭市ですが、2歳の頃から川崎市に移住しています。

 

家族構成は両親と弟ですが、両親は幼少期に離婚しており母子家庭に育ってます。

 

なお4歳年下の弟はフジテレビアナウンサーの生田竜聖さんです。

 

ちなみに生田さんは子供の頃から弟に「お兄ちゃん」と呼ばれるのが嫌で、「斗真」と呼ばせていたので、現在も竜聖さんはそのように兄を呼んでいます。

 

また生田さんが27歳だった2012年3月に「笑っていいとも」で、はじめて竜聖さんと共演しています。

 

 

また兄弟仲は非常によく、竜聖さんによれば「何でも話すことができる仲」だそうです。

 

子供の頃からスポーツが得意で、小学校時代はサッカーに打ち込んでいます。

 

当時の目標はプロサッカー選手になることでした。

 

 

11歳の時にSMAPのファンだった母親が履歴書を送ったことがきっかけでジャニーズ事務所に入所しています。

 

ジャニーズ事務所の同期には松本潤さんや相葉雅紀さん、二宮和也さんがいます。

 

ただし本人はジャニーズ事務所入りにあまり前向きではなかったそうです。

 

小学校6年生の頃から「天才てれびくん」にてれび戦士として出演しています。

 

 

ちなみにこの番組内の企画で同じく「てれび戦士」として出演していたウエンツ瑛士さんや前田亜季さんとともに「ストロベリーパフェ」というバンドを結成して、CDデビューも果たしています。

 

 

以上が生田斗真さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

23歳の頃に俳優としてブレイクして以降は、数々の話題作の連続ドラマや映画に出演しています。

 

 

ジャニーズ事務所所属の俳優としては遅咲きで、グループなどにも属さずにあくまでも自分の道を貫いています。

 

 

また演技力に定評があり、男女問わず高い人気を誇っています。

 

俳優としてもそろそろ円熟期に入る年齢ですから、さらなる飛躍も期待されます。

 

※追記

2020年6月に人気女優の清野菜名さんとの結婚が発表されて大きな話題になっています。

 

2人は2015年のテレビドラマ「ウロボロス」への共演を機に交際に至ったとのこと。

 

 

お似合いの夫婦になりそうですね。

 

清野菜名の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値|昔のかわいい画像

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ