山田裕貴の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と高校時代や父親の画像

 

人気俳優の山田裕貴さんの出身校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。俳優になることを決意した高校時代や野球を断念した中学時代など学生時代のエピソードや情報、当時のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

山田裕貴(やまだ ゆうき)

 

4

 

1990918日生

身長178

血液型はO型

 

愛知県名古屋市出身の俳優

本名同じ

 

以下では山田裕貴さんの出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

山田裕貴の経歴

 

1990年(0歳):愛知県で生まれる

2009年(19歳):ワタナベエンターテインメントに入所

2009年(19歳):オーディションを経て「D-BOYS」に加入

2011年(21歳):戦隊モノ「海賊戦隊ゴーカイジャー」に起用

2012年(22歳):「ボクらが恋愛できない理由」でテレビドラマ初主演

2012年(22歳):「GreeeeN」の「愛し方へ」のプロモーションビデオに起用

2014年(24歳):「ライブ」にて映画初主演

2016年(26歳)舞台「宮本武蔵(完全版)」で舞台初主演

2017年(27歳):NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」に出演

2022年(32歳):エランドール新人賞を受賞

 

山田裕貴の学歴~出身高校(東邦高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:愛知県 東邦高校 偏差値52(普通)

 

 

 

山田裕貴さんの出身高校は、私立の共学校の東邦高校です。

 

この高校は1923年開校の私立高校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

特に硬式野球部は甲子園で優勝経験もあるほど全国的な強豪校です。

 

山田さんは幼少期から野球をやっており、父親の和利さんの母校でもある同校に進学しました。

 

(高校時代)

 

中学生の頃まではプロ野球選手が目標でしたが、野球選手としての限界を悟り高校では野球をおこなわなかったことをインタビューで明らかにしています。

 

「野球の道は挫折し、東邦高校で野球をすることはありませんでした」

 

ただし部活動はおこなっており、バレーボール部に所属しています。

 

 

また山田さんは意外にも高校時代は非常にシャイだったことをインタビューで話しています。

 

なおシャイだったのはそれまで野球に打ち込んでいて、女の子とどう接していいのかわからなかったそうで、高校時代にはじめて付き合った女の子とも手をつなぐのに4か月もかかったそうです。

 

(高校時代)

 

また山田さんは高校時代に初キスを経験していますが、それも自分からはできなかったことをバラエティ番組に出演した際に明らかにしています。

 

彼女から「誕生日プレゼントはなにがいい?」と聞かれた際に、「チューがいいです」と答えてしてもらったとのこと。

 

 

高校1年生の時に「プリンス」というあだ名がついており、当時のことについてはインタビューで次のように語っています。

 

「遠足でグループ分けしている時の感じがクラスの女子にプリンスみたいだねって言われて。」

 

クラスメイトと仲が良くなるうちに山田さんはプリンスではないと言われはじめて、その後は「プリン」や「プリプリ」など関係のないあだ名で呼ばれていたとのことです。

 

ちなみにインターネット上には高校時代は「ヤンキー説」もありますが、山田さんがヤンキーだった痕跡はありません。

 

さらに山田さんは高校時代にcoco壱番屋のカレーに出会って、大きな衝撃を受けています。

 

そのため高校時代に母親に家でカレーを作るのをやめるように言っています。

 

山田さんが高校3年生の時にはこの高校が甲子園に出場をしており、応援に行ったそうですが試合がはじまってもいないのに涙が止まらなかったといいます。

 

野球を辞めなかったら同じユニホームで一緒に戦っていたかもしれないという思いがありました。

 

そこで父親から「俺は野球をやれとは言っていない。ただ、お前がやると決めたことをなぜ最後まで続けなかったんだ」と言われています。

 

この時に山田さんは次にやることは最後までしっかりやり遂げようと決意しました。

 

山田さんは高校時代にテレビに映る父親をかっこいいと思っており、野球選手としては出られないけれど役者としてなら、テレビに出演できるかもしれないと思いました。

 

エンターテイメントの業界やテレビが好きだったことから、モデルやアーティスト、お笑い芸人になりたいとも考えていましたが、面白いわけでもなく、背が高いわけでもない、また歌がずば抜けて上手いわけでもないことから、俳優に行きついたのが高校3年生の終わりごろだったといいます。

 

 

【主な卒業生】

奥田瑛二(俳優)

伊武雅刀(俳優)

鬼頭明里(声優)

 

そして山田裕貴さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、俳優を目指してワタナベエンターテインメントカレッジに入所します。

 

当初は大学に進学して心理学を学ぶことを検討しましたが、方向転換をしています。

 

当時の山田さんはファーストフードや居酒屋でアルバイトをしながら演技を学んだり、エキストラとして作品に出演しています。

 

また当時はくじけそうになったことをインタビューで明らかにしています。

 

山田さんは卒業後にD-BOYSに加入するという幸運にも恵まれて、順調に俳優としてのキャリアを重ねていきます。

 

そして21歳の時に戦隊モノの「海賊戦隊ゴーカイジャー」に起用されて知名度が上昇。

 

 

「ゴーカイジャー」の貴重な映像がありましたので、ご紹介いたします。

 

 

その翌年には「ボクらが恋愛できない理由」でテレビドラマ初主演。

 

同じ頃には人気アーティスト「GreeeeN」の「愛し君へ」のプロモーションビデオにも起用されています。

 

 

また24歳だった2014年には「ライブ」で映画にはじめて主演しています。

 

 

以降は数々の話題作の連続ドラマや映画に出演しています。

 

スポンサードリンク

 

山田裕貴の学歴~出身中学校(名古屋市立若水中学校)の詳細

 

出身中学校:愛知県 名古屋市立若水中学校 偏差値なし

 

 

 

山田さんの出身中学校は、名古屋市千種区内の公立校の若水中学校です。

 

中学時代は名古屋市内のシニアリーグ「名古屋北シニア」に在籍しており、硬式野球に打ち込んでいました。

 

なお中学校の野球部には所属していません。

 

 

ちなみに所属していたチームは全国大会の常連という強豪チームでした。

 

山田さんは当時のポジションはピッチャーでしたが、このチームではレギュラーになれませんでした。

 

また足は速かったのですが、非力で打力が弱かったこともレギュラーになれなかった理由だったようです。

 

 

中学時代もプロ野球選手を目指して野球に打ち込んでいましたが、前記の通り限界を感じて野球は中学校限りでやめてしまっています。

 

山田さんの周囲には化け物みたいな選手がたくさんおり、野球のセンスや体格差を目の当たりにしてその時にアンフェアなものを感じてしまったとのことです。

 

中にはりんごを握りつぶしてしまうような人もいました。

 

当時の心境についてインタビューでは次のように語っています。

 

「父親がプロ野球選手なのに、僕はなれないかもしれない。男として負けだと思ってしまった。」

 

また野球をやっていた頃は丸坊主だったこともあり、バレンタインには義理チョコを含めても0個でした。

 

しかしチームを卒業後、髪の毛を伸びてくるとチョコレートをもらうことができたそうです。

 

この時に「外見で人を判断しない」と決意したことを自身のツイッターで投稿していました。

 

加えて中学時代に同じ女子に5回ほど告白をして、ようやく付き合うことができたそうです。

 

【主な卒業生】

池田貴族(ミュージシャン)

 

スポンサードリンク

 

山田裕貴の学歴~出身小学校(名古屋市立高見小学校)の詳細

 



 

出身小学校:愛知県 名古屋市立高見小学校

 

 

 

山田裕貴さんの出身小学校は、名古屋市内の公立校の高見小学校です。

 

家族構成は両親と妹の4人家族です。

 

 

父親はプロ野球の中日ドラゴンズや広島カープで活躍した山田和利さんです。

 

ちなみにお父さんも若い頃はイケメンでした。

 

父親の影響で山田さんも小学校の頃から、地元名古屋市内のリトルリーグに所属して硬式野球をはじめています。

 

「父親がプロ野球選手だったので、当たり前のように自分も野球選手になるものだと思っていました」

 

小学校時代にはリトルリーグの全国大会にも出場したことがありました。

 

また家族全員がテレビドラマや映画が好きだったことから、子供の頃から芸能界に興味があったそうです。

 

なお小学校時代の山田さんは非常にやんちゃで、「小さい頃から悪童として知られていた」と自身について述べています。

 

さらに小学校時代には恐竜と天体が大好きで、野球の練習から家に帰ると「宇宙の仕組みはどうなっているんだろう」とか「宇宙人が目の前に現れたらどうしよう」などということを想像して胸をドキドキさせていたとインタビューで話しています。

 

また当時はプラネタリウムが大好きで夜になると星空をずっと眺めていたことから、「魂」や「宿命」といった精神世界についても興味を持ったとも語っています。

 

 

以上が山田裕貴さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

俳優としては戦隊ものなどの出演を経て、話題の連続ドラマにレギュラーで起用されるほどになりました。

 

現在でも若手人気俳優のひとりとして数えられ、数々のドラマや映画にも出演しています。

 

(なつぞら・広瀬すずと)

 

このところはNHKの大河ドラマや朝ドラにも起用されるほどです。

 

また映画ではたびたび個性的な役どころが話題になっています。

 

演技には定評がありますが今後はさらに演技力を磨いていけば、俳優としても大成する可能性も秘めています。

 

大きな飛躍にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ