ダイタク吉本拓の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値|M1に出場

 

お笑いコンビ「ダイタク」の吉本拓さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。2021年の「M-1グランプリ」の決勝に進出して注目を集めている吉本さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

吉本拓(よしもと たく)

 

 

1984年12月28日生

身長179㎝

血液型はO型

 

熊本県熊本市出身のお笑い芸人

お笑いコンビ「ダイタク」のツッコミ担当

本名同じ

 

以下では「ダイタク」吉本拓さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

吉本拓の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:熊本県 熊本商業高校 偏差値57(中の上)

 

 

 

「ダイタク」吉本拓さんの出身高校は、県立の共学校の熊本商業高校です。

 

この高校は1895年開校の熊本県内でも有数の伝統校です。

 

また就職率もいいことから、商業高校の割には偏差値も高くなっています。

 

ちなみに同校は以下の4つの学科を設置していますが、吉本さんがどの学科に在籍したかは不明です。

 

会計:偏差値57

国際経済:偏差値57

商業:偏差値57

情報処理:偏差値57

 

この高校に在学中は、1学年下に女子野球選手でタレントの片岡安祐美さんも在籍していました。

 

吉本さんは中学までは一卵性双生児の兄の大さんと同じ学校に通学していましたが、双子に見られることが嫌だったことから大さんとは別の高校に進学しました。

 

高校時代にはバスケットボール部に在籍をしており、部活動に励んでいます。

 

また高校時代はモテており、女子生徒から何度も告白されたそうです。

 

【主な卒業生】

宮川真美(タレント)

 

なお吉本さんは高校卒業後は大学などには進学しておらず、ショッピングモールのゆめタウンに就職して精肉部門で働いていました。

 

就職先では20歳で主任になり、大手のスーパーマーケットからヘッドハンティングされることもあったほどでした。

 

吉本さんは当時のことについて次のように話しています。

 

「僕は山口県のスーパーで死ぬほど働き、メキメキと頭角を現しました。そして、20歳でスーパー最年少の精肉主任になりました。スーパーは西日本中心に大小約40店舗くらいあったのですが、僕の精肉主任としての活躍は瞬く間に轟きました。」

 

そんなとき大学に進学して就活時期を迎えていた兄の大さんから「俺、就職活動してないし親にも言い訳つかないから、早く仕事辞めて帰ってこいよ」と電話がかかってきて、この時に吉本さんは「時が来たな」と思いました。

 

そして吉本さんは大さんからの電話を切った後にそのまま会社の上司に電話をして、仕事を退職しています。

 

2008年4月に吉本総合芸能学院(NSC)の東京校の14期生として入校しており、同時に大さんとお笑いコンビ「ダイタク」を結成しました。

 

 

NSCの同期には「EXIT」のりんたろー。さんや「相席スター」トの山添寛さん、「スパイク」らがいました。

 

拓さんは双子でコンビを組んで活動することに対してインタビューで次のように話しています。

 

「この世界に入った頃は『双子はすぐ覚えてもらえていいよね』と言われたんですけど、芸歴を重ねるごとに『双子は大変だね』と言われることの方が多くなりました。『双子じゃなかったら売れてたのに』と言われたこともありますしね。」

 

コンビは2016年に「おもしろ荘」に出演して知名度が上昇しています。

 

 

また2019年にはYOUTUBEにコンビの公式チャンネル「ダイタクTV」を開設しています。

 

 

そして2021年には、「M-1グランプリ」の決勝に進出しています。

 

 

この大会でブレイクしたコンビも数多いので、「ダイタク」の健闘にも期待ですね。

 

ダイタク吉本大の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|進学校の出身だった!

 

スポンサードリンク

 

吉本拓の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:熊本県 熊本市立錦ヶ丘中学校 偏差値なし

 

 

 

「ダイタク」吉本拓さんの出身中学校は、地元熊本市内の公立校の熊本市立錦ヶ丘中学校です。

 

拓さんは自身の中学校時代の身長のことについてインタビューで次のように話しています。

 

「僕は元々、中学校入学時に152センチと小さく痩せ型で、整列の時も前から数えた方が早い小さい子供でした。それでも中学校時代に急激に伸び、卒業時には175センチを越え。」

 

中学時代もバスケットボール部に在籍して、部活動に打ち込んでいます。

 

ちなみに兄の大さんもバスケットボール部に在籍していました。

 

2人ともレギュラーだったことから、相手チームは同じ顔が2人いて困惑したとのこと。

 

【主な卒業生】

武田双雲(書道家)

茂森あゆみ(歌手)

釘宮理恵(声優)

 

ダイタク吉本大の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|進学校の出身だった!

 

スポンサードリンク

 

吉本拓の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:熊本県 熊本市立山ノ内小学校

 

 

 

「ダイタク」吉本拓さんの出身小学校は、地元熊本市内の公立校の熊本市立山ノ内小学校です。

 

家族構成は両親と兄2人の5人家族です(一人は双子の兄)。

 

 

吉本さんは自身の地元のことについてインタビューで聞かれた際に「熊本県熊本市。決して田舎ではない」と話しています。

 

幼少期は人見知りがひどく母親や兄の後ろに隠れるほどでした。

 

保育園の頃には偶然にも大さんと同じ女子を好きになっていたそうです。

 

吉本さんはお笑い芸人を志したきっかけについては次のように話しています。

 

「子供の頃からずっとお笑いみていた。ボキャブラが決定打かな。」

 

また芸人になることを意識しはじめた頃のことについてインタビューで次のように話していました。

 

「親によると、幼いときから”なんとかライダー”とかよりもバラエティやネタ番組を観てたらしいです。小学校5年生のときに、プリンプリンさんのネタをコピーして兄貴に見せたのが(2人でネタをした)初めてで。そっから、なんとなく2人とも『テレビの向こう側の仕事』をやるんだろうなと思ってたんですよ。」

 

この頃からすでに将来は漫才をやったりテレビに出演する人になるものだと思っていました。

 

2人は将来芸人になろうと約束したことは一度もありませんでした。

 

吉本さんは子供の頃からあまり勉強をきちんとやっておらず、遊んでばかりいましたが要領が良かったことからテスト前など勉強しなければいけないときにはササッと終わらせて遊んでいたことをインタビューで明かしていました。

 

 

以上が「ダイタク」吉本拓さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

コンビは当初から一卵性双生児のコンビとしてたびたびメディアに取り上げられていましたが、ブレイクには至りませんでした。

 

しかし2021年に「M-1グランプリ」の決勝に進出して、にわかに大きな注目を集めています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

ダイタク吉本大の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|進学校の出身だった!

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ