AKB西川怜の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値とかわいい学生時代の画像

 

「AKB48」の西川怜さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。グラビアなどで「かわいい」と話題の西川さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

西川怜(にしかわ れい)

 

 

2003年10月25日生

身長161㎝

血液型はB型

 

東京都出身の歌手、タレント

アイドルグループ「AKB48」のメンバー

本名同じ、愛称は「れい」

 

以下では「AKB48」西川怜さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

西川怜の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:堀越高校 トレイトコース(有力) 偏差値37(かなり容易)

 

 

 

「AKB48」西川怜さんは中学校卒業後は多くの芸能人の母校として知られている堀越高校に進学していることが有力です。

 

西川さんは進学先の高校名を公表していませんが、インターネット上やツイッターにこの高校の在籍情報が複数見られます。

 

そのため信ぴょう性は決して低くはないでしょう。

 

西川さんは小学生時代にグループ入りをしていることから、より幅広く芸能活動をするためにこの高校の芸能コースにあたるトレイトコースに進学していると思われます。

 

 

なお堀越高校では以前交際を噂された「Snow Man」のラウールさんが同級生です。

 

高校1年生の時には千葉県の文理開成高校の新制服のモデルとして起用されており、この高校の制服について次のように感想を述べています。

 

「ブレザーのラペル部分も切り返しになっていてシンプルなデザインですが、細かな部分にこだわりを感じます。ブルーチェックのスカートであわせたコーディネートがとても好みでした!!」

 

 

西川さんはグループ入りした直後はダンスの振り付けや立ち位置を覚えることに必死だったそうですが、今では観客の奥の方まで視線を投げかけたり歌詞の意味を考えて表情を作ることができるようになったそうです。

 

2021年7月には、グループの58thシングル「根も葉もRumor」の選抜メンバーになったことが発表されました(発売は同年9月)。

 

 

西川さんにとってはこれが念願のはじめての選抜です。

 

ちなみに谷口めぐさんや千葉恵里さん、横山結衣さんもはじめて選抜メンバーに抜擢されています。

 

なお西川さんは現時点でインタビューなどで大学進学については明言していません。

 

高校も芸能コースに進学していることを考えても、高校卒業後は芸能活動に専念する可能性のほうが高そうです。

 

このあたりについては何か判明しましたら追記しておきます。

 

スポンサードリンク

 

西川怜の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 杉並区立井草中学校(有力) 偏差値なし

 

 

 

「AKB48」西川怜さんの出身中学校は、東京都杉並区内の公立校の井草中学校が有力です。

 

西川さんは目が茶色いことで実年齢(当時14歳)よりも大人っぽくみられるそうで、インタビューで次のように話しています。

 

「私の特徴は茶色がかった瞳です。初対面の人からはよく、海外にもルーツがあるのか聞かれるんですが、両親ともに日本人。母も茶色くて大きな瞳をしているので、良いところをもらいました。14歳なんですが、この瞳だからか大人っぽいと言われます。」

 

 

大人っぽいと言われることからアイドルらしい格好がなかなかできないそうです。

 

中学3年生だった2019年3月に「ジワるDAYS」のカップリングとして収録された「Generation Change」でカップリング選抜のセンターを務めました。

 

中学校を卒業した際には自身のツイッターに次のように投稿をしています。

 

 

【主な卒業生】

松田龍平(俳優)

松田翔太(俳優)

沢尻エリカ(女優)

岩橋玄樹(King&Prince)

 

スポンサードリンク

 

西川怜の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

「AKB48」西川怜さんの出身小学校は、世田谷区内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし有力とされる中学校の校区からすれば、以下の3校のいずれかの可能性が高そうです。

 

杉並区立四宮小学校

杉並区立三谷小学校

杉並区立桃井第四小学校

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

 

弟とはとても仲が良いそうです。

 

母親はオーディション時の動画内で西川さんのことを次のように話していました。

 

「怜は小さいときからすごく活発で、どんどん前に出て行くような子でした。社交的で友達も多くて、何でも自分でやってしまうようなしっかり者です。これから悩んだり悔しい思いをすることがたくさんあると思うけど怜なら乗り越えてくれると信じています。」

 

小学生時代は学習発表会で主役を演じたことがあり、クラスの中心的な存在だったそうです。

 

西川さんのクラスの友人は動画内インタビューで次のように話しています。

 

「クラス男女問わず人気で、表情も豊かで、可愛いのにすぐに面白いことを言ったり変顔をしたりする人です。」

 

小学生の時に友人がAKB48の柏木由紀さんの大ファンだったそうで、それに影響を受けて西川さんもAKB48に入りたいと思ったそうです。

 

またダンスを習っていたことから、AKB48のステージで自分も踊りたいと思いオーディションを受けています。

 

オーディション時のことについてインタビューで次のように話しています。

 

「正直、会場に行くまでは『私はかわいいしダンスも自信がある』っておもっていたんですけど(笑い)、会場に着いたら私よりかわいい子もダンスがうまい子もたくさんいました。ダメだと思っていたので合格できたのはすごくうれしかったです。」

 

小学6年生の時にAKB48に加入しており、オーディションの時には「最年少なんですけど年上の子たちにも負けません。」というコメントも残していました。

 

 

西川さんは11歳だった2015年6月にチームB劇場公演の前座で「ミニスカートの妖精」を披露しており、劇場デビューを果たしました。

 

以上が「AKB48」西川怜さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

小学校時代にAKB48に加入しましたが、当初はさほど目立つ存在ではありませんでした。

 

しかしこのところはグラビアなどが好評で、2021年には念願の選抜入りも果たしています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ