山田裕貴の学歴|出身高校や大学の偏差値と高校時代

 

山田裕貴(やまだ ゆうき)

 

4

1990918日生

身長178

血液型はO型

愛知県出身の俳優

本名同じ

 

以下では山田裕貴さんの出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




経歴・プロフィールの詳細


2009年にワタナベエンターテインメントカレッジに入所。

2010年に若手俳優集団のD-BOYSに加入。

2011年の「海賊戦隊ゴーカイジャー」で俳優デビュー。

2012年のドラマ「GTO」に出演して注目される。

以降も「スターマン」や「Nのために」、「ホテルコンシェルジュ」などの話題作の連続ドラマに出演。

2014年の「ライヴ」で映画初主演を果たし、「ホットロード」や「ストロボ・エッジ」などの作品にも出演している。

2017年の「3人のパパ」で連続ドラマ初主演。

学歴~出身高校・大学の詳細

スポンサードリンク



 

出身高校:愛知県 東邦高校 偏差値52(普通)

 

山田裕貴さんの出身校は、私立の共学校の東邦高校です。

同校は部活動が盛んで、特に硬式野球部は甲子園で優勝経験もあるほど全国的な強豪校として知られています。

 

ちなみに2019年のセンバツ高校野球で同校が優勝した際には、山田さんは次のようにコメントしています。

 

「甲子園という舞台には特別な想いがあり平成元年の優勝に始まり平成最後を締めくくる優勝、自分の事のように感動しています」

山田さんは幼少期から野球をやっており、父親の和利さんの母校でもある同校に進学しました。

中学生の頃まではプロ野球選手が目標でしたが、同校在籍中に野球選手としての限界を悟り高校では野球をおこなわなかったことをインタビューで明らかにしています。

 

「野球の道は挫折し、東邦高校で野球をすることはありませんでしたが現東邦野球部のコーチでもある当時クラスメイトだった親友を甲子園に応援しに行った事をとても鮮明に覚えております」

ただし部活動はおこなっており、バレーボール部に所属しています。

 

(高校時代)

 

野球は断念してしまいましたが、有名になりたいという気持ちは強く、高校時代に俳優になろうと決意しました。

 

そのきっかけとなったのは父親だったとインタビューで話しています。

 

「父親が遠征から帰ってきて家族みんなでテレビや映画を観る時間がすごく好きで。父親がテレビに出ているのを観ながらカッコいいとも思っていました。だから、野球選手としてテレビに出ることはできないけれど、役者としてだったら出られるかもしれないと根拠のない思いつきが浮かんで…」

【主な卒業生】

奥田瑛二(俳優)

伊武雅刀(俳優)

 

そして山田裕貴さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、俳優を目指してワタナベエンターテインメントカレッジに入所します。

 

ただしその際には「漠然と大学に行きたくない」という気持ちがあったことを述べています。

同校は芸能プロダクションのワタナベエンターテインメントが経営する養成所で、俳優や声優、歌手やタレントを育成しています。

俳優の中村昌也さんや陳内将さんらも卒業生です。

山田さんは卒業後にD-BOYSに加入するという幸運にも恵まれて、順調に俳優としてのキャリアを重ねていきます。

 

ちなみにD-BOYSのオーディションの際には、地元の友達が協力してくれたことをインタビューで明らかにしています。

 

「上京するときに、地元の友だちには『絶対にテレビに出るような役者になるから!』って宣言して出てきたのに、落ちたら(地元に)帰らなければいけない。そういう僕の覚悟を知っているから、友人たちもみんな協力してくれて、投票してくれたんですよね。事前のファン投票で1位を獲得できたのは、地元の友人たちのおかげです」

 

そして21歳の時に戦隊モノの「海賊戦隊ゴーカイジャー」に起用されて知名度が上昇。

 

 

その翌年には「ボクらが恋愛できない理由」でテレビドラマ初主演。

 

 

以降は数々の話題作の連続ドラマや映画に出演しています。

 

スポンサードリンク



学歴~出身小学校・中学校の詳細



 

出身小学校:不明

 

出身中学校:名古屋市立若水中学校(有力) 偏差値なし

 

山田裕貴さんの出身小学校は、名古屋市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし有力とされる出身中学校の校区からは、以下の2校の可能性が考えられます。

 

名古屋市立高見小学校

名古屋市立春岡小学校

 

家族構成は両親と妹の4人家族です。

 

父親はプロ野球の中日ドラゴンズや広島カープで活躍した山田和利さんです。

 

 

父親の影響で山田さんも小学校の頃から、地元名古屋市内のリトルリーグに所属して硬式野球をはじめています。

 

「父親がプロ野球選手だったので、当たり前のように自分も野球選手になるものだと思っていました」

 

山田さんの出身中学校は名古屋市千種区内の公立校の若水中学校が有力です。

 

中学時代も名古屋市内のシニアリーグに在籍しており、中学校の野球部には所属していません。

 

中学時代もプロ野球選手を目指して野球に打ち込んでいましたが、前記の通り限界を感じて野球は中学校限りでやめてしまっています。

 

「どうしても野球では結果が出せなくて「プロ野球選手の息子なのに」と言われることも多く、コンプレックスを抱えていたんです」

小学校・中学校時代を通じて野球をやっていたので、当時は坊主頭でした。

 

以上が山田裕貴さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

俳優としては戦隊ものなどの出演を経て、話題の連続ドラマにレギュラーで起用されるほどになりました。

現在でも若手人気俳優のひとりとして数えられ、数々のドラマや映画にも出演しています。

 

(なつぞら・広瀬すずと)

このところはNHKの大河ドラマや朝ドラにも起用されるほどです。

 

演技には定評がありますが今後はさらに演技力を磨いていけば、俳優としても大成する可能性も秘めています。

大きな飛躍にも期待です。

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ