野村周平の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と学生時代

野村周平(のむら しゅうへい)

 

%e9%87%8e%e6%9d%91%e5%91%a8%e5%b9%b3

 

19931114日生

身長175cm

血液型はAB型

 

兵庫県出身の俳優

本名同じ

 

以下では野村周平さんの学歴や経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

日本人の父親と中国人とのハーフの母親を持つクオーター。 

2009年に父親が勝手に応募したアミューズ主催のオーディションで、グランプリを獲得し芸能界入り。 

当初はケツメイシなどのPVに出演していたが、2010年のドラマ「新撰組 PEACE MAKER」で俳優デビュー。  

2011年に出演した「高校生レストラン」の演技で注目され、翌年には大河ドラマ「平清盛」に出演。 

その後も「若者たち2014」や「恋仲」、「好きな人がいること」などの人気の連続ドラマに出演。 

映画でも「ビリギャル」や「愛を積む人」などに出演した後、「森山中教習所」や「サラダリセット」で主演。

 

野村周平の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:堀越高校(転入) トレイトコース 偏差値37(かなり容易)

 

 

野村周平さんの出身校は、芸能人御用達の堀越高校です。

 

入学したのは地元神戸市内の高校と思われます(校名などは不明)。

 

高校1年生の時にアミューズのオーディションを受けて、31514名の中からグランプリに輝いて芸能界入りしています。

 

 

ちなみにこのオーディションでは俳優の吉沢亮さんが「Right on賞」、お笑い芸人の福田彩乃さんがバラエティ部門賞を受賞しています。

 

(右端が吉沢亮、左から2番目が福田彩乃)

 

ただしこのオーディションに参加した際には、野村さんは俳優への強い気持ちはなかったとインタビューで述べています。

 

「僕はオーディションでこの世界に入ったんですけど、当時は俳優になろうっていう強い意思があったわけではないんです。だから、いきなりお芝居を好きになれたかと聞かれると、そんなことはなくて」

 

そのため野村さんは高校2年生になるタイミング上京して、堀越高校の芸能コースに転校しています。

 

ただし当時は交際していた女子がおり、遠距離恋愛になってしまったことをインタビューで明らかにしています。

 

「高校1年の時、付き合っている彼女がいました。でも高校2年で、芸能界の仕事の都合で僕が神戸から東京へ行くことになり遠距離恋愛に。遠く離れていても大丈夫だと思っていたんですけど、しばらくすると気持ちが離れて別れてしまいました……。ほろ苦い経験ですが、青春でしたね」

 

堀越では神木隆之介さんや山田涼介さん、知念侑李さんらと同級生でした。

 

%e9%87%8e%e6%9d%91%e3%80%80%e9%ab%98%e6%a0%a1%e6%99%82%e4%bb%a3

(高校時代)

 

ただし高校時代の野村さんは人を寄せ付けない一匹狼タイプだったことを明らかにしています。

 

「こんなに明るくなったのは実は最近なんです(笑)。昔は『みんなと触れ合うのは別に大丈夫です』みたいな感じでした(笑)。大人になると、いろんなことが許せるようになりました」

 

高校2年生の1月にテレビドラマ「新選組 PEACE MAKER」で俳優デビューを飾っています。

 

 

また高校3年生の6月には「もし高校野球の女子マネジャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら」で映画に初出演しています。

 

ただし高校時代は仕事が少なく、俳優としての壁にも直面していたことから地元に帰ることも考えたことがあるそうです。

 

「仕事が少ない時期があり、誰にも相談せずに葛藤していました。役者を辞めて地元に帰ることも考えましたが、それじゃ負け犬だなって」

 

そして野村周平さんは高校卒業後は大学に進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

当初は大学進学も考えたようですが、仕事がうまくいっていなかったこともあって俳優業に専念したようです。

 

ただし俳優の仕事一本で頑張ろうと決意したことで、意識も変わり徐々に仕事が増えていきました。

 

「真剣に仕事と向き合うことで、自分の芝居への姿勢や撮影現場での態度が変わり、周りが徐々に認めてくれたのだと思います」

 

そして20歳の時に出演した米倉涼子さん主演のテレビドラマ「35歳の高校生」に生徒役として出演して注目されています。

 

 

ちなみにこの作品の生徒役には菅田将暉さんや山崎賢人さん、高杉真宙さんや広瀬アリスさんなど、後に俳優や女優としてブレイクする人たちが多数出演していたことで知られます。

 

また野村さんはその翌年には「日々ロック」や「クジラのいた夏」などの映画に主演として起用されています。

 

(日々ロック)

 

以降は人気若手俳優として数々の話題作のテレビドラマや映画に出演しています。

 

スポンサードリンク



 

野村周平の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:兵庫県 神戸中華同文学校中学部 偏差値不明

 

 

野村周平さんの出身中学校は、私立の共学校の神戸中華同文学校です。

 

同校は華僑の子弟の教育機関として、神戸市に1899年に設立された伝統校。

 

小学部と中学部からなり、基本的に授業は中国語でおこなわれます。

 

また校則が非常に厳しく、「打手板」を用いた体罰もおこなわれますが、それを承知で入学させていることから苦情などはありません。

 

野村さんは母親が中国人とのハーフで、実家も中華料理店兼お好み焼き屋を営んでいます。

 

近年は中国経済の発展とともに、中国語を話せるようになる同校に入学を希望する日本人も増えているということなので、野村さんの親もこのような理由で同校で学ばせたようにも思われます。

 

そしてこの学校では野球部に所属しており、ポジションはセカンドでした。

 

野村さんは子供の頃から運動神経がよく、中学校時代はスノーボードに打ち込んでいます。

 

 

スノーボードはプロのスノーボーダーの岡本圭司さんに師事して、数々の大会で優勝経験もあるほどです。

 

また当時はソチオリンピックで8位入賞の角野友基さんを超えることを目標としており、かなりのレベルだったことが窺えます。

 

ただしインタビューでは当時は「努力」という言葉が嫌いだったとインタビューで発言しています。

 

「努力なんて何もしていないです。スノボーも野球とかもやっていたけど、努力とかは無縁。すべて遊びでした。今の仕事のほうがよっぽど努力していると思います」

 

【主な卒業生】

鳳蘭(女優) 

 



 

野村周平の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:兵庫県 中華同文学校 小学部

 

 

野村周平さんの出身小学校は、私立の共学校の中華同文学校小学部です。

 

小学校時代から中国語での授業を受けてきたことから、野村さんは中国語はぺらぺらのレベルです。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

5歳の頃からスノーボードをはじめており、当時の夢はプロのスノーボーダーになることでした。

 

他にも小学校時代は水泳をやっていました。

 

また小学校時代も野球部に所属しています。

 

 

以上が野村周平さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

高校時代に芸能界入りしていますが、高校卒業後に俳優として注目されて数多くのテレビドラマや映画に起用されています。

 

(ビブリア古書堂の事件手帖)

 

現在は注目の若手俳優のひとりに数えられる野村さんですが演技力に加えて、中国語が堪能なのは魅力ですね。

 

ディーン・フジオカさんや金城武さんのように香港映画や台湾映画などに出演し、国際派の俳優になるかもしれません。

 

今後はいっそう演技力を磨いて、さらなる成長をみたいものです。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ