井岡一翔の学歴と経歴|出身高校と大学の偏差値

井岡一翔

 

井岡一翔

 

1989年3月24日生

身長165㎝

 

大阪府出身のプロボクサー。

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

中学1年生の時から本格的にボクシングをはじめる。

 

高校2年生で選抜大会、インターハイ、国体の高校三冠を達成。

 

当初は北京オリンピックを目指していたが、2009年1月に

プロライセンスを取得してプロ転向。

 

2011年2月にプロ入りからわずか8戦目で、WBC世界ミニマム級の王座に就く。

 

その後3度防衛するも、2012年12月にライトフライ級に転向し、

WBAの同級の王座を獲得。

 

2014年5月にフライ級に転向しIBFのタイトルマッチに臨むが、

プロ15戦目にして判定で初黒星を喫する。

 

2015年4月にWBAフライ級の王座を獲得して、世界最速で3階級制覇を成し遂げる。

 

私生活では2016年7月にタレントの谷村奈南と婚約した。

 

叔父は2階級制覇の元世界チャンピオンの井岡弘樹。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 興国高校 偏差値43(容易)

 

井岡一翔さんの出身校は私立の共学校の興国高校。

 

特にボクシングの名門校と知られ、多くのボクサーを輩出しています。

 

また部活動も盛んで、かつては野球部も甲子園で優勝しており、

プロ野球選手になった卒業生も多くいます。

 

井岡さんは叔父である元世界チャンピオンの弘樹さんの影響で

中学1年生の時にボクシングをはじめますが、その後メキメキと上達し、

中学生の時には既にボクシングでは有名でした。

 

さらなるステップアップを図るために、名門の興国高校に進学しました。

 

井岡さんの活躍もあって、同校のボクシング部は2005年の高校総体で

団体優勝を果たします。

 

また自身も高校三冠を達成し、高校時代にはボクシング界では既に

有名人となっていました。

 

など同校の練習はかなり厳しいことでも知られており、

井岡さんも高校時代には既にボクシング漬けの毎日だったようです。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:東京農業大学(中退) 国際食糧情報学部 偏差値50(普通)

 

井岡一翔さんは高校卒業後、東京農業大学へ進学しますが、

同大のボクシング部も大学ボクシング界の名門。

 

大学進学もボクシングのためで、北京オリンピックの金メダルを

目指すことになります。

 

大学時代 井岡

(大学時代)

 

しかし当確と思われたオリンピックの出場も、大学1年生の時の全日本選手権の決勝で

僅差で敗れて逃すことになります。

 

オリンピックという目標を失った井岡さんは、同大の2年生の時に中退し、

プロ転向をしました。

 

その後の活躍は周知のとおりで、世界最速での3階級制覇という偉業も成し遂げました。

 

現在日本のボクシング界を代表するチャンピオンのひとりの井岡さんですが、

どこまで強くなるか楽しみです。

 

スポンサードリンク



 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ