千葉雄大の学歴|大学高校や中学校の偏差値と学生時代

人気俳優の千葉雄大さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。ファッションモデルから人気俳優へと駆け上がっていった大学時代や意外にも不完全燃焼だった高校時代など、学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

千葉雄大(ちば ゆうだい)

 

%e5%8d%83%e8%91%89%e9%9b%84%e5%a4%a7

 

198939日生

身長173

血液型はO型

 

宮城県多賀城市出身の俳優

本名同じ

 

以下では千葉雄大さんの学歴と経歴、高校・大学の偏差値や高校時代、大学時代のエピソードや画像などをご紹介していきます。




 

経歴/プロフィールの詳細

 

2007年にオーディションに合格し、本格的にモデルとして活動をはじめる。 

2009年に天装戦隊ゴセイジャーのオーディションに合格し、主役の座を射止める。  

その後、「桜蘭高校ホスト部」などの出演を経て、2012年の「白戸修の事件簿」で連続ドラマ初主演。 

その後も「SUMMER NUDE」や「水球ヤンキース」などの話題作に出演し、知名度を上げていく。 

2015年の「Mr.マックスマン」で映画初主演。 

俳優業の他にも、バラエティ番組「バイキング」のレギュラーを務めたこともある。

2018年7月に「高校生クイズ」の初代パーソナリティに就任した。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:玉川大学 リベラルアーツ学部(中退) 偏差値50(普通)

 

 

千葉雄大さんは高校卒業後は、玉川大学に進学します。

 

第1志望は映画製作を学べる大学でしたが、受験に失敗し同大に進学したことをインタビューで明らかにしています。

 

「映画が好きでしたので、映画制作のノウハウなどを学べる大学を第一志望にして、最終的には玉川大学に進学することになりました。入学した学部は、もともと目指していた分野とは異なるものの、理系・文系を問わない内容の勉強ができるところで、とても楽しかったですね。文学研究やデザイン、プログラミングなど幅広い分野の授業を受けることができました」

 

千葉さんが在籍したリベラルアーツ学部は、専門分野を幅広く学び、人材育成をするというユニークな学部です。

 

千葉さんは高校の授業にいまひとつ物足りなさを感じていたことから、理系や文系を問わずに幅広い授業を受けることができるこの大学の授業は楽しかったと語っています。

 

大学時代は「非常に充実していた」と語っておりバンドを組んだり、サークルに入ったり、アルバイトをしたりと学生時代をおう歌していたようです。

 

ちなみにアルバイトは町田市内のスターバックスでおこなっています。

 

高校時代に憧れていた下北沢でも遊んでいます。

 

もともとモデルなどを目指していたわけでなく、行きつけの美容院のカットモデルをしたところ、ヘアカタログ誌に載ってファッション誌の担当者にスカウトされて専属モデルになっています。

 

「行きつけの美容院で、カットモデルをしないかと誘われたことがきっかけとなりました。無料でカットしてもらえるくらいの軽い気持ちで引き受けたのですが、ヘアカタログ誌に載り、ファッション誌向けのスナップ写真を撮ってもらい、と流れに逆らわずにいたら、いつの間にかファッション誌の専属モデルになってしまっていたんです」

 

(ヘアカタログに掲載された画像・髪型は坊主だった)

 

千葉さんの大学時代の映像がこちらです。

 

 

そのため大学1年生の時に男性ファッション誌「CHOKi CHOKi」の専属モデルとなっています。

 

 

さらにこの雑誌で千葉さんを見た現在の所属事務所のスタッフにスカウトされて、芸能事務所入りをしています。

 

そして21歳で俳優デビューしていきなり戦隊ものの「天装戦隊ゴセイジャー」の主役に抜擢されます。

 

 

このテレビドラマの役柄はオーディションで勝ち抜てつかみ取ったものですが、千葉さんはインタビューでは次のように話しています。

 

「”絶対に受からないだろう”と思っていましたが、最終オーディション近くまで残れた時点で、”絶対に受かりたい”と思い始めました」

 

そのため俳優活動に専念するために、同大を中退しています。

 

「当時、学業との両立を考えてはいましたし、卒業はするつもりだったのですが、結果として「天装戦隊ゴセイジャー」のオーディションに合格した時点で残念ながら中退することになりました」

 

当時は学業と芸能活動の両立を志して同大も卒業しようと思っていたので、大学の中退は非常に悩んだようです。

 

しかし大学の先生から「多くの学生が自分のやりたいことを見つけに大学に来ている。キミはそれが見つかったんだから大学を辞めてもいいんじゃないか」という言葉をもらい、それが後押しになって大学の中退を決意したと語っています。

 

ただし「ゴセイジャー」に出演した際には演技未経験だったことから、かなりの苦労をしています。

 

「僕の場合、演技や発声のレッスンなどの下積みなしにいきなり現場に入ることになったため、できないことばかりで、撮影現場ではいろいろと注意されたり、厳しい言葉をかけられたりと、まるで体育会系の環境で育てられることになったように思います」

 

それでも千葉さんは以前からきつく言われたほうがやる気が出るタイプだったことから、この役柄を演じきっています。

 

また「ゴセイジャー」で注目を集めたことから、22歳の頃には連続ドラマ「桜蘭高校ホスト部」の主要キャストにも起用されていています。

 

 

ちなみにこのドラマには千葉さんは生徒役として出演していますが、他の生徒役には土屋太鳳さんや杉咲花さん、清野菜名さんや川口春奈さんなど、後に人気俳優・女優となるメンバーが出演していました。

 

さらにその翌年には連続ドラマ「白戸修の事件簿」の主演に抜擢されています。

 

 

このように千葉さんは大学時代にファッションモデルとしてデビューをしましたが、わずか数年で若手人気俳優の仲間入りを果たしています。

 

なお流ちょうな英語で知られる千葉さんですが海外への留学経験はなく、学生時代に好きな海外の映画を最初は字幕ありで見た後に、字幕なしで見ることで英語力を独学で磨いています。

 

 

また高校時代まで彼女がいなかった千葉さんですが、大学時代に自ら告白してはじめて彼女ができています。

 

ただし大学を中退して芸能活動が忙しくなると、会う機会も激減してしまったことから自然消滅してしまったとのこと。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:宮城県 仙台第三高校 偏差値66(難関)

 

 

千葉雄大さんの出身校は、県立の男子校の仙台第三高校。

 

現在は共学校となっていますが、千葉さんが在籍した当時は男子校でした(2009年度より共学化)。

 

同校は宮城県内でも屈指の進学校として知られ、多くの卒業生が難関大学に進学します。

 

ちなみに2019年度の同校の主な進路実績は次の通りです(浪人生含む)

 

東北大学:37名

北海道大学:3名

一橋大学:1名

京都大学:3名

神戸大学:2名

 

慶応義塾大学:3名

早稲田大学:5名

 

千葉さんも高校時代は英語が得意だったようで、かなりの学力を有していました。

 

同校へは一般受験での入学ではなく、成績優秀による推薦入学での進学です。

 

 

高校では部活動はおこなっておらず、当時は自分が何をすべきなのか、何をしたいのかまるで見えなくて悩んでいたとインタビューで語っています。

 

「時折、無理に学校に通うこともないという思いが頭をよぎったりもしましたが、辞めたとしても何かやりたいことがあるわけでもなく……。その意味では、勉強にも、部活動にも打ち込むことができずに悶々としていました」

 

また男子校であったことから高校時代は女子とは無縁で、彼女などはもちろんのこと片想いの経験すらなかったそうです。

 

「僕は男子校だったのでそんな経験はないですけど(笑)。僕に関して言えば、学生の時ってこういう男子と女子の関係みたいなのは無縁の生活だった」

 

当時は洋楽が好きで、ライブなどにはちょくちょく行っていました。

 

中学時代の猛勉強の反動で、高校時代はあまり勉強をしなくなりましたが、映画「CHICAGO」を観て感動し、将来は映画関係の仕事をするために再び勉強するようになったそうです。

 

なお千葉さんは実は高校時代には既に地元でモデルとして芸能活動をしていました。

 

そのため高校の学園祭などにも参加できませんでした。

 

また以前の小学館の雑誌のインタビューでは「絵にかいたような青春時代は過ごしていないので、もし10代に戻れるならそういったことを体験してみたい」と語っています。

 

千葉さんの高校時代に関してのインタビューを見る限り、あまり充実してはいなかったようですね。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:宮城県 多賀城市立高崎中学校 偏差値なし

 

 

千葉雄大さんの出身中学校は、地元多賀城市内の公立校の高崎中学校です。

 

中学校では軟式的テニス部に所属しており、副部長を務めています。

 

 

千葉さんは非常に熱心に部活動に取り組んでおり、当時は真っ黒に日焼けしていたとインタビューで語っています。

 

「中学時代はソフトテニス部で活動していました。夏休みなどもずっと練習をしていたため、真っ黒に日焼けしていましたね。部活動にはかなり打ち込んでいて、副部長を任されたりもしていたんですよ」

 

中学生の頃は性格も真面目で、学校の成績は非常に優秀でした。

 

千葉さん自身も中学時代は塾に通って猛勉強していたと語っています。

 

 

ただし当時の千葉さんは引っ込み思案で女子ともあまり話せなかったことから、中学校時代もあまりモテませんでした。

 

【主な卒業生】

平沢大河(プロ野球・ロッテ)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 


 

出身小学校:多賀市立城南小学校

 

 

千葉雄大さんの出身小学校は、地元多賀城市の公立校です。

 

家族構成は両親と3歳年下の弟の4人家族です。

 

 

母親が教育熱心だったことから、子供の頃からピアノや水泳などの習い事をしています。

 

 

当時は家でゲームをするよりも外で遊ぶほうが好きで、友人とドッジボールなどをしていました。

 

また母親が勉強にも厳しかったことから当時から熱心に学業に打ち込んでおり、小学校時代も成績は優秀でした。

 

小学生時代は学級委員を務めるような模範的な生徒でした。

 

以上が千葉雄大さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

その後は順調にキャリアを重ね、話題の連続ドラマや映画に主要キャストとして起用されています。

 

(帝一の國・左から志尊淳、竹内涼真、菅田将暉、野村周平、間宮祥太朗、千葉雄大)

 

安定した演技力が光る千葉さんですが、今後のさらなる飛躍が期待されます。

 

スポンサードリンク





 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ