尾碕真花の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|大食いだった

 

スーパー戦隊シリーズ「騎士竜戦隊リュウソウジャー」で注目を集めた女優の尾碕真花さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は尾碕さんは中学生の頃から大食いでした。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

尾碕真花(おさき いちか)

 

 

2000年12月2日生

身長167㎝

血液型はA型

 

高知県高知市出身の女優

本名同じ

アイドルグループ「×21」の元メンバー

 

以下では尾埼真花さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

尾碕真花の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:堀越高校 トレイトコース 偏差値37(かなり容易)

 

 

尾碕真花さんの出身高校は、芸能人御用達の堀越高校です。

 

この高校を卒業した2019年2月に記者会見をおこなっており、同校を卒業したことを報告しています。

 

 

後述するように尾碕さんは中学時代までは地元の高知県高知市に在住していましたが、高校に進学するタイミングで上京してこの高校の芸能コースにあたるトレイトコースに入学しています。

 

そのため高校時代からひとり暮らしを経験していますが、毎日母親に電話をかけており、それが救いになったとインタビューで述べています。

 

「ほぼ毎日電話をして母と私はそれを「ヒマ電」と呼んでいました(笑)。電話をするタイミングは、学校やレッスン場の行き帰り、家に帰ってから3時間ぐらい話し込むこともありました。重い話ばかりでもなく、「今日は卵が安かった」とか他愛もない話が私の中では知らず知らずのうちに救いになっていたので、すごく感謝しています」

 

堀越高校では女優の浜辺美波さんと井頭愛美さんと同級生でした。

 

尾碕さんは高校1年生だった2016年に舞台「RYOMA」で女優デビューしていますが、この作品への出演で演技が楽しくなったとインタビューで述べています。

 

「高校1年生で初舞台を踏ませて頂いた時、「お芝居って楽しい」ということに気づいて夢中になって、自ら進んでやるようになりました。今までは、「お仕事をさせていただいている」という感覚がなくて……」

 

中学校時代まではアイドルやタレントとしての活動がメインでしたが、この舞台への出演で女優になりたいと思っています。

 

ただし尾碕さんは12歳の頃から芸能活動をしていましたが不遇の時代が長く、高校3年生だった2018年の12月に「さくらの親子丼2」ではじめて民放の連続ドラマに出演しています。

 

 

そのため本人も「事務所に見捨てられてもおかしくなかった」と話しています。

 

「事務所に見捨てられてもおかしくなかったと思いますし、自分としても続ける意欲はそこまでなくて。支えてくださった周囲の方々にすごく恵まれていたと感じます」

 

また学業にも苦労したようで、高校は追試をクリアしてようやく卒業しています。

 

とは言え高校時代の3年間は「本当に楽しかった」と述べており、高校生活は充実していたようです。

 

 

そして尾碕真花さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

前記の高校を卒業した際の記者会見でも、大学に進学しないで女優としての活動に専念することを明言しています。

 

高校を卒業したと同時に戦隊ものの「騎士竜戦隊リュウソウジャー」のヒロインに起用されて、大きな注目を集めています。

 

 

ようやく女優として日の目を見た尾碕さんですが、今後は出演作も増えていくものと思われます。

 

ちなみにスーパー戦隊ものはほとんど見たことがなかったのですが、出演が決まってから録画して見はじめたそうです。

 

スポンサードリンク

 

尾碕真花の学歴~出身中学校の詳細・大食いだった

 

出身中学校:高知市内の公立校(校名不明)

 

尾碕真花さんの出身中学校は、地元高知市内の公立校ですが現時点で校名などは不明です。

 

前記の「騎士竜戦隊リュウソウジャー」に出演した際に、地元の高知新聞のWEBサイトが高知市内の公立中学校に通学していたと記載しています。

 

中学時代も3年間芸能活動をしていましたが学業優先のスタンスで、仕事のたびに上京する生活をしています。

 

そのため部活動などはおこなっていなかったようです。

 

中学時代はアイドルユニット「×21」の活動がメインで、高校3年生だった2018年に解散するまでメンバーとして活動しています。

 

 

意外にも尾碕さんは大食いで、バラエティ番組に出演した際には中学時代に寿司50貫を食べたことを明らかにしています。

 

また後にもステーキ500グラムを平らげたこともありました。

 

「450gぐらいが限界かなって思っていたんですけど、自分的にとても理想的なお肉だったんで限界を超えました(笑)」

 

尾碕真花の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

尾碕真花さんの出身小学校は、高知市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と1歳年下の妹の4人家族です(2人姉妹の姉)。

 

幼い頃から元気な子だったとインタビューで述べています。

 

「気が強くて元気な子でした。幼稚園でも背の順に並ぶと一番後ろで。お昼寝の時間もまったく寝ないで騒いでいたみたいで、いつも何人かで倉庫に〝隔離〟されたり」

 

尾碕さんは子供の頃はスーパー戦隊ものに興味はなく、「プリキュアシリーズ」ばかり見ていたそうです。

 

また高知市の郊外に住んでいたこともあって、小学校時代はミミズを捕って学校に持っていたこともありました。

 

「小学生のとき、30㎝はあるミミズを捕まえてビニール袋に入れて「学校に持っていったりもしてました。自分では面白いと思ったんですけど、先生から「これ、逃がしてこようね」って言われましたね」

 

そのため虫を手づかみすることは平気ですが、ハトだけは苦手とのこと。

 

尾碕さんは当時から長身で、スタイルを褒められたことをきっかけにファッションモデルに憧れています。

 

小学校時代は上戸彩さんの大ファンだったことから、小学校6年生の時に上戸さんが所属しているオスカープロモーションが主催した「国民的美少女コンテスト」に出場して審査員特別賞を受賞して芸能界入りしています。

 

 

ちなみにこの年のグランプリは吉本実憂さんと小澤奈々花さんで、高校時代の同級生の井頭さんも審査員特別賞を受賞しています。

 

以上が尾碕真花さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

小学校時代から芸能活動をおこなっていますが、ようやく2019年頃から注目を集めています。

 

 

そのためこのところはグラビアなどにも起用されて人気を博しています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ