吉居大和の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|弟もイケメンだった

 

陸上選手の吉居大和さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。イケメンで次世代の大物候補と呼ばれている吉居さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

吉居大和(よしい やまと)

 

 

2002年2月14日生

身長168㎝、体重48㎏

血液型はB型

 

愛知県田原市出身の陸上選手

 

以下では吉居大和さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介します




 

吉居大和の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:中央大学 法学部法律学科 偏差値65(難関)

 

 

 

吉居大和さんは高校卒業後、私立大の中央大学に進学しています。

 

なお一般受験での進学ではなく、陸上のスポーツ推薦での進学です。

 

吉居さんは「世界で戦えるランナーになりたい」と思ったことから、元世界選手権代表の藤原正和監督が在籍するこの大学に進学しています。

 

2020年7月に開催されたホクレン・ディスタンスチャレンジ千歳大会の5000mで13分28秒31を記録して(全体6位・日本人3位)、U20の日本記録を15年ぶりに更新しました。

 

 

ちなみに吉居さんの高校時代の5000mのベストは13分55秒10だったことから、大学進学後わずか4ヶ月で自己ベストを27秒も更新しています。

 

この際には吉居さんはインタビューで次のように話しています。

 

「高校生の頃から13分45秒は出せる感覚があったんです。学内タイムトライアルを13分42秒で走ることができて、(イメージ通りに)ちゃんと力がついていると感じました。でも、13分28秒までタイムを短縮することができたのは、うまくいき過ぎている部分もありますね」

 

同年9月に開催された日本インカレでは大学1年生でありながら、見事に優勝を果たしています。

 

 

同年12月には第104回日本陸上競技選手権大会の長距離種目5000mで初出場にも関わらず、自身の持っている日本記録を更新し3位を受賞しました。

 

吉居さんの大学での目標は箱根駅伝で優勝して学生で一番速く、強い選手になることだそうです。

 

スポンサードリンク

 

吉居大和の学歴~出身高校の詳細・弟もイケメンだった!

 

出身高校:宮城県 仙台育英学園高校 フレックスコース 偏差値38(かなり容易)

 

 

 

吉居大和さんの出身高校は私立の共学校の仙台育英学園高校です。

 

この高校は一般的には仙台育英高校と呼ばれていますが、部活動が盛んで陸上部や硬式野球部、サッカー部などが全国的な強豪として知られています。

 

また同校は以下の6つのコースを設置していますが、吉居さんはスポーツコースにあたるフレックスコースに在籍しています。

 

特別進学:偏差値58

外国語:偏差値50

英進進学:偏差値44

情報科学:偏差値44

フレックス:偏差値38

技能開発:偏差値38

 

吉居さんは愛知県田原市出身ですが、越境入学をしてこの高校に進学しています。

 

そのため高校3年間は親元を離れて、寮生活をおくっています。

 

吉居さんはこの高校で陸上部に在籍しており、長距離走に励んでいます。

 

ちなみにこの高校の陸上部は特に長距離走で実績があり、高校駅伝の常連校です。

 

また服部弾馬・勇馬さんやジェームス・ワイナイナさんらも陸上部のOBです。

 

高校3年生の時には2歳年下の弟の駿恭(しゅんすけ)さんも陸上部に在籍していました。

 

 

吉居さんの弟は「プライベートではとっても優しいけど、競技となると別!兄は自分の目標であり、追い越したい」とインタビューで話しています。

 

また東北高校駅伝では兄弟そろってリレーに参加しています。

 

ちなみに実は吉居さんには大耀さんという双子の弟もいて、中京大学に進学して陸上競技をおこなっています。

 

吉居さんは高校1年生だった2017年に宮城県高校総体の1500mで2位という成績を残しており、同年10月の宮城県高校駅伝では区間賞も受賞しました。

 

 

ただ高校1年生の夏に左大腿骨頸部を骨折し、高校2年生の時には右膝脛骨の疲労骨折を経験したため思うように練習ができなかったようです。

 

高校2年生の冬には歩けないほどの痛みがありました。

 

しかし高校3年生の時のインターハイの5000mで3位に入賞し、「日本人トップは目標にしていた。去年はけがで欠場してしまった借りを返せてうれしい」とコメントを残しました。

 

 

そして同年に開催された宮城県選手権では優勝を勝ち取っています。

 

吉居さんは高校時代を振り返った時に、高校3年生の春ごろから身体が変わりはじめた実感があったようです。

 

そのためこの頃から「筋肉がついたね」とよく言われるようになったようで、脚も太くなり骨折などの故障もなくなりラストのスピードが出るようになったと話しています。

 

【主な卒業生】

高橋ジョージ(歌手・中退)

尾形貴弘(お笑い・パンサー)

 

スポンサードリンク

 

吉居大和の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:愛知県 田原市立東部中学校 偏差値なし

 

 

 

吉居大和さんの出身中学校は、地元田原市内の公立校の東部中学校です。

 

中学時代も陸上部に在籍して、長距離走をおこなっていました。

 

また田原市内にはトヨタ自動車陸上部の練習拠点があることから、毎週土曜日は同じ練習場で練習をおこなっていました。

 

その際のことについては次のようにインタビューで話しています。

 

「中学時代、毎週土曜日はトヨタさんと同じ競技場で練習していた。トップランナーの走りを間近で見て、いいイメージを持てたことはプラスになっています」

 

(左は弟の駿恭さん)

 

吉居さんは中学1年生の時に全中通信東三河大会の1500mで2位、愛知県中学駅伝3kmで3位の成績を残しました。

 

中学2年生の時に東三河中学駅伝と愛知県中学駅伝でそれぞれ区間賞を受賞しています。

 

そして中学3年生の時にはジュニアオリンピック3000mで決勝まで進出しており、自己ベストを更新しています。

 

ちなみにジュニアオリンピックには弟の駿恭さんも1年生ながらに出場しています。

 

吉居大和の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:愛知県 田原市立大草小学校

 

 

 

吉居大和さんの出身小学校は公立の田原市立大草小学校です。

 

家族構成は両親と双子の弟、弟の5人家族です。

 

吉居さんの父親はトヨタ自動車陸上長距離部に在籍していた元陸上選手の吉居誠さんです。

 

母親も元陸上部で全国高校総体に出場経験があり、トヨタ自動車陸上部でも活躍していました。

 

吉居さんは小学3年生の頃から陸上をはじめており、小学5年生で「田原市陸上クラブ」に加入してからは本格的に練習に励みました。

 

そして小学6年生の時に弟と共に第38回新城マラソンに出場し3位となっています。

 

この時に弟は4位でした。

 

以上が吉居大和さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

高校時代は世代トップレベルの実力者でしたが、大学進学後も順調にランナーとして進化を遂げています。

 

 

在籍する中央大学は箱根駅伝などで最多優勝記録を持つ名門ですが、このところは優勝から遠ざかっており、たびたびシード落ちも経験するほどです。

 

そんな名門の救世主になりそうな吉居さんですが、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ