野口聡一の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|文武両道だった

 

宇宙飛行士の野口聡一さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。実は野口さんはガリ勉ではなく、大学時代まで部活動にも打ち込んでいました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

野口聡一(のぐち そういち)

 

 

1965年4月15日生

身長180㎝

血液型はB型

 

神奈川県横浜市出身の宇宙飛行士

 

以下では野口聡一さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

野口聡一の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:東京大学 工学部航空学科 偏差値68(超難関)

 

 

 

野口聡一さんは高校卒業後、最難関国立大学の東京大学に進学しています。

 

大学時代は工学部航空学科に在籍して、ジェットエンジンの研究などをおこなっていました。

 

またこの大学では東京大学運動会アメリカンフットボール部に在籍しており、部活動にも励んでいます。

 

大学卒業後は東京大学大学院工学科に進学しており、航空学を専攻し修士課程を修了しています。

 

そしてその後エンジニアとして石川島播磨重工株式会社(IHI)に入社し、超音速旅客機のエンジン開発に従事していました。

 

エンジニアとして航空宇宙に関わっているうちに宇宙飛行士になりたいという気持ちが強くなり、JAXAに応募して572倍を越える応募者の中から勝ち抜いて、1996年にJAXAの宇宙飛行士候補者に認定を受けました。

 

 

野口さんは「アメリカ航空宇宙局(NASA)」の宇宙センターで訓練を受けた後に、2005年にスペースシャトル・ディスカバリー「STS-114」ミッションに搭乗し、日本人として初めて国際宇宙ステーションで船外活動を行いました。

 

 

2014年にはアジア人で初めて「宇宙探検家協会(ASE)」の会長に就任しました。

 

また野口さんは2018年に映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」の日本語吹き替え版でカメオ声優として出演しています。

 

 

野口さんはクラシック音楽が好きだそうで、いつかチェロを宇宙ステーションで演奏してみたいようです。

 

電子ピアノの演奏はすでに経験済みだそうで、「和音をバンッとおすと、その力の反動で体全体がうきあがって電子ピアノから離れてしまう」ことから体に電子ピアノをくくりつけて演奏したそうです。

 

スポンサードリンク

 

野口聡一の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:神奈川県 茅ヶ崎北陵高校 偏差値64(やや難関)

 

 

 

野口聡一さんの出身高校は、県立の共学校の茅ヶ崎北陵高校です。

 

この高校は1963年開校の県立校で、進学校にも関わらず部活動が盛んなことで知られています

 

野口さんは実は県内でもトップレベルの進学校の湘南高校(偏差値74)に進学しようと思っていました。

 

ところが学区の変更があって受験できなくなり、ちょうど茅ヶ崎北陵高校が学区トップ校となったためこの高校を受験しました。

 

高校時代も陸上部に在籍しており、主に走り高跳びをおこなっていました。

 

また決してガリ勉タイプの生徒ではなく、勉強も遊びも一生懸命だったとインタビューで話しています。

 

当時は毎日昼休み前に弁当を食べて、昼休み中はバスケットボールに熱中していたそうです。

 

16歳の時にアメリカが開発したスペースシャトル初飛行というニュースを見て、「自分も宇宙に関する仕事に携わりたいと強く感じた」そうです。

 

 

そのため当時から独学で英語を熱心に勉強しており、高校2年生の時に英検2級に合格しています。

 

そして高校3年生のときに「宇宙からの帰還(きかん)」という本と出会い、 宇宙飛行士になる決心をしました。

 

また野口さんは結婚しており、奥さんは高校時代の同級生だそうで高校時代から交際をしており、現在では娘が3人います。

 

【主な卒業生】

黒岩健一郎(実業家)

 

スポンサードリンク

 

野口聡一の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:神奈川県 茅ヶ崎市立浜須賀中学校 偏差値なし

 

 

 

野口聡一さんの出身中学校は、地元神奈川県茅ケ崎市内の公立校・浜須賀中学校です。

 

中学時代は野球部に在籍していました。

 

そのため現在でも野球が好きで、特にNASAの基地があるヒューストンをホームにしているMLBのヒューストンアストロズの大ファンだそうです。

 

また2005年に初めて宇宙飛行を成功させた際には、アメリカのニューヨークメッツの球場を訪れてメッツ対フィリーズ戦で始球式を行ったこともあり、現地では「野球もできる宇宙飛行士」として、エディアに取り上げられたそうです。

 

なお野口さんは中学時代は陸上部も掛け持ちしていました。

 

また中学時代はテレビアニメ「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」で宇宙への憧れを抱いていたそうです。

 

【主な卒業生】

松倉海斗(ジャニーズ・Travis Japan)

 

野口聡一の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:兵庫県 太子町立斑鳩小学校

※卒業は茅ケ崎市立浜須賀小学校

 

 

 

野口聡一さんが入学したのは、兵庫県太子町内の公立校・斑鳩(いかるが)小学校です。

 

出身地は横浜市ですが父親の仕事の関係で3歳の時から、兵庫県揖保郡太子町に移住しています。

 

斑鳩保育園を卒園し、斑鳩小学校に進学して小学5年時までを同町で過ごしました。

 

 

その後に神奈川県茅ケ崎市に転居して、茅ヶ崎市立浜須賀小学校に転校しています。

 

 

 

父親は野口さんのことを「子供時代は、遊びの中に一工夫プラスαを加えて自分の遊びへと変えてしまう『遊びの天才』だった」と話しています。

 

野口さんは小学校の帰りに稲刈りが終わった田んぼで野球をしたり、広いところで遊ぶのが大好きだったそうです。

 

乗り物にも興味があり電車から飛行機、ロケットなどにどんどん関心が移っていきました。

 

この頃はまだ宇宙飛行士になりたいとは思ったことがなかったそうです。

 

また野口さんは小学生時代にボーイスカウトに所属して活動していました。

 

 

以上が野口聡一さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

2005年にディスカバリーに搭乗して宇宙飛行をおこなうと、2009年にはソユーズで日本人初の宇宙船操作業務をおこなって大きな話題になっています。

 

2020年には民間宇宙船で三度の目の宇宙に向かうプランが発表されており、ぜひとも成功させてほしいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ