工藤美桜の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と子役モデル時代のかわいい画像

 

女優の工藤美桜さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は工藤さんは小学校時代から芸能活動を開始しており、子役モデルとして活動していました。学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

工藤美桜(くどう みお)

 

 

1999年10月8日生

身長165㎝

血液型はA型

 

東京都出身の女優、ファッションモデル、グラビアアイドル

旧芸名は藤谷まな

 

以下では工藤美桜さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

工藤美桜の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:東京都 日本女子体育大学附属二階堂高校 偏差値40(容易)

 

 

 

工藤美桜さんの出身高校は、私立の女子校の日本女子体育大学附属二階堂高校です。

 

この高校は1948年開校の私立高校で、体操部が都内では強豪として知られています。

 

また同校は芸能コースの設置こそはないものの、芸能活動に非常に寛大なことからこのところ在籍する女性芸能人が増えています。

 

加えて同校には以下の3つのコースを設置していますが、工藤さんは総合進学コースに在籍した可能性が高そうです。

 

総合進学:偏差値40

体育:偏差値40

保健福祉:偏差値40

 

工藤さんは出身高校を明らかにしていませんが、高校を卒業した際に制服と卒業証書の画像を公開したことから、この高校の出身者であることが判明しています。

 

 

(参考・同校の卒業生の土屋太鳳の制服姿)

 

(参考・同校の卒業証書)

 

工藤さんは自身のブログ内で「高校は土曜日も学校なので日曜日はゆっくり寝れる貴重な日」だと綴っています。

 

また高校に進学する際には福祉コースへの進学も考えたそうで、芸能界の仕事を続けていなければ保育士になろうと思っていたとインタビューで話しています。

 

高校1年生だった2015年に「仮面ライダーゴースト」でテレビドラマに初出演をしていますが、当時のことについてインタビューで次のように話しています。

 

「2015年~2016年に放送された『仮面ライダーゴースト』が初めて演技に挑戦した作品だったんですけど、当時はお芝居についてしっかり考えられるわけでもなく、ただ覚えたセリフを間違えないように発するだけで精一杯だったんです。」

 

 

元々お芝居は好きでしたが頭で考えていることが上手く表現できずに悔しい思いをしたと言います。

 

現実の厳しさを知った一方でお芝居をする楽しさも知ったそうで、本格的に芸能界の道に進みたいと思ったようです。

 

高校3年生だった2017年4月からは、朝の情報番組「めざましテレビ」のイマドキガールを務めています。

 

 

【主な卒業生】

土屋太鳳(女優)

堀北真希(女優)

黒木メイサ(女優)

内山理名(女優)

久松郁実(ファッションモデル)

 

なお工藤さんは高校卒業後、大学などには進学しておらず芸能活動に専念しています。

 

工藤さんは高校在学中に大学進学の道も考えたようで、インタビューでは次のように話しています。

 

「当時、保育士やインテリアコーディネーターもいいなと思い、保育系の大学や福祉系に進学しようかなどとも考えたんですけど、やっぱり芸能のお仕事が一番好きだったので、このお仕事を続けることを選びました。」

 

 

自身のツイッターのアカウントで高校を卒業したことを次のように報告しています。

 

 

高校卒業後はグラビアアイドルとしても活動を開始して、「週刊ヤングジャンプ」や「週刊プレイボーイ」などの雑誌の誌面を飾っています。

 

 

またファッション誌「with」のレギュラーモデルにも起用されて、ファッションモデルとしての活動も再開しています。

 

女優としては2020年にスーパー戦隊シリーズの「魔進戦隊キラメイジャー」のヒロインに起用されて注目を集めています。

 

 

 

このところはメディアへの出演が増えているので楽しみですね。

 

スポンサードリンク

 

工藤美桜の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

工藤美桜さんの出身中学校は、都内の学校のようですが校名などは不明です。

 

中学時代は演劇部に在籍していたことをインタビューで明らかにしています。

 

「中学生の頃、演劇部に入っていたのでお芝居はもとから好きだったんですけど、プロの世界に入ると勝手も違うし、頭で考えていることがまったく表現できなくて、悔しい思いをたくさんしました」

 

演劇部では主役のオーディションはいつも落とされてしまっていたそうで、男性の配達員の役をやったことがあるそうです。

 

 

工藤さんは小学校時代から芸能活動をおこなっており、中学時代も3年間にわたって芸能活動をおこなっています。

 

中学1年生の時に所属事務所を移籍しており、その際に芸名を「藤谷まな」から「工藤美桜」に改めています。

 

中学2年生だった2013年には、「ミスセブンティーン」オーディションに出場してファイナリストになっています。

 

 

ちなみにこの年のミスセブンティーンは、女優の大友花恋さんとファッションモデルの田辺桃子さんがグランプリを獲得しています。

 

なお工藤さんは中学時代は主にファッションモデルとして活動していました。

 

当時はローティーン向けファッション誌の「GIRLS TRIBE」の専属モデルも務めていました。

 

 

中学時代は女優として活動はおこなっていませんが、当時から演技には興味があったと述べています。

 

スポンサードリンク

 

工藤美桜の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

工藤美桜さんの出身小学校は、都内の学校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と3人家族のようです(ひとりっ子)。

 

 

両親とは非常に仲が良いことから隠し事はゼロだと話しており、自身のツイッターには「お父さんと映画観てる時間が好き」といった投稿もみられるほどでした。

 

また19歳の誕生日には母親がサプライズで部屋を飾り付けしてあったようで、休日もほとんど家族と過ごしているみたいです。

 

工藤さんは小学4年生のときに原宿でスカウトされたことがきっかけで芸能界入りをしています。

 

しかし当初は芸能界に憧れはなかったそうで、インタビューで次のように話しています。

 

「(芸能界への憧れは)正直、全然ありませんでした(笑い)。ファッション誌は買って読んでましたが、性格がすごい内気で人前に立つと倒れるくらい、人前に立つのが嫌いでした。」

 

小学校の授業中にクラスメイトの前で作文を読んだ際にも、途中で意識を失って倒れることもあったと言います。

 

 

また友人と一緒に遊びたくても誘うこともできなかったことから、いつも一人で自宅に帰っていたそうです。

 

工藤さんは芸能界に入ることで内気な性格を変えられるかもしれないという思いもあり、思い切って芸能界の世界に飛び込んだそうです。

 

小学校時代に「藤谷まな」の芸名でモデルとして活動を開始すると、カリスマキッズモデルとして人気を博しています。

 

 

以上が工藤美桜さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

高校時代に女優としての活動を開始していますが、順調にキャリアを重ねて話題作の連続ドラマや映画にも起用されています。

 

その他にもファッションモデルやグラビアアイドルとしても注目を集めています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ