清原翔の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

清原翔(きよはら しょう)

 

 

199322日生

身長185

 

神奈川県出身の俳優、ファッションモデル

本名同じ




 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2013年に「メンズノンノ」の専属モデルとしてデビュー。

 

 

2017年から俳優活動を開始して、「レンタルの恋」でテレビドラマ初出演。

 

 

同年の「パパのお弁当は世界一」で映画初出演し、他にも「HIGHLOW」や「リベンジgirl」などの映画に出演。

 

 

また「警視庁いきもの係」や「いつまでも白い羽根」、「深夜のダメ恋図鑑」などの連続ドラマにレギュラー出演。

 

CM出演も多く、「日産自動車」や「ゼクシィ」、「Zoff」などのCMに出演している。

 

 

「マイヘアーイズバッド」や「SHES」などのアーティストのプロモーションビデオにも出演している。

 

学歴~出身大学

 

スポンサードリンク



 

出身大学:明治大学 理工学部電気電子生命学科 偏差値58(中の上)

 

 

清原翔さんは高校卒業後は、明治大学に進学しています。

 

 

大学では理工学部に在籍しており、電気電子生命学というジャンルを学んでいます。

 

大学では授業をマックスでとっていたので受講三昧で、サークルなどにも入っていなかったとインタビューで話しています。

 

大学4年生の時から「メンズノンノ」の専属モデルとなって芸能活動を開始しています。

 

芸能活動を開始したきっかけは専攻していた電気電子生命学が正直よくわからず、このまま就職してもつまらなそうだなと考えたからと述べています。

 

ただし清原さんは大学時代は卒業研究を頑張ったと述べており当初は大学院への進学を視野にいれていたなど、ちゃんと勉強はしていたようです。

 

ファッションモデルとして活動開始後は、「足が太い」と言われて苦労しています。

 

「最初は、「脚が太い」って全然撮影に呼んでもらえなくて。だから体重を5~6キロ落として、必死で編集部にアピールしました。とくにモデルになりたかったわけじゃなかったんですけど、受かったことで徐々に欲が出てきたんですよね」

 

卒業後も就職はせずに芸能活動を継続して、23歳の時から俳優としても活動を開始しています。

 

以降は立て続けに話題作の連続ドラマに起用されるなど、このところは俳優として脚光を浴びています。

 

 

ちなみに俳優としての活動を開始したのは、モデル仲間の坂口健太郎さんや柳俊太郎さんから話を聞いて興味を持ったからで、当初は「メンズノンノ」の編集部からは猛反対されたエピソードを明かしています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校・高校

 

出身高校:神奈川県 大磯高校 偏差値58(中の上)

 

 

清原翔さんの出身校は、県立の共学校の大磯高校です。

 

同校は文武両道がスローガンで、部活動が盛んなことで知られています。

 

清原さんは高校時代はバレーボール部に所属していたことをインタビューで明らかにしています。

 

また当時は運動部であるにも関わらず、金髪でした。

 

ただしバレーボール部では熱心に練習に打ち込んでおり、長身を活かして主力選手として活躍していました。

 

高校時代はやりたいことが見つからずに、とりあえず大学に進学したとインタビューで話しています。

 

「実は僕自身も高校時代、自分のやりたいことがなかなか見えてこなかった経験があります。だから、大学をどう決めればいいかもわからず、とりあえず就職範囲が広そうな理系の学部に行くことにしたんです」

 

清原さんの学校の成績や得意科目などは不明ですが、明治大学へ現役で進学していることや出身高校のレベルを考えると勉強はできたはずです。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校・中学校

 



 

出身小学校:不明

 

出身中学校:不明

 

清原翔さんの出身小学校・中学校はいずれも神奈川県内の公立のようですが、校名などは不明です。

 

ちなみに出身地も平塚市や大磯町などと言われていますが、現時点でははっきりしません。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

(インスタグラムにアップした幼少期の写真)

 

小学生の頃はお兄さんの影響で野球をやっており、ポジションはピッチャーでした。

 

また中学時代はバレーボール部に所属しています。

 

ただし清原さんの小学校時代や中学校時代の情報はほとんど見当たりません。

 

以上が清原翔さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

人気モデルになった後に俳優をはじめ、NHKの朝ドラなどにも起用されるほどになっています。

 

(なつぞら)

 

今後はさらに演技力を磨けば俳優としてブレイクする可能性も秘めており、さらなる大きな飛躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ