黄皓(バチェラー)の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|進学校出身だった!

 

「バチェラージャパン」の黄皓さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は黄皓さんは勉強が得意で進学校に通学しており、大学も名門大学の出身でした。学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 

黄皓(こう こう)

 

 

1986年9月23日生

身長181㎝

血液型はB型

 

中国・長沙市出身の実業家

本名同じ

 

以下では黄皓さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

黄皓の学歴~出身大学(早稲田大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:早稲田大学 商学部 偏差値65(難関)

 

 

 

黄皓さんは高校卒業後は、名門私大の早稲田大学に進学しています。

 

この大学には一般受験で入学しており、高い学力を有していました。

 

ちなみに早稲田大学のほか、慶応義塾大学も受験していますが補欠合格だったことから早稲田大学に進学しています。

 

 

また大学受験の際には、英語と世界史は全国模試でトップレベルでしたが、現代文が苦手で5科目は厳しいと感じたことから私立大学に絞ったことをインタビューで話しています。

 

黄皓さんは大学では商学部に在籍して、マーケティングなどを学んでいます。

 

また大学時代はモテたことをインタビューで明らかにしています。

 

「陽キャまっしぐらです(笑)。高校のころから少しずつ「イケメン」みたいに言われていたのですが、大学ではもっと……モテたので(笑)」

 

大学時代はサークルにも在籍していましたが、サークル内の「ひと夏の恋をしたい人ランキング」で4年連続で1位だったとのこと。

 

そのため大学時代はかなり遊んだようで、勉強がおろそかになってしまったそうです。

 

それでも大学はキッチリと卒業しています。

 

黄皓さんは大学卒業後は、名門商社の三菱商事に入社しています。

 

得意の英語を活かしたかったことや海外でグローバルな仕事がしたいという理由で、この商社に入社しています。

 

ちなみに黄皓さんは中国語と日本語、英語のほか、スペイン語も話すことができます。

 

 

三菱商事では自動車部品の担当になって、メキシコの支社に勤務しています。

 

ただし取引先が日系企業が多かったことから、イメージとは違ったそうです。

 

「名古屋にある工業地帯にいるのか、メキシコにある工業地帯にいるのか、という違いはあれどやっていることはほぼ同じで、世界を相手にしたビジネスをしているかというと、まぁ、微妙な面はありました。なので、しばらくモヤモヤしながら働いていたのですが……」

 

また当時はかなりの忙しさでした。

 

「当時は毎日ものすごく忙しくて、車で往復5〜6時間運転して、その間も車を停めてPC作業をして、家についたら疲弊しきって寝る、みたいなくり返しでした」

 

そのため30歳前後から転職を考えはじめましたが、そのタイミングで父親が倒れたこともあり、三菱商事を退職して父親の経営する上海の貿易会社に就職しています。

 

またその後は日本でサロンの経営も開始しています。

 

 

経営するのは「ヒューマン・プロデュース・サロン」で、ジムでのパーソナルトレーニングにヘアメイクやファッション・コーディネイトのサービスを組み合わせた斬新なものです。

 

2019年には、バラエティ番組「マツコ会議」にも出演しています。

 

2020年に恋愛リアリティ番組「バチェロレッテ・ジャパン」に参加して、最後の2人に残っています。

 

 

この年にはYOUTUBEに公式チャンネルを開設しています。

 

 

そして2021年にはファッション誌の「CLASSY.」にファッションモデルとして登場しています。

 

 

またこの年には「バチェラージャパン」の4代目バチェラーに選ばれています。

 

 

ちなみに黄皓さんは4代目バチェラーに選ばれた際には、次のようにインタビューで述べています。

 

「自分が心と体を預けられるパートナーが欲しいなと、強く感じています。そしてこの旅で見つける自信があります。結婚は覚悟が必要ですし、僕は少なくとも『バチェロレッテ・ジャパン』でその覚悟を感じることが出来ました。今回は『やりきったな、俺』って思えるような後悔のない旅になると思っています」

 

 

今後はかなりの注目を集めそうですね。

 

スポンサードリンク

 

黄皓の学歴~出身高校(錦城高校)の詳細

 

出身高校:東京都 錦城高校 偏差値66~70(コース不明のため)

 

 

 

黄皓さんの出身高校は、私立の共学校の錦城(きんじょう)高校です。

 

この高校は1963年開校の私立高校です。

 

また前身は商業高校でかつては多摩地区の都立高校の滑り止めに受験する高校でしたが、ここ20年くらいで進学実績が急上昇して偏差値も跳ね上がっています。

 

加えて同校は以下の2つのコースを設置していますが、黄皓さんがどちらの学科に在籍したかは不明です。

 

ただし高校時代の学校の成績はトップレベルだったと話しているので、特進コースに在籍した可能性が高そうです。

 

黄皓さんはこの高校には一般受験ではなく、推薦入学で進学しています。

 

ちなみにインターネット上には黄皓さんは高校進学を機に来日し、当初は日本語も満足に話せなかったとの情報もありますが、幼少期から中国と日本を行き来する生活をしていたので高校に進学した当時は既に日本語を普通に話すことができました。

 

中学の先生のアドバイスで入学当初から一生懸命勉強したことをインタビューで明らかにしています。

 

「私は推薦入学で高校に入ったのですが入学先がいわゆる進学校だったので、中学の先生に「お前があそこに入学できたのはとても運がいい。でも、いまの学力だと毎日勉強しないと置いていかれる」と言われました。僕はそのアドバイスをまじめに聞いて、本当に毎日勉強するようにしていました」

 

そのため高校時代の学校の成績は非常によく、本人もテストの際には「自分はトップ10にいないとおかしい」という感覚が芽生えたそうです。

 

加えて黄皓さんは高校時代からイケてるようになり、モテるようになりました。

 

きっかけについては次のように話しています。

 

「きっかけはささいなことで、髪型に気を使うようになったことでした。前髪を下ろしていて“陰キャ”っぽかったのが、髪の毛をあげたら「お前イケメンじゃん」みたいに言ってもらえた、ということが変化のきっかけでしたね」

 

ただし高校時代に恋愛関係のもつれで、友達に仲間外れにされたことがあるそうです。

 

しかしそれでも楽しい学校生活だったと述べています。

 

【主な卒業生】

松本孝弘(ミュージシャン、B‘z)

所ジョージ(タレント)

吉沢悠(俳優)

 

スポンサードリンク

 

黄皓の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

黄皓さんの出身中学校は、都内の中学校のようですが校名などは不明です。

 

インターネット上には中国の長沙市内の中学校との情報もありますが、前記のように高校には推薦入学で進学しているので日本の中学校を卒業したはずです。

 

ただし中学時代までは日本と中国を行き来する生活を送っており、中国の中学校に通学していた時期もあるはずです。

 

本格的に日本で生活するようになったのは15歳の頃と述べており、中学3年生の頃から日本に定住したようです。

 

また中学時代までは外見がイケてなかったので、イジられたそうです。

 

「僕は外見がイケてない子だったので……髪型が周りとちがったし、シャツはズボンにイン、しかもハイウエスト、みたいなまじめなタイプでした。なので、そういう見た目をイジられたりしましたね」

 

黄皓の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

黄皓さんの出身小学校は不明です。

 

家族構成は両親と妹の4人家族です。

 

ちなみに妹とは14歳も離れています。

 

 

黄皓さんの子供の頃は父親は何度も起業していますが、ことごとく失敗したことをインタビューで明らかにしています。

 

父親は割りばしの製造やゴミの回収、ワイシャツの販売などをおこなったそうです。

 

 

ただし父親の会社が倒産しても、もともとあまり裕福ではなかったので生活も変わらなかったとのこと。

 

また父親は後に貿易会社を興して、経営を軌道に乗せています。

 

黄皓さんが3歳の頃から両親が日本に出稼ぎに行っていたので、その頃から祖父に育てられています。

 

 

また両親が金銭的に余裕が出ると東京に呼び出され、半年くらい日本の小学校に通うという生活をしています。

 

そのため小学校・中学校までは日本と中国を行き来する生活をしていました。

 

以上が黄皓さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

「バチェロレッテ・ジャパン」に出演した際には、共演者の久保裕丈ともに注目を集めました。

 

2021年には「バチェラージャパン」に出演するので、さらなる大きな注目を集めそうです。

 

 

今後の活躍にも期待ですね。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ