木村拓哉の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と若い頃の画像

SMAP解散後も俳優として活躍する木村拓哉さんの中学校・高校などの学歴や偏差値情報をご紹介します。いじめに遭っていた高校時代や中居正広さんとのエピソードなど、キムタクの意外な一面がうかがえます。若い頃の画像とともに紹介いたします

 

木村拓哉(きむら たくや)

 

%e6%9c%a8%e6%9d%91

 

19721113日生

176cm

血液型はO型

 

東京都出身の俳優、歌手

アイドルグループSMAPの元メンバー

本名同じ、愛称はキムタク

 

以下では木村拓哉さんの学歴や経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

木村拓哉の歩み~経歴・プロフィールの詳細

 

15歳:親戚が無断で履歴書を送ったことがきっかけで、1987年にジャニーズ事務所入り。

15歳:1987年に中居正広や稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾、森且行とSMAPとして活動を開始する。

16歳:SMAPの活動の傍ら1988年のドラマ「あぶない少年Ⅲ」で俳優デビュー。

19歳:1991年テレビ東京の「映画みたいな恋をしたい」でドラマ初主演。

21歳:1993年のドラマ「あすなろ白書」の演技が好評で、翌年初めて出演した映画「シュート」でエランドール賞と石原裕次郎新人賞を受賞する。

24歳:連続ドラマ初主演となった1996年の「ロングバケーション」は瞬間視聴率43.8%を記録するほどの大ヒットとなった。

その後も「ビューティフルライフ」「GOOD LUCK!!」HERO」などは記録的な大ヒットし、月9の最多主演を誇る。

また演技力も好評で、山田洋二や三谷幸喜などからも高く評価されている。

28歳:私生活では200011月に女優の工藤静香と結婚し、次女はモデルのKOKI。

44歳:2016年12月にSMAPが解散。

 

学歴~出身大学の詳細

 

出身大学:進学せず

 

木村さんが高校を卒業した時は、SMAPは押しも押されぬアイドルになっていたことから大学へは進学していません。

 

後述のように高校も途中から定時制高校に転校したくらいですから、当初から大学に進学するつもりはなかったものと思われます。

 

また木村さんが高校を卒業した年の9月にSMAPが1stシングル「Can’t Stop!!-LOVING-」でメジャーデビューを飾っています。

 

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:千葉県 犢橋高校 偏差値42(容易)

※後に都立代々木高校(偏差値40・閉校)に転校して卒業

 

 

 

木村拓哉さんの出身高校は、県立の共学校の犢橋(こてはし)高校です。

 

同校は1985年に開校した比較的新しい高校です。

 

木村さんは高校時代はバスケットボール部に入部しており、当時はNBLのスーパースターだったマイケル・ジョーダンに憧れています。

 

ちなみにマツコ・デラックスさんは高校時代の同学年ですが、高校時代は面識がありませんでしたが、後にテレビ番組「夜の巷を徘徊する」で共演が実現しています。

 

 

マツコさんは人気者だった木村さんのことを覚えており、当時の木村さんがブレザーの襟に芯が入っていない改造制服を着ていたことやネクタイの芯を抜いていたことなどを明らかにしています。

 

後述のように木村さんは中学校3年生の時にジャニーズ事務所に入所していますが、同校在学時はテレビでの露出が増えると、周囲の嫉妬からいじめに遭っていました。

 

また時には暴走族のメンバーなどに恐喝もされたといいます。

 

しかも芸能人ということで反撃できない中、母親の悠方子(まさこ)さんが何度も学校に直談判して木村さんを支えました。

 

 

悠方子さんはこれら一連のエピソードについて、インタビューで次のように話しています。

 

「拓哉が大きくなって芸能界に入ることになって、一番心にグッときたのは、やはり恐喝であり、イジメでした。通学路全部にね、族と言いますか地域の人がこう、待ち伏せているんですね。どこを通っても何かされるわけです。で、そういったことも息子は何も申しませんでしたけれども。ワイシャツのポケットがビリっと破れていたりとか、不自然なところに土がついていたりとか。それで『どうしたの?』と言っても『ああちょっと』って、それだけだったんですけども。段々それがエスカレートしていって、お金の要求になって、一番は友達です。友達がやられるからというので、困ったということを初めて(拓哉から)聞いたんですね。その時が一番、参ったなーと思いました。お陰様で剣道の先生が捜査四課の方でしたので、いろいろとご指導いただきまして難を切り抜けました。はい」(出典:ライブドアニュース)

 

そして木村さんは芸能活動が多忙になり、2年時に上がるタイミングで犢橋高校から都立代々木高校に転校します。

 

 

 

代々木高校は午前、午後、夜間の三部制で定時制課程のみ設置されていた都立校です(現在同校の跡地は認定こども園「薫る風・上原」と特別養護老人ホーム「杜の風・上原」になっている)。

 

この高校は制服や校則のない自由な校風で、仕事と学業を両立しやすかったことや東京渋谷区というアクセスもよかったことから、2004年3月の閉校まで多くの芸能人を輩出したことで知られています。

 

当時は日出高校(現在の目黒日本大学高校)は女子高で、通信高校の台頭もなかったことから、堀越高校や明治大学附属中野高校の定時制(現在は閉課)とともに芸能人御用達の高校としてしられていました。

 

この高校に在籍した主な芸能人は以下のとおりです。

 

近藤真彦

少年隊のメンバー(すべて中退)

シブがき隊のメンバー(すべて中退)

国分太一(中退)

松山ケンイチ

山本耕史

浅野温子

飯田圭織(モーニング娘。・中退)

市川由衣

島袋寛子(SPEED)

上原多香子(SPEED)

中谷美紀

仙道敦子

渡瀬マキ(リンドバーグ)

京野ことみ

小嶺麗奈(中退)

佐野量子

 

同じSMAPの中居正広さんも代々木高校に転校していますが、同校の編入試験では後ろの席の中居さんに答案を見せてあげたエピソードも残っています。

 

またこの高校の合格発表にも中居さんと行っており、中居さんの番号しかなく、木村さんは驚愕したとのこと。

 

しかしこれは一般入試の合格番号で、編入試験の合格番号を確認すると2人の番号があったとの裏話もあります。

 

中居さんとはこの高校で同級生になっており、2015年11月の「SMAP×SMAP」では高校時代にWデートをしたエピソードを明らかにしています。

 

【Wデートや高校時代の中居さんの裏切りの動画】

 

 

当時の中居さんの彼女の友達が木村さんを気に入っており、中居さんが彼女から頼まれる形で実現しました。

 

4人でディズニーランドを訪れていますが、木村さんと中居さんの彼女の友達は交際には至っていません。

 

また木村さんが高校2年生の時にSMAPが結成されると、以降は仕事で多忙になりますが高校は卒業しています。

 

知名度が上昇したことから文化祭にファンが押し寄せて、中居さんとともに2階の窓から逃げ出して、近所のファミリーレストランに避難したというエピソードも残っています。

 

 

後に中居正広さんとは不仲も報道されたこともありましたが、高校時代は非常に関係が良好だったことが窺えます。

 

なお後に日本を代表するような人気俳優となる木村さんですが、俳優としてのキャリアは高校時代にスタートしています。

 

「あぶない少年Ⅲ」(高校1年生)

 

 

「おとうと」(高校2年生)

 

 

「ロミオとジュリエット」(高校3年・単独での初主演作)

 

「すきなのに」(高校3年生)

 

他にもSMAPとして「アイドル共和国」や「ポップシティX」などのバラエティー番組や音楽番組にも出演していたので、高校時代の後半はかなりの仕事量でした。

 

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:千葉市立磯辺第一中学校 偏差値なし

 

 

 

木村拓哉さんの出身中学校は、地元千葉市内の公立校の磯辺第一中学校です。

 

中学時代は剣道部に所属しており千葉県の大会でも優勝経験があるようですが、剣道の段位は取得していないようです。

 

また中学2年生の頃には器械体操部にも入部して、部活を掛け持ちしています。

 

木村さんは小学校時代からやっていた絵画も継続しており、中学時代もコンクールで入賞しています。

 

子供の頃から動物好きだったので、木村さんの当時の夢は獣医でした。

 

そんな中、木村さんは中学3年生の11月にジャニーズ事務所に入所していますが、その経緯はなかなか面白いものでした。

 

(中学校の卒アル)

 

中学2年生の時に伯母さんがジャニーズ事務所に勝手に履歴書を送ったところ、すぐに事務所から連絡がきました。

 

ところが当時はまったく芸能界に興味がなかったことから、4回も断っています。

 

しかし5回目のオファーが来た時に「やりたくてもやれない人もいるから、1回行ってみなさい」、「ジャニーっていうのがいるから会ってくれ」と言われたことで渋々ジャニーズ事務所に行っています。

 

その際にはジャニーズ事務所の社長のジャニー喜多川さんはてっきり外国人だと思っており、木村さんは「ジャニーさんはどこですか?」と聞いたところ、相手は「僕だよ。とりあえず踊っちゃいなよ」と言われたとのこと。

 

しかしあまりうまく踊ることができず、さらには他の人がカッコよく踊るのが悔しくてやる気になったそうです。

 

ジャニーズ事務所入所後はすぐに男闘呼組のメンバーだった岡本健一さんに目をかけられて可愛がられています。

 

(岡本健一)

 

岡本さんは入所直後から木村さんに洋服をあげたり、ご飯に連れて行ったりしており、ギターも教わっています。

 

そのため木村さんも岡本さんを「一番影響を受けた先輩」と公言して尊敬しています。

 

 

さらには木村さんは田原俊彦さんのバックダンサーを務め、アイドルグループ「CHA-CHA」などで活躍した木野正人さんを尊敬していたとのこと。

 

 

当時はレッスンやステージで最前列で踊る木野さんの後ろ姿が大きく見えており、また木野さんは非常に優しかったことから、木村さんは「自分もそういう存在になりたい」と強く思ったそうです。

 

【キムタクがCHA-CHAに?】

 

また意外なことに木村さんはCHA-CHAの前身の「茶々隊」に草彅剛さんとともに短期間所属したことがあります。

 

「茶々隊」は萩本欽一さんのテレビ番組「欽きらリン530!!」から派生したユニットですが、この番組には草彅さんがレギュラー出演していたことから、木村さんも参加したようです。

 

もちろんそこには後にCHA-CHAとしてデビューすることになる勝俣州和さんもいましたが、木村さんは厳しいレッスンに耐えられずに自ら脱退しています。

 

もしこの時に木村さんが「茶々隊」を抜けていなかったらどうなっていたのでしょうか?…考えたらちょっと怖いですね。

 

(CHA-CHA)

 

また中学3年生の時にはSMAPの前身のスケートボーイズに加入しています。

 

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:千葉市立磯辺第二小学校

 

 

 

木村拓哉さんの出身小学校は、地元の千葉市内の公立校の磯辺第二小学校です(現在は千葉市立磯辺小学校)。

 

家族構成は両親と弟の4人家族です(2人兄弟の兄)

 

 

父親はインテリア関係の仕事をしており、子供の頃から非常に厳しく木村さんを育てています。

 

木村さんもインタビューでたびたび「ボコボコに殴られて育ちました」とコメントしており、鉄拳制裁は当たり前で食事も必ず正座して摂っていたとのこと。

 

とは言え両親との関係は良好で、木村さんは1995年に両親に一軒家をプレゼントしています。

 

また弟の木村俊作さんは堀越高校から日本体育大学までアメリカンフットボールを続け、卒業後は社会人のアサヒビールシルバースターズに入団し、日本代表にも選出されたことがあります。

 

 

見た目は木村さんとはまったく似ていませんが、弟さんもアメフトの世界では有名人です。

 

小学生の頃からスポーツが得意で少年野球チームの磯辺キングスターズに在籍したほか、サッカーもやっていました。

 

その他にも剣道も習っており、剣道は中学生まで続けています。

 

 

また絵画教室にも通っておりコンクールで入選したこともありました。

 

木村さんが描いた当時の絵の画像がないのは残念ですが、小学校から中学校時代までで絵画コンクールで何度も入賞するほどの腕前です。

 

学校でも学級委員を務めるなど、模範的な生徒でもありました。

 

 

ただし木村さんは小学校時代にトム・ソーヤのマネをして全校集会で怒られたエピソードをライブドアニュースが報じています。

 

木村はトム・ソーヤーの冒険をまねるようになり、道端に捨てられていた発泡スチロールをいかだ代わりにして、友人とふたりで千葉県にある花見川を下ったそうだ。ところが、いつしか東京湾に出てしまったため、慌てた木村は川に飛び込み、何とか難を逃れたという。

木村のトム・ソーヤーごっこはここで終わらず、川でアジやイワシを釣り上げ、友人と一緒に河原で火をおこして食べたこともあったという。しかし、近所の人から「子どもが火遊びしている」と通報され、警官が現場に駆けつける事態となったそうだ。

ふたりは結局、事件を知った校長から全校集会で怒られる羽目となったが、木村は「怒られてるのもトム・ソーヤーっぽいな」と、むしろ喜んでいたのだとか。

 

以上が木村拓哉さんの学歴や学生時代のエピソードです。

 

以降の活躍は周知の通りでアイドルとしてはもちろんのこと、現在では日本を代表する俳優になっています。

 

月9にトータルで10回主演して、「anan」の「好きな男ランキング」では15年連続で1位となっています。

 

主演作のテレビドラマは軒並み高視聴率を記録して、「視聴率男」の異名もとりました。

 

信じられないほどの視聴率を記録したキムタク主演のドラマの視聴率ランキングは次のとおり。

 

7位「華麗なる一族」(2007年)30.4% 出演:鈴木京香、長谷川京子、相武紗季ほか

6位「眠れる森」(1998年) 30.8% 出演:中山美穂、仲村トオル、本上まなみほか

5位「ラブジェネレーション」(1997年)32.5% 出演:松たか子、内野聖陽、藤原紀香ほか

4位「ロングバケーション」(1996年)36.7% 出演:山口智子、竹野内豊、稲森いずみほか

3位「HERO」(2001年)36.8% 出演:松たか子、小日向文世、八嶋智人ほか

2位「GOOD LUCK!!」(2003年)37.6% 出演:柴咲コウ、堤真一、黒木瞳ほか

1位「ビューティフルライフ」(2000年)41.3% 出演:常盤貴子、水野美紀、的場浩司ほか

 

当たり前のようにキムタク主演ドラマの視聴率は30%を超えてきますし、「ビューティフルライフ」に関しては40%超えという信じられないような数字を記録しています。

 

また2000年に歌手の工藤静香さんと結婚した際には、「20世紀最後の大物カップル」と大きな話題になっています。

 

 

工藤静香の学歴|出身高校や中学校の偏差値と高校時代や若い頃の画像

 

工藤さんとはおしどり夫婦として知られていますし、次女のKokiさんはファッションモデルとしてデビューを飾っており、プライベートは非常に充実しているようです。

 

残念ながら所属グループのSMAPは解散してしまいましたが、未だに絶大な人気を誇っています。

 

 

今後も主演作のテレビドラマや映画が目白押しですし、数多くのバラエティー番組にも出演しています。

 

さらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク





ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ