伊藤健太郎の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値や学生時代

人気俳優の伊藤健太郎さんの出身中学校や高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。部活動に打ち込んだ中学時代や俳優に目覚めた高校時代など、学生時代のエピソードや情報も併せてご紹介いたします

 

伊藤健太郎(いとう けんたろう)

 

 

1997630日生

身長179

血液型はA型

 

東京都出身の俳優

旧芸名は健太郎

 

以下では伊藤健太郎さんの学歴や経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴/プロフィールの詳細

 

2012年に芸能事務所に所属して、雑誌や広告のモデルとして活動。

 2014年のテレビドラマ「昼顔」で俳優デビューし、演技が評価され話題となる。

2015年の「俺物語!!」で映画初出演。 

2017年の「デメキン」で映画初主演。 

以降も「レンタルの恋」や「アシガール」、「今日から俺は!」などの話題の連続ドラマにレギュラー出演。 

「ルームロンダリング」や「コーヒーが冷めないうちに」などの映画にも出演。

20186月に芸名を本名の伊藤健太郎に改名した。

 

伊藤健太郎の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 聖徳学園高校 偏差値59(中の上)

 

 

伊藤健太郎さんの出身校は、私立の共学校の聖徳学園(しょうとくがくえん)高校です。

 

この高校は東京の武蔵野市にあり部活動が盛んで、男子バレーボール部は都内でも強豪として知られています。

 

伊藤さんは中学生の時から芸能活動をはじめており、高校3年間も芸能活動を継続しています。

 

また意外にも高校入学直後は、ケンカばかりしていたとインタビューで話しています。

 

「中学から高校に上がるタイミングに、一番喧嘩が多かったです。中高一貫の学校で、僕は中学からだったんですが、高校から入ってくる人たちとの間にちょっと壁があって、バチバチしていて。僕が一番嫌いなやつがいて、いつも喧嘩していたんです」

 

ところがその同級生とはその後に打ち解けて、一番仲が良くなったとも述べています。

 

「高2になってクラスが一緒になって、しかも隣の席で。「こいつかよ」とお互いちょっと変な感じもありつつ、だんだん「じゃあ遊びに行くか」みたいになって(笑)」

 

その一方で高校時代はバスケットボール部に所属して、部活動にも打ち込んでいました。

 

「中学1年から高校2年までバスケ部に所属していたので、学生時代は部活一筋でしたね。高校2年の頃にモデルの仕事を始めてから、徐々に部活へ行く回数が減ってしまったのですが、それまではバスケと友達との遊びを繰り返す毎日でした」

 

また体育祭では応援団長を務めるなど、学校でもアクティブに活動しています。

 

 

Aスタジオに出演した際には、芸能活動もあったことから恩師や友人に支えられて応援団長を務めることができたと語っています。

 

そして伊藤さんは高校2年生の頃から芸能活動を本格化させており、モデルの仕事が多くなります。

 

また同じ年には清水翔太さんの「SNOW SMILE」のミュージックビデオにも出演しています。

 

 

ちなみにこのミュージックビデオで伊藤さんの相手役を務めているのは、人気女優の小松菜奈さんです。

 

さらに高校時代に俳優デビューをしていますが、はじめて受けたオーディションは蜷川幸雄さんの舞台のもので、当時は軽い気持ちで準備もせずに受けたことから不合格となっています。

 

「お芝居のオーディションを受けてみないか」と言われて。それは蜷川幸雄さんの舞台のオーディションで、モデルを始めたときと同じぐらいの感覚で、楽しければいいかなと軽い気持ちで行ったら、これが大失敗でした

 

またその際に他の受験者の熱意に圧倒されたことやオーディションの不合格が悔しかったことなどで、本気で役者をやってみたくなったとのことです。

 

また高校2年生の時に出世作となった「昼顔」で俳優デビューを飾っていますが、当時は役作りということさえわからずに、撮影中は怒られ続けたと話しています。

 

 

そのため「自分が納得するような芝居をできるようになりたいと強く思いはじめた」とも語っており、このドラマへの出演は本人にとっては大きなターニングポイントにもなったようです。

 

ちなみにこのドラマは上戸彩さんと斎藤工さんの不倫の物語ですが、斎藤さんの生徒役で出演した伊藤さんとその恋人役の田中日奈子さんの高校生ながらの濃厚なキスシーンも話題になりました。

 

 

なお俳優デビュー後は仕事が忙しくなったことから、バスケットボール部は退部しています。

 

【主な卒業生】

桜井和寿(ミスチル)

 

そして伊藤健太郎さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

前記のように高校2年生の時に出演したテレビドラマ「昼顔」が俳優として大きな転機になったことから、高校卒業後は俳優活動一本に絞ったようです。

 

高校を卒業後は活動の幅を広げて、さらに多くのテレビドラマや映画に出演して順調にキャリアを重ねています。

 

(アシガール・左は黒島結菜)

 

2017年には待望の初主演映画「デメキン」が公開されています。

 

(デメキン・右は山田裕貴)

 

また21歳になったことを契機に芸名を「健太郎」から、本名の「伊藤健太郎」に変更しています。

 

そのきっかけはプロデューサーから「役者をやっていく上では早く名字をつけたほうがいい」と言われており、主役に起用されたテレビドラマ「今日から俺は!」の役名が同じ伊藤姓だったことから、これは運命だと思ったことからです。

 

また同世代の北村匠海さんや中川大志さん、村上虹郎さんや新田真剣佑さんらを意識しているとインタビューで語っています。 

 

スポンサードリンク



 

伊藤健太郎の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:聖徳学園中学校 偏差値56(中の上)

 

 

伊藤さんは高校の系列の聖徳学園中学校の出身で、高校へは内部進学しています。

 

中学校時代もバスケットボール部に在籍して、3年間部活動に打ち込んでいました。

 

中学2年生の時に芸能界入りし、中学時代は雑誌や広告のモデルとして活動していました。

 

芸能界入りしたきっかけはオーディションなどではなく、事務所を紹介されたからで、軽い気持ちで事務所に所属したとインタビューで話しています。

 

「14歳のときに知り合いの紹介でモデル事務所に所属しました。そのときは自分が芸能界に入れるとは思っていなかったので、話だけ聞きに行ってみようかなという感じで。でも、話を聞いてみたら面白そうだったので、やってみて楽しくなければやめればいいやぐらいの軽い気持ちでした」

 

また中学校時代からモデルの仕事をはじめており、当初はそちらも軽い気持ちだったそうですが、仕事をこなしていくうちに楽しくなってどんどん夢中になったと話しています。

 

 

中学時代の伊藤さんは主にモデルとして活動していますが、さほど多くの仕事はしていなかったようです。

 

 

なお自身の中学校時代に関しては「本当に何も考えていなくて、とにかく遊びまくっていた」とインタビューで話しており、ホームセンターに行ってかくれんぼをしたり、デパ地下に行って誰が一番お腹いっぱいまで試食できるかなどを競ったそうです。

 

また芸能界デビューした14歳の頃は、学校の先生などに反抗しまくっていたとインタビューで述べています。

 

「14歳のときは、大人は全員敵だと思っていました() 親に対しては反抗期らしいものがあまりなかったのですが、外の大人たち、学校の先生とかに歯向かいまくっていました。「今のお前の気持ちもわかるけど、いずれは違うように思うんだよ」とか言われても、それは違う、それはあなたの当時の考え方であって、自分は違う、とか」

 

加えて出演した映画「ういらぶ。」の共演者・磯村勇斗さんとの対談で、中学校時代に手つなぎデートをしたことがあると告白しています。

 

「手を繋いだ話で言うと、中12の時に、付き合ってはいないけど、気になっている方がいて、二人で映画へ出掛ける事になって。好きとは伝えてなくても、僕が好きな事は相手もわかっているんですよ。手を繋ぎてぇな~と思いながらも、付き合っていないから手繋いで良いのかわからなくて、手に触れてそのまま繋ぐ感じあるじゃないですか? それをわざとやったりしてましたね(笑)」

 

ちなみに当時は奥手だった磯村さんは中学校時代のデートでも手をつなぐことができなかったそうです。

 

加えて伊藤さんは中学3年生の時にアメリカのユタ州にホームステイをした経験があります。

 

当時はまったく英語が話せずに「イエス」か「ノー」しかわからなかったのですが、現地では感覚で英語を身に着けていったそうです。

 

ちなみに2019年6月に「アナザースカイⅡ」では、当時のホームステイ先ユタ州を再訪していました。

 

 

その後も英語を勉強しており、将来の夢はハリウッド映画に出演することだそうです。

 

なお伊藤さんはハリウッド映画「スパイダーマン」のロサンゼルスでのワールド・プレミアで主演のトム・ホランドさんに英語でインタビューをしています。

 

 

ハリウッド映画への出演を目指しているだけになかなかの発音ですね。

 

スポンサードリンク



 

伊藤健太郎の学歴~出身小学校詳細

 



 

出身小学校:不明

 

伊藤健太郎さんの出身小学校は公立小学校のようですが、校名などは特定できていません。

 

実家は東京都の国立市とも武蔵野市とも言われており、このあたりの公立小学校の可能性が高そうです。

 

家族構成は両親と9歳年上の姉の4人家族です。

 

 

両親が共働きの家庭に育っており、小学校の頃からお姉さんのマリさんと一緒に過ごす時間が多かったことから、現在でもとても仲良しとのこと。

 

(インスタグラムにUPした姉との2ショット)

 

ただし伊藤さんは子供の頃からわんぱくだったことから、小さい頃はお姉さんにたびたび叱られたそうです。

 

「姉は厳しいんですよ。小さい頃はよくいじめられていました。大人になった今はいい関係が築けているけど、それでもよく怒られてます(笑)」

 

またそのせいか伊藤さんは年上の女性といると落ち着くとも語っています。

 

「(即答で)年上の方です! 小さい頃から大人の方といることがすごく多かったので、落ち着くというか…。同年代とか年下と一緒にいると『自分がしっかりしなきゃな』って部分があるんですけど、年上の方とだと女性も男性も、ちょっと甘えると思います」

 

昔から料理が得意でしたが、歌は下手だったとお姉さんが話しています。

 

さらに小学校時代は登校する際には、お母さんとおばあちゃんにハグするなど、家族関係も良好だったようです。

 

なお伊藤さんは小学校時代から洋画が好きだったことから、英語に興味を持ったとのことです。

 

以上が伊藤健太郎さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめになります。

 

このところは話題の連続ドラマの主要キャストに起用されるなど、人気の若手俳優のひとりとして知られています。

 

(今日から俺は!・左は賀来賢人)

 

もともと演技力には定評がありますが、さらに演技を磨けば俳優として大ブレイクする可能性も秘めています。

 

今後の大きな飛躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ