高田夏帆の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値|忍者選手権で優勝していた!

 

タレントで女優の高田夏帆さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。「王様のブランチ」のレポーターなどでお馴染みの高田さんですが、高校時代に「全日本忍者選手権」という大会で優勝していました。学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

高田夏帆(たかだ かほ)

 

 

1996年5月31日生

身長160㎝

血液型はA型

 

東京都出身の女優、タレント

本名同じ

 

以下では高田夏帆さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

高田夏帆の学歴~出身高校(都立松原高校)・大学の詳細・忍者選手権で優勝していた!

 

スポンサードリンク

 

出身高校:東京都 松原高校(有力) 偏差値49(やや容易)

 

 

 

高田夏帆さんの出身高校は、都立の共学校の松原高校が有力です。

 

この高校は1948年開校の中堅都立高校で、ダンス部が都内でも強豪として知られています。

 

高田さんは高校時代はダンス部に在籍しており、部活動に励んでいました。

 

当時のことについてインタビューで次のように話しています。

 

「高校では、学校の部活の中で一番厳しいといわれていたダンス部に所属し、先輩後輩の上下関係の重要さや15分前行動、報・連・相(報告・連絡・相談)の基礎を学びました。クラスも部活も同じ仲良しグループがいて、誕生日には、1人1つホールケーキを作って持ってきては、授業の10分間休憩にみんなで食べたりしていました。」

 

 

文化祭でのダンス部の発表では高田さんが登場したときに「かほちゃ~ん!」と先輩からコールがたくさんあり、人生最大のモテ期と思ったほどだと話しています。

 

高田さんは高校2年生のときに友人と制服で原宿を歩いているところ、バラエティ番組「さんまのからくりTV」の街頭インタビューで声をかけられています。

 

これがきっかけとなり番組からオファーがあって、出演した際にスカウトされています。

 

スカウトをされたときのことについてインタビューで次のように話しています。

 

「スカウトを受けたときは、進路について悩んでいたこともあり、芸能界の道に進むには不安な部分も多かったです。しかし、事務所の方に当時大人気だったAKB48のコンサートに連れて行ってもらい、『芸能界ってこんな素敵な世界なの?』ととても感動し、芸能界に進むことを決めました。」

 

芸能界入り後はオーディションをたくさん受け続ける日々で、はじめての仕事はレギュラーとなったNHKの「Rの法則」でした。

 

 

このテレビ番組には高校2年生だった2013年から出演していました。

 

ちなみに乃木坂46の齋藤飛鳥さんやSKE48の大本花音さんがこの番組の同期です。

 

高田さんは高校時代からすでに芸能活動をはじめていますが、普通の学校生活を送れたことは自身の強みになっているといいます。

 

また高田さんは「Rの法則」の現場には同年代の人たちも多かったことから、学生生活とはまた違う青春を送ることができたと明かしています。

 

高校3年生だった2014年に女優デビューしており、高校時代は「GTO」などのテレビドラマに出演していました。

 

 

加えて高校3年生の時には、「全日本忍者選手権」に優勝しています。

 

 

この際のことについては次のように振り返っています。

 

「毎年、滋賀(※甲賀忍者の里)でやっている由緒ある大会なんです! 特技の欄に「陸上・一輪車」と書いていたことで「運動神経がいいのかも」ということで始まった企画で、2週間くらい練習して挑みました。塀を上ったり、手裏剣を投げたり、水の上を走ったり。優勝賞品はグアム旅行だったんです!」

 

【主な卒業生】

渡辺美里(シンガーソングライター)

高橋元太郎(俳優)

EPO(シンガーソングライター)

 

なお高校卒業後は大学などには進学しておらず、芸能活動に専念しています。

 

高校を卒業した2015年には、「王様のブランチ」のレポーターに起用されています。

 

 

また2017年には「仮面ライダービルド」のヒロインに抜擢されて、女優としても注目を集めています。

 

 

2019年には「恋より好きじゃ、ダメですか?」で連続ドラマにはじめて主演しています。

 

 

 

さらに2021年にも連続ドラマ「凛子さんはシめてみたい」の主演に起用されています(戸塚祥太とW主演)。

 

 

 

高田さんは演技力の評価が高く、今後も出演作は増えていきそうで楽しみですね。

 

スポンサードリンク

 

高田夏帆の学歴~出身中学校(調布市立第三中学校)の詳細

 

出身中学校:東京都 調布市立第三中学校 偏差値なし

 

 

 

高田夏帆さんの出身中学校は、地元東京都調布市内の公立校・調布市立第三中学校です。

 

中学時代は陸上部に在籍をしており、短距離と走り幅跳びを専門としていました。

 

後述するように小学校時代からリレーの選手に選ばれたり足が速かったことから、陸上部に入部しています。

 

高田さんは走り幅跳びでは都大会で入賞した経験もあり、運動神経はかなり良いようです。

 

しかし陸上部に入部して自分が特別足が速いわけではないことに気づいています。

 

中学時代は同じグランドの隣で練習していた野球部に少し気になる男子がおり、横目で探すような日々だったとインタビューで語っていました。

 

【主な卒業生】

岸本加世子(女優)

高田純次(タレント)

相馬勇紀(サッカー元日本代表)

 

スポンサードリンク

 

高田夏帆の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校: 不明

 

高田夏帆さんの出身小学校は、地元調布市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の4校のいずれかの可能性が高そうです。

 

調布市立第二小学校

調布市立布田小学校

調布市立染地小学校

調布市立杉森小学校

 

家族構成は両親と弟、妹の5人家族です(3人きょうだいの長女)。

 

 

高田さんは自身の家族についてインタビューで次のように話しています。

 

「父の趣味がサーフィンで、夏は家族で海に行っていました。それでアクティブになったのかな……。母はバレーボールをしていたらしく、テレビでよく応援していました。弟もバスケットボールの推薦で高校に入学していて、妹も足が速かったので、運動神経はいい家系だったのかもしれません!」

 

高田さんは幼稚園の頃から足が速く、小学校時代も運動会ではリレーの選手に選ばれていました。

 

また子供の頃から水泳を習っており、スクールでは一番上の階級にいくほどでした。

 

自身の子供時代についてインタビューで次のように話しています。

 

「昔から明るく社交的で、常に笑っているような性格でした。運動神経がいいほうで、ドッジボールは最後までボールを避けて逃げ切れるような、お転婆で活発な女の子でした。」

 

 

以上が高田夏帆さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

高校時代にタレントとしてデビューしましたが、後に女優業も開始しています。

 

女優としては演技力も好評で、さらに演技力を磨けばブレイクする可能性もあります。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ