浅野忠信の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値|不良だった!

 

俳優の浅野忠信さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。個性派俳優として知られる浅野さんですが、実は中学時代は荒れており不良でした。学生時代のエピソードや情報、若い頃の画像なども併せてご紹介いたします

 

浅野忠信(あさの ただのぶ)

 

%e6%b5%85%e9%87%8e

 

19731127日生

身長179

血液型はA型

 

神奈川県横浜市出身の俳優

本名は佐藤忠信(さとう ただのぶ)

 

以下では浅野忠信さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 

母方の祖父はアメリカ人のクオーターでふたり兄弟の弟。 

1988年に「3年B組金八先生Ⅲ」のオーディションに合格して芸能界入り。 

当初は俳優業のほか、バンド活動もしていた。 

1990年の「バタアシ金魚」で映画初出演。 

その後「青春デンデケデケデケ」や「眠らない街~新宿鮫」などの映画に出演して知名度を上げていく。 

1996年の「Helpless」で映画初主演。

同年には日本と香港の合作映画「孔雀」で主演。 

2011年にはハリウッド映画「マイティーソー」に出演。 

テレビドラマの出演は多くなく、2014年の「ロング・グッドバイ」で初主演を果たす。 

1998年からは音楽活動を始めており、「PLEASE PULL」やBunodata」名義で作品を発表している。 

私生活では1995年に6歳年上の歌手のCHARAとできちゃった婚をしたが、2009年に離婚。

実兄は俳優のKujun、娘はモデルのSUMIRE

 

浅野忠信の学歴~出身高校(神奈川県立磯子高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:神奈川県 磯子高校(中退) 偏差値43(容易)

※現在は横浜氷取沢高校

 

 

 

浅野忠信さんの出身高校は、県立の共学校の磯子高校です。

 

この高校は1977年開校の県立校ですが、2020年に同じ県立校の氷取沢高校と統合されて、現在は横浜氷取沢高校になっています。

 

浅野さんがこの高校に在籍した当時は、荒れた高校として知られていました。

 

高校時代は帰宅部で、部活動などはおこなっていませんでした。

 

浅野さんは高校入学後すぐにバンドを組んでおり、インタビューで次のように話しています。

 

「高校に入ってすぐにPEACE PILLのメンバーと出会ってバンドを始めて。ギタリストのやつが、イチローさん(PILE DRIVER)の中学校の後輩だったんです。」

 

浅野さんは中学3年生の時に芸能界入りしており、高校時代も俳優として活動していました。

 

高校2年生だった1990年には、高岡早紀さんが主演した映画「バタアシ金魚」に出演しています。

 

 

ただしこの映画に出演した際にこんな面倒な仕事はもうやらないと思っており、インタビューでは次のように話していました。

 

「待ち時間の長さに、この俺を待たせやがって!みたいな(笑)。でも親がどんどんオーディションを振ってくる。僕もあまのじゃくで負けず嫌いだから、オーディションで勝手な芝居をすると、逆にそれがウケて、また受かったりして」

 

その後、浅野さんは時期は不明ですが高校を中退しています。

 

そのため大学には進学していません。

 

【主な卒業生】

中山加奈子(プリンセス・プリンセス)

SHELLY(タレント)

大場美奈(SKE48)

松本梨香(声優)

 

当時はパンクバンドを組んでいたことから、将来は音楽の道に進もうと思っていました。

 

そして18歳の時に俳優の仕事をやりたくないと親子喧嘩をしましたが、親にはやらなければいけないと言われました。

 

当時のことについてインタビューでは次のように話しています。

 

「僕、すごいバカで、高校中退してフラフラしながらパンクバンドをやっていたので。親からしたら心配ですよね。こいつが食えるようになるのは俳優しかないだろうって。今はとても感謝しています。その頃はおばあちゃんが生きていて、『あんたが音楽好きなのはわかってる。音楽は俳優やりながらできるでしょ』と言ってくれた。自分を理解してくれる人がいることが大きくて、意志が固まったわけです」

 

以降は真面目に俳優業に取り組むようになっています。

 

すると19歳だった1992年に出演した映画「青春デンデケデケデケ」などで俳優として注目を集めます。

 

 

以降は数々の映画やテレビドラマに起用される人気俳優になっています。

 

 

1995年に人気歌手のCHARAさんと結婚した際には大きな話題になっています。

 

%e6%b5%85%e9%87%8e%e3%80%80%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%a9

 

ただしCHARAさんとは2009年に離婚して、14年間の結婚生活にピリオドを打っています。

 

スポンサードリンク

 

浅野忠信の学歴~出身中学校(横浜市立南が丘中学校)の詳細

 

出身中学校:神奈川県 横浜市立南が丘中学校 偏差値なし

 

 

 

浅野忠信さんの出身中学校は、地元横浜市内の公立校・横浜市立南が丘中学校です。

 

中学時代もバンドを組んで音楽活動をおこなっていました。

 

また浅野さんはクォーターで子供の頃は髪の毛の色が金髪だったことから、「外人」と呼ばれていじめられた経験があり、それが原因となって中学生のときには荒れた生活をしていました。

 

夜遊びをしたり自転車を盗んで警察に捕まったこともあったようです。

 

 

浅野さんは中学2年生のときに「金八先生」のオーディションに合格をしています。

 

浅野さんは芸能界に入ったきっかけについてはインタビューで次のように話しています。

 

「父親が芸能マネージャーをやっていて、『3年B組金八先生』のオーディションを受けたら?と。僕も目立ちたがり屋だったから、テレビ出たい!と受けたら受かっちゃって。元SMAPの森且行さん、V6の長野博さん、萩原聖人さんが同級生。もう一つの中学に行く感覚で楽しかったです。」

 

そして中学3年生だった1988年に、このテレビドラマで俳優デビューを飾っています。

 

 

ただし当時の浅野さんはあまり真剣ではありませんでした。

 

スポンサードリンク

 

浅野忠信の学歴~出身小学校(横浜市立桜岡小学校)の詳細

 



 

出身小学校:神奈川県 横浜市立桜岡小学校

 

 

 

浅野忠信さんの出身小学校は、地元横浜市内の公立校・横浜市立桜岡小学校です。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

%e6%b5%85%e9%87%8e%e3%80%80%e5%ad%90%e4%be%9b

 

母方の祖父は北欧系アメリカ人なので、浅野さんはクオーターにあたります。

 

浅野さんは子供の頃のことについては次のように話しています。

 

「僕はクォーター(祖父がアメリカ人)で、小さいころは金髪に近い髪色だったので、自分が日本人という意識があまりなかったんです。なので、俳優という仕事は抜きに、アメリカのおじいちゃんに会ってみたいという思いはありましたね」

 

 

また浅野さんは自身の育った環境についてインタビューで次のように話しています。

 

「まともな家庭ではなかったです。特に母親はロックが好きで小さい頃から<ウッドストック>のビデオとか家で見せてくれたりして。そういう意味では英才教育ですよね。小さい頃からロックを聴かせてくれたし、見せてくれた。生き方も含めて母親はぶっ飛んでいました。父親や兄貴からもいろいろな音楽を教えてもらって。彼らが見せてくれたものは自分では吸収するつもりはなくても、まだ子供だったのでそれが普通だと思って自然に吸収されていったんです。」

 

母親からは「割ることは要領よくやりなさい」と言われたこともあったようです。

 

浅野さんは時期は不明ですが兄と共に8年間空手を習っており、初段の腕前です。

 

なお父親が芸能関係の仕事をしていたことから、小学校時代に柳沢慎吾さんとツーショットの写真を撮ったことがありました。

 

以上が浅野忠信さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

多くの映画の出演を経て、日本を代表する個性派俳優となりました。

 

 

また海外の映画への出演も多く、国際的な俳優としても活躍しています。

 

今後はどのような活動を展開していくのか楽しみですね。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ