渡辺大知の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代

 

渡辺大知(わたなべ だいち)

 

 

199088日生

身長179

血液型はO型

 

兵庫県出身のミュージシャン、俳優

ロックバンド「黒猫チェルシー」のボーカル

 

以下では渡辺大知さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴/プロフィールの詳細

 

2007年に澤竜次らとロックバンド「黒猫チェルシー」を結成。 

20093月に映画「色即ぜねれいしょん」の主役に抜擢され、この映画の演技で日本アカデミー賞新人賞を受賞。 

2010年にバンドは「猫pack」でメジャーデビュー。 

2011年のNHKの朝ドラ「カーネーション」でテレビドラマ初出演。 

2013年の「僕が父親になるまで」でドラマ初主演。 

以降も「まれ」や「デザイナーベイビー」などの連続ドラマにレギュラー出演。

 

「渇き。」や「ボクは坊さん。」、「勝手にふるえてろ」などの映画にも出演している。 

2015年の「モーターズ」で映画監督としてデビュー。

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:兵庫県 神戸鈴蘭台高校 偏差値55(中の上)

 

 

渡辺大知さんの出身校は、県立の共学校の神戸鈴蘭台高校です。

 

同校は菊水山の中腹に位置し、緑豊かな高校として知られています。

 

渡辺さんは高校1年生の夏に、後に澤竜次さんや岡本啓佑さんとともにギター部に入部しています。

 

澤さんや岡本さんとの出会いは衝撃的だったそうです。

 

「入学式のあと、一人で楽器屋に行ったんですよ。そうしたら次の日『昨日楽器屋で見たで』と話しかけられて。それが今やっているバンド『黒猫チェルシー』のメンバーです。それで話を聞いたら、中学生のころからバンドをやっていて、もうライブハウスにも出ていると。まさかこんな近いところにそんなやつがいるのか、っていうのはものすごい衝撃でした」

 

そして澤さんらとともに高校1年生の終わりの頃にロックバンド「黒猫チェルシー」を結成しています。

 

当時を振り返って渡辺さんは「バンドを組むのは自分の中では大事件で、革命が起こったようでした」とインタビューで話しています。

 

高校時代は神戸市内のライブハウス「神戸マージービート」や「バックビート」でライブをおこなっており、当時からかなり好評でした。

 

そして高校3年生の時にはライブハウスの推薦で、バンドは音楽番組「音燃え」に出演しています。

 

また高校3年生の末には、2000人のオーディションを勝ち抜いて、映画「色即ぜねれいしょん」の主役に抜擢されています。

 

 

このようにかなりマルチに活動した高校生活だったようです。

 

【主な卒業生】

新納慎也(俳優)

 

スポンサードリンク



  

学歴~出身大学の詳細

 

出身大学:東京造形大学 造形学部 偏差値40(やや難関)

 

 

渡辺大知さんは高校卒業後は、東京造形大学に進学します。

 

同大は学科試験こそさほど難しくないもの、実技試験が難しい伝統ある美術系大学として知られています。

 

同大ではデザイン学科に在籍して、映画を専攻しています。

 

大学1年生の時に所属バンドの黒猫チェルシーはメジャーデビューを果たし、自身も俳優として様々な作品に出演しています。

 

 

その後の活躍は周知のとおりで、ミュージシャンとしても俳優としても高い人気を誇っています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校・中学校

 



 

出身小学校:神戸市立唐櫃小学校(有力)

 

出身中学校:神戸市立唐櫃中学校(有力) 偏差値なし

 

渡辺大知さんの出身小学校は、神戸市北区にある唐櫃(からと)小学校が有力です。

 

出身は東京都ですが、本人によれば「神戸市の山奥」の唐櫃台という街で育っています。

 

家族の情報はまったくなく、兄弟姉妹なども不明です。

 

渡辺さんは小学校時代の自身についてはインタビューで次のように話しています。

 

「外で虫をとるか、家で本を読むか、そんな小学生でした。絵本作家とか、とにかくお話を作る人になりたくて、小さい頃から物語を書いていました」

 

父親が音楽好きで実家にはギターやバイオリン、アコーディオン、ピアノなどのたくさんの楽器があったことから、子供の頃から音楽や楽器に親しんでいます。

 

小学生時代はSMAPの大ファンでファンクラブにも入会していたほどです。

 

中学2年生の時の音楽の授業でギターを演奏したことがきっかけで、父親のギターを弾くようになって、ギターに熱中していきます。

 

やがて自分でも作詞や作曲をはじめています。

 

「それまで自分が書いていたお話をメロディに乗せられたらいいなぁと。そこから一人で作詞作曲みたいなことをはじめました」

 

そして中学3年生の時に憂歌団のライブ映像を見て衝撃を受けたとインタビューで明らかにしています。

 

「憂歌団というブルースバンドのライブ映像でした。それまでは好きな先輩のこととか、ラブソングばっかり作っていたんですけど、憂歌団のライブを見て『僕もこういうのがやりたい!』って。そのことを近所の散髪屋のおっちゃんに話したら、店の奥から大量のブルースのCDを出してきてくれて。エルモア・ジェイムス、B.B.キング、ビッグ・ジョー・ターナーとか。でも、そういう音楽を聴いている友達は学校にはいなかったので、しばらくは一人で聴いてましたね」

 

以上が渡辺大知さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

長らく黒猫チェルシーでのバンド活動と俳優業の二足の草鞋を履いていましたが、2018年6月にバンドは活動休止となっています。

 

俳優としては演技が好評で、数々の話題作のテレビドラマや映画に起用されています。

 

(2015年 まれ)

 

最近では映画監督としてもデビューしており、多方面でマルチに活動しています。

 

今後の動向にも注目が集まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ