村上茉愛の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と子役時代のかわいい画像

 

体操選手の村上茉愛さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は村上さんは小学校時代までは子役として活動もおこなっており、テレビドラマに出演した経験もありました。学生時代のエピソードや情報、子役時代のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

村上茉愛(むらかみ まい)

 

 

199685日生

身長148㎝、 体重48kg

血液型はO型

 

神奈川県相模原市出身の体操選手

 

以下では村上茉愛さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

小学校時代に池谷幸雄体操倶楽部に所属。 

14歳だった2010年に全日本体操選手権の種目別(床運動)で、田中理恵らを抑えて優勝。 

2013年に世界選手権の代表に初選出。 

2016年の全日本体操選手権の個人総合で初優勝。 

 

同年のリオデジャネイロオリンピックに出場し、主力として活躍し団体5位、個人総合6位の成績を残す。 

2017年の全日本体操選手権個人総合で連覇を果たす。 

同年10月の世界選手権では、種目別の床で金メダルの快挙を遂げる。

小学生の時は子役としても活動しており、2005年のSPドラマ「ウメ子」に出演している。

 

村上茉愛の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:日本体育大学 体育学部体育学科 偏差値45(容易)

 

 

 

村上茉愛さんは高校卒業後は、日本体育大学に進学しています。

 

日体大の体操競技部は名門中の名門として知られ、OBには内村航平さんや池谷幸雄さん、鶴見虹子さんや田中理恵さんもおり、同じく世界選手権で金メダルを獲得した白井健三さんも所属しています。

 

 

村上さんも大学時代はこの大学の体操部に在籍しています。

 

村上選手は大学入学後の初めての試合でミスをしてしまったそうで、次のように話しています。

 

「大学生となった初めての試合で私は自己管理が足りず、試合本番でもミスをしたり諦めてしまうような試合をし、監督から『考え方を改めなさい』と言われました。」

 

 

そして自身に足りないことはすぐに諦めてしまうことや一つのことを継続できないところだと気づいたそうです。

 

村上選手は深く反省し、それを改善するために計画を立てていくようにしたことで「体操に対する考え方が変わり競技も好きになり、毎日が充実するようになりました。」と話しています。

 

また物事に対して考え方も変わり、この大学で充実した設備で恵まれた環境の中、スポーツをできることが当たり前ではないことに気づいたそうです。

 

このようなことに気づいた大学1年生の時がターニングポイントだったと述べています。

 

そのため大学1年生の時は体操の成績が不安定だったのですが、大学2年生の頃から安定したとのこと。

 

すると大学2年生で全日本体操選手権の個人総合で初優勝し、リオデジャネイロオリンピックでも団体で5位、個人総合で6位に入賞しています。

 

 

このように村上さんは大学2年生の時に体操選手として急成長し、日本代表でもエース格になっています。

 

そして大学3年生だった2017年に、世界選手権の種目別(ゆか)で優勝を遂げる快挙を達成しています。

 

 

 

また大学4年生の時には主将を務めており、次のように振り返っています。

 

「最後の1年間は主将を務めさせていただき、インカレ優勝、全日本団体5連覇に向けて必死に練習をしていましたが、インカレ間近に私は怪我をし、試合に出場することはできませんでした。さまざまな形でサポートをする方法はあったはずですが、怪我をしたことの悔しさで気持ちを保つことに精一杯で主将としての役目を何一つ果たせず、仲間に申し訳なく何のための主将なのかすごく悩みました。」

 

村上選手は全日本団体では主将らしい演技で4年間学んできたことをしっかり果たそうと決めて試合に臨み、無事に5連覇ができたときには初めてみんなの役に立てたと実感できたそうです。

 

 

ちなみにこの大学の授業で学んだことについて次のように話しています。

 

「大学では心理学や指導の方法、体の仕組みについて多くのことを学び、特に3・4年生になってからの細かい筋肉の仕組みや休養の取り方についての専門的な授業にとても興味を持ちました。」

 

大学時代は競技と学業を両立させて、大学はキッチリと卒業しています。

 

 

村上選手は東京オリンピックは自身の集大成と決めているそうで、インタビューで次のように話しています。

 

「もともと私は大学4年間で体操を終わりにすると決めていました。それでも続けているのは東京で開催するから。みんな同じだと思いますが、東京だからこだわっているし、覚悟を持っている。日付が1年延びただけで、今の時点では五輪はちゃんと先にあるので。」

 

オリンピックでの活躍も期待ですね。 

 

スポンサードリンク

 

村上茉愛の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 明星高校 偏差値54(普通)

 

 

 

村上茉愛さんの出身高校は、私立の共学校の明星高校です。

 

この高校は1923年開校の東京都府中市にある私立高校です。

 

また同校は部活動が盛んで、ハンドボール部や体操部が都内でも強豪で知られています。

 

村上さんは高校時代も体操部に所属しています。

 

 

ただしこの高校の体操部は練習施設がないことから、部員各自が外部のスポーツクラブなどに在籍して練習するシステムでした。

 

学校生活と練習との両立については「心の持ち方だと思います。体操を楽しむようにしています。」と当時のインタビューで話していました。

 

村上選手は月曜日は練習が休みになることが多いため、放課後学校に残って勉強をするそうです。

 

村上さんは高校1年生だった2012年に、全日本体操選手権の種目別・床運動を制しています。

 

 

高校2年生の時に世界選手権の代表に初めて選ばれ、種目別(ゆか)で4位になっています。

 

 

世界選手権が終わると学校の友人から「すごかった」と言われたことで、より実感がわいたそうです。

 

ところが高校3年生になると成長のため体重が増えてしまい、スランプに陥っています。

 

そのため当時はやる気がなかったと述べています。

 

「高校3年生だった’14年は正直、やる気がなかったです。どうせメダルを獲れないのは分かっている、と欲がなくなったんです。体重を減らそうとも思わなかったし、負のスパイラルでした」

 

この年も世界選手権の代表に選ばれていますが、予選落ちに終わっています。

 

【主な卒業生】

長谷川博己(俳優)

浦沢直樹(漫画家)

坂口健太郎(俳優)

 

スポンサードリンク

 

村上茉愛の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 武蔵野東中学校 偏差値47(やや容易)

 

 

 

村上茉愛さんの出身中学は私立の共学校の武蔵野東中学校です。

 

この中学校は自由な校風で知られており、自閉症の生徒なども積極的に受け入れています。

 

中学時代はお笑いトリオ「四千頭身」の石橋遼大さんと同級生でした。

 

石橋さんとは中学1年生と3年生の時に同じクラスになっており、現在でも親しい間柄です。

 

村上さんが東京オリンピックで銅メダルを獲得した際には、石橋さんは「人生でベスト3に入るくらいガッツポーズした」と祝福しています。

 

 

石橋遼大(四千頭身)の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|サッカーで挫折していた!

 

村上さんは中学時代は、小学校時代から所属している「池谷幸雄体操俱楽部」で練習しています。

 

 

中学校2年生の時に、当時の日本女子体操界のエースだった田中理恵さんを下して全日本体操選手権の種目別で優勝する快挙を成し遂げています。

 

村上さんは運動会での出来事についてインタビューで次のように話しています。

 

「運動会でリレーとかあるじゃないですか。全力疾走しているときに転倒しても、手をついて前転して、そのまま走り続けていましたからね。周りは『なんだ、あれは!』って目を丸くしていました(笑い)」

 

【主な卒業生】

ウエンツ瑛士(タレント)

岩渕真奈(女子サッカー選手)

 

村上茉愛の学歴~出身小学校の詳細・子役だった!

 



 

出身小学校:東京都 小平市立小平第三小学校

 

 

 

村上茉愛さんは出身小学校は、地元小平市内の公立校の小平第三小学校です。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

幼少期から子役として活動しており、当時の将来の夢はアイドルだったそうです。

 

 

また小学校時代も体操と並行して児童劇団にも在籍して、テレビドラマにも出演したことがありました。

 

(中央は深田恭子)

 

村上さんは母親の勧めもあり、3歳の時に体操をはじめています。

 

小学校時代に池谷幸雄体操俱楽部に入部しています。

 

そして6歳のときに初めて大会に出場したそうで、当時のことについて次のように振り返っています。

 

「6歳の頃は将来の目標云々ではなく、毎日体操クラブに来るのが楽しくて仕方がないといった感じでした。」

 

 

また初めて出た試合で姉に負けたことがとても悔しかったそうで、「勝ちたい」と思ったそうです。

 

両親も厳しく言うことはなくのびのびとした環境だったそうで、「体操を辞めたい」と言った時のことについて次のように話しています。

 

「一度だけ『体操をやめたい』と口にした時も、母親からは『自分がそう思うならやめなさい』って…。それでも結局やめなかったのは、やっぱり好きでやってるからなんだと、改めて気づかされた感じでした。」

 

 

村上選手は小学6年生の時にシリバスに成功したそうで、当時のことについて次のように話しています。

 

「小6の時でした。特にシリバスを目標に練習をしていたわけではなかったんですが、月面宙返りの練習をしているときに、たまたま多くひねりすぎたら、コーチに『それ、シリバスだぞ』と言われたんです。」

 

なお子役としての活動は小学生限りで、以降は体操に専念しています。

 

 

以上が村上茉愛さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

大学時代にスランプを克服し、日本女子体操界のエースにまで成長しています。

 

また男子体操選手の白井健三さんとの交際もたびたび報道されています。

 

今後の大きな飛躍にも期待したいです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ