志尊淳の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値や通信高校時代と経歴

 

志尊淳(しそん じゅん)

 

01

 

199535日生

身長178㎝ 体重57kg

 

東京都出身の俳優

DBOYSのメンバー

本名同じ

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2011年にワタナベエンターテインメントスクール(WES)を卒業し、D-2に加入。

 

 

同年のミュージカル「テニスの王子様」で俳優デビュー。

 

 

2012年の「D×TOWN」でドラマ初出演。

 

同年の「テニミュ映画祭」で映画初主演。

 

2014年の「烈車戦隊トッキュウジャー」に主演して注目される。

 

03

 

以降は「表参道高校合唱部!」や「59私に恋したお坊さん」などの出演を経て、2015年「ダマシバナシ」で連続ドラマ初出演。

 

 

映画でも「疾風ロンド」や「サバイバルファミリー」などの話題作に出演している。

 

 

2018年の朝ドラ「半分、青い。」に主要キャストとして起用された。

 

 

学歴~出身小学校・中学校

 

スポンサードリンク



 

出身小学校:不明

 

志尊淳さんの出身小学校は都内の小学校のようですが、校名などは不明です。

 

子供の頃からスポーツが得意で小学校の頃は野球と剣道をやっていました。

 

特に剣道では区大会で優勝するほどの腕前でした。

 

また小学校時代は手に負えないほどのいたずらっ子で、母親が毎日のように学校に呼び出されていたことを語っています。

 

当時は「好きな女の子にすぐちょっかいを出して、意地悪するタイプ」だったとのこと。

 

しかし当時の小川先生という方が「愛があって、毎日目を見てちゃんとしかってくれた」と恩師には感謝を感じています。

 

また小学校低学年の頃がいたずらがピークで、以降はだんだんと落ち着いていったとのこと。

 

(子供の頃)

 

出身中学校:聖学院中学校 偏差値51(普通)

 

志尊淳さんは小学校卒業後は、私立の男子校の聖学院中学校に進学しています。

 

同校は東京の北区にあるプロテスタント系のミッションスクールで、毎朝の礼拝や聖書を用いたキリスト教に基づく教育をおこなっています。

 

小学校の頃は剣道と野球をやっていた志尊さんでしたが、中学入学後は野球部に入部して、野球一本に絞っています。

 

またキャッチャーで4番を務めるなど、チームでは主力選手として活躍しています。

 

中学時代はピークで70㎏もありましたが、中学3年生で野球部を引退した頃から痩せようと思い立ち、走って食べない生活をしたら2か月で体重は52㎏まで落ちています(18㎏減)。

 

また中学時代は野球に力を入れていたせいか学校の成績は芳しくありませんでしたが、後に猛勉強して学年でもTOP10に入るほどになっています。

 

中学時代にも芸能事務所にスカウトされていますが、その時は自信がなかったことから芸能界入りはしていません。

 

(中学時代)

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 聖学院高校(中退)偏差値57(推定・中の上)  

※後に日出高校通信制(偏差値なし)に編入して卒業

 

 

志尊淳さんの出身校は、私立の男子校の聖学院高校です。

 

同校は完全中高一貫校で高校からの募集がないので、偏差値も推定になります。

 

前記のとおり志尊さんも系列の聖学院中学校(偏差値51)からの内部進学です。

 

高校では部活動をやらずに、芸能事務所に所属して並行してWESに通学して演技の基礎を学びはじめます。

 

そして高校2年生の時に舞台「テニスの王子様」でデビューしていますが、その際には「部活の代わりの習い事」といった感覚だったと話しています。

 

高校3年生の時にはテレビドラマや映画にも出演しはじめます。

 

そのため仕事でけっこう多忙な高校生活だったようで、最終的には同校を中退してしまっています。

 

ただし在学中は他校の女子にかなりモテており、バレンタインデーにもらったチョコレートのMAXは40個だったと話しています。

 

また聖学院高校中退後は日出高校の通信制に転校しており、川栄李奈さんと同級生になっています(卒業もしている)。

 

(高校時代)

 

 

【主な卒業生】

原田龍二(俳優)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

志尊淳さんは高校中退で日出高校の通信制に再入学しましたが、大学には進学していません。

 

とは言え19歳の時に出演した戦隊モノの「トッキュウジャー」に主演して知名度を上げると、人気の連続ドラマにレギュラーとして起用されます。

 

現在でもドラマや映画、舞台と幅広く俳優活動を展開して、期待の若手俳優に挙げられるほど人気も高まりました。

 

また演技力に定評があり、このところは性同一性障害やゲイなどの難しい役柄にも起用されて、見事な演技を披露しています。

 

年齢的にも伸びしろもありますし、さらに演技力を磨けば、俳優としても大ブレイクする可能性も秘めています。

 

今後の大きな飛躍にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ