堤礼実アナの学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のかわいい画像

 

フジテレビの堤礼実アナウンサーの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は堤さんは大学時代から芸能活動をおこなっており、さほどマスコミへの就職に強くない大学からキー局のアナウンサーになっています。学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

堤礼実(つつみ れいみ)

 

 

19931123日生

身長163

血液型はO型

 

アメリカ・カリフォルニア州出身(埼玉県志木市育ち)

フジテレビ所属のアナウンサー

本名同じ、愛称は「つつみん」「れいみん」

 

以下では堤礼実さんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、高校時代・大学時代のエピソードなどをご紹介していきます。




 

経歴/プロフィールの詳細

 

20164月にフジテレビにアナウンサーとして入社。 

同期には鈴木唯や永尾亜子、藤井弘輝アナらがいる。 

同年10月から情報番組「めざましテレビ」にリポーターとして出演。 

また「めざましテレビアクア」のお天気キャスターを担当(20179月まで)

20171月から「馬好き王国」のMCアシスタントを務める。

他にも「みなさんのおかげでした」や「うまズキッ!」、「みんなのKEIBA」などにも出演。

 

堤礼実の学歴~出身大学(大妻女子大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:大妻女子大学 人間関係学部人間福祉学科 偏差値48(やや容易)

 

 

 

堤礼実さんは高校卒業後は、大妻女子大学に進学しています。

 

大学では人間関係学部に在籍して、社会・臨床心理学を専攻していました。

 

大学時代にはファッション誌「nonno」の読者モデルを務めるなど、既にその美貌とプロポーションのよさは注目されていました。

 

 

また大学2年生の時にはバラエティ番組「さんまのスーパーからくりTV」の企画で、出演者のハリー杉山さんがたまたま街で見つけた堤さんに告白しています。

 

 

ただし堤さんはあっさりとその告白を断っています。

 

とは言え当時からかなり目立つ存在であったことは間違いなさそうです。

 

大学3年生の時には「BSフジNEWS」で女子大生キャスターとして、半年間番組に出演しています。

 

 

堤さんがアナウンサーを志すようになったきっかけについてインタビューで次のように話しています。

 

「東日本大震災の際に現地に足を運び、自分なりの言葉で必死に伝えようとするアナウンサーの姿に衝撃を受けました。現在大学で心理学を専攻しているのですが、そこでも言葉の持つ力の大きさを知り、私も言葉で何かを伝えられる仕事をしたいと思いました。」

 

朝「めざましテレビ」を見ていると生野アナウンサーが現地に行き、リポートをしていましたが喋らずに泣いているだけの瞬間が写りました。

 

堤さんはその姿を見て話さなくても伝わってくるものがあることも知り、「アナウンサーって喋るだけじゃないんだ」と興味を持ちました。

 

また大学時代にカフェでアルバイトをしており、たまたまそこで働いていた人がアナウンススクールに通っていて、それもきっかけとなりいろいろな偶然が重なったことでアナウンサー志望になっています。

 

そのためその後はフジテレビのアナウンススクールに通学して、本格的にアナウンサーを目指しています。

 

ちなみに堤さんはアナウンサーになっていなかったら、舞台やエンターテインメントに携われる仕事をしていたとインタビューで話しています。

 

 

そして決してマスコミ関係の就職に強くない大妻女子大出身ながら、異例のキー局のアナウンサー試験に合格。

 

大学を卒業した2016年4月に、フジテレビにアナウンサーとして入社しています。

 

 

同期入社は永尾亜子さんや鈴木唯さん、藤井弘輝さんや上中優勇樹さんです。

 

堤さんは同局の人気番組「めざましテレビ」の担当からキャリアをスタートさせるなど、局側の期待の高さも現われています。

 

 

その後もバラエティ番組や競馬番組に起用されています。

 

 

2021年3月からは「めざまし8」の情報キャスターを務めています。

 

 

将来のエースアナウンサー候補の呼び声もありますので、今後の大きな飛躍にも期待です。 

 

スポンサードリンク

 

堤礼実の学歴~出身高校(女子聖学院高校)の詳細

 

出身高校:東京都 女子聖学院高校 偏差値54(推定・普通)

 

 

 

堤礼実さんの出身高校は、私立の女子校の女子聖学院高校です。

 

この高校は1905年開校のプロテスタント系のミッションスクールです。

 

また高校からの募集のない完全中高一貫校のため、偏差値も推定になります。

 

堤さんも系列の中学校からの内部進学です。

 

 

堤さんは高校時代はダンス部に在籍をして、部活動に打ち込んでいました。

 

中学・高校時代は文化祭や合唱コンクール、体育祭などの行事には学年全体が熱心に取り組んでいたことから、堤さんも全力で取り組んでいました。

 

堤さんがクラス対抗リレーに出場した際には転んでしまい、その言い分として「足の回転の速さが速すぎて上半身がついて行かなかった」と話していました。

 

滑るように転んだことから10mくらいそのまま進んで、体操服に穴が開くほどだったことから「痛いし悔しいし」という気持ちで泣いてしまいました。

 

 

堤さんは高校生の時のクラス替えで前のクラスに間違えて堂々と入っていったところ、その場がシーンとなったため「あれ?いないなぁ」と誰かを探しているふりをして教室を出たことがあり、これが人生最大の失敗だったと話しています。

 

高校時代の卒業旅行ではシンガポールに行っており、この旅行は人生で一番楽しかった旅行だったと当時を振り返りました。

 

【主な卒業生】

林原めぐみ(声優)

村治佳織(ギタリスト)

 

スポンサードリンク

 

堤礼実の学歴~出身中学校(女子聖学院中学校)の詳細

 

出身中学校:東京都 女子聖学院中学校 偏差値51(普通)

 

 

 

堤礼実さんの出身中学校は、私立の女子校の女子聖学院中学校です。

 

この中学校には中学受験をして入学しています。

 

3歳から習っていたクラシックバレエを中学2年生の時まで続けており、インタビューでは対のように話しています。

 

「クラシックバレエを3歳から13~14歳くらいまでやっていたんです。そのおかげもあってダンスをするのがとても好きで、ジャンルを問わず誰かが踊っているのを2、3回見ると、何となくですが覚えることができるんです。ただ、披露する機会もないですし、仕事の役には立たないんですが……。」

 

堤礼実の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:不明

 

堤礼実さんの出身小学校は、埼玉県志木市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と3人家族です(ひとりっ子)。

 

 

母親が宝塚歌劇団のファンだったことから幼い頃から自宅ではミュージカルのビデオが流れており、その影響で堤さんもミュージカルが好きになりました。

 

アメリカのカリフォルニア州で生まれており、3歳の頃まで住んでいましたが記憶はないと話しています。

 

子供の頃はおてんばな子でした。

 

またお姫様になりたい時期と医師になりたい時期があったと話していました。

 

幼稚園の頃に腰まで髪の毛を伸ばしていたことから「お嬢」と言われていました。

 

堤さんの初恋は幼稚園の年中のときで、相手は幼稚園児にしてはクールな男子でした。

 

加えて堤さんは小学校時代は「100マス計算」が得意だったことをインタビューで明らかにしています。

 

「私のクラスでは、算数の授業の時にその『100マス計算』を最初に実施。クラスのみんなで一斉にスタートし、終わった人から順に手を挙げていって、計算の速さと正確さを競っていました。私はたいてい一番早くに終えて、計算ミスもほとんどなし。よくクラスで1番をとって、”無敗”と言って過言ではないくらいでした」

 

ところが転校生に1番の座を奪われたことがありました。

 

すると堤さんは無類の負けず嫌いを発揮して、その生徒に勝つためだけに「100マス計算」に打ち込んだそうです。

 

「以来、私はその子に勝つことだけを目標にして『100マス計算』をやっていました。本人にも直接、「あなたに負けたくない!」と言っていましたし、当時の私にとって、この”無敗記録が止まってしまった”ことはそれぐらい悔しかったのだと思います」

 

以上が堤礼実アナウンサーの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

学生時代からその美貌が際立っており、アナウンサーとしてフジテレビ入社後も順調にキャリアを重ねています。

 

現在では同局の人気女子アナウンサーのひとりになっています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ