間宮祥太朗の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値と高校時代

 

間宮祥太朗(まみや しょうたろう)

 

03

 

1993611日生

身長179

 

神奈川県出身の俳優、タレント

本名は馬渡(まわたり)祥太朗

 

以下では間宮祥太朗さんの学歴や経歴、中学校や高校の偏差値、中学時代は高校時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

ひとりっ子。

 

中学生の時にティーン向けファッション誌「ハナチュー」の読者モデルとして人気を博す。

 

 

2008年のドラマ「スクラップ・ティーチャー」で俳優デビュー。

 

 

2010年の「Stand up boys」で映画初出演し、「ハーパー・リーガン」で舞台初出演。

 

2013年の「銀河英雄伝説」で舞台初主演。

 

04

 

「弱くても勝てます」や「水球ヤンキース」などの連続ドラマの出演を経て、2016年の「ニーチェ先生」でドラマ初主演。

 

 

2017年の「お前はまだグンマを知らない」で連続ドラマ初主演。

 

 

同作の劇場版で映画初主演。2018年のNHKの朝ドラ「半分、青い。」の主要キャストに起用された。

 

 

学歴~出身小学校・中学校

 

スポンサードリンク



 

出身小学校:不明

 

出身中学校:法政大学第二中学校 偏差値61(やや難関)

 

 

間宮祥太朗さんの出身小学校は不明です。

 

地元の横浜市の公立小学校のようですが、校名などはわかっていません。

 

幼少期は祖父母に可愛がられており、海外旅行にも連れて行ったもらったこともあります。

 

小学校の頃から数多くの映画を観ていたことから、後に俳優を目指すきっかけになっています。

 

中学校は私立の男子校の法政二中に進学しています。

 

同校には野球をやるために進学しており、野球部にも入部しています。

 

また中学2年生の頃からはローティーン向けのファッション誌「ハナチュー」の読者モデルも務めています。

 

また中学3年生の時には俳優デビューも飾っています。

 

しかし野球に関しては熱心なチームメイトに比べ「自分にはそこまでの情熱はない」と考えて、中学2年生の途中で野球部を辞めてしまっています。

 

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:神奈川総合高校 偏差値66(難関)

 

 

間宮祥太朗さんの出身校は、県立の共学校の神奈川総合高校です。

 

同校は県内でもはじめての取得単位の総合選択制を導入した高校で、個性化コースと国際文化コース(ともに普通科)の2コースからなるユニークな教育方針を採用していることで知られています。

 

また同校は単位制を導入しているので学年はなく、定員も毎年200名程度ながら校舎はおよそ高校とは思えないような地上10階のつくりで施設が非常に充実しています。

 

間宮さんは中学校が私立で高校は公立の珍しいケースですが、中学が男子校だったので高校では共学校に行きたかったことや同校が大学などと同じ単位制をとっているので、仕事と両立しやすかったと思われます。

 

なお間宮さんは同校を「中退」との情報もあるようですが、どうやら高校は卒業しているようです。

 

高校時代は俳優として活動する傍らバンドも組んでおり、曲作りなどにも参加しています。

 

両親が音楽をやっていたことがあって、音楽に没頭する生活には理解があったと語っています。

 

ちなみに学校では、「クラスでずーと寝ている人」だったと話しており、学校での思い出は特にないとのこと。

 

なお高校時代には既に数多くのテレビドラマや映画に出演していました。

 

【主な卒業生】

枡田絵理奈(アナウンサー)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

間宮祥太朗さんは高校卒業後は大学などに進学せず、芸能活動に専念しています。

 

高校卒業時には既に若手俳優として注目されていたので、俳優一本に絞ったようです。

 

その後の活躍は目覚ましく、連続ドラマや映画に主演するほどの人気を博しています。

 

今後も多くの作品に出演することが予想されるので、かなり注目の若手俳優です。

 

さらに演技力を磨けば、俳優としても大ブレイクを果たす可能性も秘めているので、大きな成長にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ