竹内結子の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と学生時代

竹内結子(たけうち ゆうこ)

 

%e7%ab%b9%e5%86%85

 

198041日生

身長164cm

血液型はA型

 

埼玉県出身の女優

 

以下では竹内結子さんの学歴や経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴・プロフィールの詳細

 
1995年に原宿でスカウトされ芸能事務所入り。

1996年「新・木曜の怪談」で女優デビュー。 

1998年「リング」で映画初出演。 

1999年にNHKの朝ドラ「あすか」のオーディションに合格し、ヒロインに抜擢され人気も全国区に。  

2003年「星に願いを」で映画初主演。 

同年ヒロインとして出演した映画「黄泉がえり」が大ヒットし、数々の映画賞も受賞。 

2005年に主演した映画「いま、会いにゆきます」で共演した中村獅童と結婚し男児を出産するも、2008年に離婚。 

その後も主演作の連続ドラマ「ランチの女王」「不機嫌なジーン」「ストロベリーナイト」などの主演作がヒット。

2019年2月に俳優の中林大樹と再婚した。

 

学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:埼玉県 新座北高校(廃校) 偏差値43(容易)

 

 

竹内結子さんの母校は、県立の共学校だった新座北高校。

 

2008年に所沢東高校と統合されて、現在は新座柳瀬高校となっています。

 

竹内さんは中学3年生の時にスカウトされますが、当時は芸能界に興味がありませんでした。

 

結局姉に相談してやってみることにしましたが、思いのほか仕事が楽しく、高校時代には芸能界でやっていこうと決意します。

 

そのため竹内さんは高校時代は部活動などはおこなっていません。

 

高校1年生の時に堂本光一さん主演のテレビドラマ「新・木曜の怪談」で女優デビューし、高校時代は数々のテレビドラマや映画に出演していますが、ほとんどが端役での出演でした。

 

 

また高校3年生の時にジャパニーズホラーの金字塔である映画「リング」に出演して、貞子の最初の犠牲者となる高校生役を熱演しています。

 

(リング)

 

また高校時代はあまり勉強できなかったと語っています。

 

なお、同校在籍時には1学年下に俳優の黄川田将也さんがいました。

 

 

そして竹内結子さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

通学していた高校のレベルを考えても、当初から大学などに進学するつもりはなかったようです。

 

とは言え竹内さんは高校を卒業した年にNHKの朝ドラ「あすか」のヒロインに起用されて、女優として大ブレイクを果たしています。

 

 

 

その翌年には「ランチの女王」で月9ドラマに初主演して、人気を不動にしています。

 

 

以降の活躍は周知の通りで、数多くのテレビドラマや映画に主演する人気女優になっています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:埼玉県 浦和市立白幡中学校 偏差値なし

※現在はさいたま市立白幡中学校

 

 

竹内結子さんの出身中学校は、地元浦和市内の公立校の白幡中学校です。

 

ただし中学時代の竹内さんの情報はほとんど見当たりません。

 

そして中学3年生の卒業式後の春休みに原宿に遊びに行った際にスカウトされています。



 

学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:不明

 

竹内結子さんの出身小学校は、浦和市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば以下の2校のいずれかが有力です。

 

浦和市立岸町小学校

浦和市立別所小学校

※現在はいずれもさいたま市立

 

家族構成は両親と2人の姉の5人家族です(3人姉妹の末っ子)。

 

 

幼いころからスポーツが得意で、幼稚園時代から小学校高学年までは体操と新体操をおこなっていました。

 

また意外にも竹内さんは小学校時代に家出をしたことがあることをインタビューで明らかにしています。

 

「実はわたし、小学生の低学年のときに家出をしたことがあるんです。すぐにご近所の方に見つかってしまい、家出未遂に終わりましたけど」

 

なんでも漠然と自分はここにいてはいけないと思い立ち、荷物も持たずに家を飛び出したそうです。

 

しかし途中で心細くなって半泣きしながら歩いていたところを近所の人に保護されており、家では短時間に終わっています。

 

 

以上が竹内結子さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

NHKの朝ドラでブレイクして、人気全盛期には立て続けに話題作の連続ドラマや映画に主演として起用されています。

 

 

一時は恋愛ドラマの女王とも言われた竹内さんですが、出産、離婚を経験してすっかり大人の女優になりました。

 

連続ドラマの主演こそ減りましたが、SPドラマや映画では未だに主演作も多いですし、存在感も示しています。

 

演技の幅もかなり広がったようですし、今後の活躍も期待です。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ