真壁刀義の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|若い頃からスイーツ好きだった

 

人気プロレスラーの真壁刀義さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。実は真壁さんは高校時代まではまったく勉強ができませんでしたが、浪人時代に勉強の仕方を教わったことから大学に進学しています。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

真壁刀義(まかべ とうぎ)

 

 

1972年9月29日生

身長181㎝、体重110㎏

血液型はB型

 

神奈川県相模原市出身のプロレスラー

本名及び旧リングネームは真壁伸也(まかべ しんや)

 

以下では真壁刀義さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

真壁刀義の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:帝京大学 学部不明 偏差値35~53(医学部除く)

 

 

 

真壁刀義さんは高校卒業後は、帝京大学に進学しています。

 

現役での合格ではなく、1年間の浪人生活を経ての進学です。

 

詳細は後述しますが真壁さんは大学受験に失敗して浪人したわけではありませんでした。

 

高校は当時地域の底辺校に通学していたことから勉強ができずに、予備校でしっかりと勉強をし直すために浪人をしました。

 

そのためこの大学には一発合格をしています。

 

なお大学で在籍した学部や専攻した学科などは不明です。

 

また大学時代は学生プロレスサークルに在籍しており、「プリン真壁」というリングネームで学生プロレスで活躍していました。

 

 

「プリン真壁」というリングネームは真壁さんが当時からスイーツ好きなことから、名付けたそうです。

 

このサークルの後輩にはDDTプロレスリングのHARASHIMAさんやAV男優のミートボール吉野さんがいました。

 

真壁さんは中学時代より柔道をやっており、大学在学中に二段を取得しています。

 

また当初の真壁さんの将来の夢は警察官になることでした。

 

しかし大学3年生の時に将来プロレスラーになりたいと本気で思ったそうで、周囲の人が就活で忙しい時に体育館の横でスクワットをしていたそうです。

 

両親には予備校に行って大学を出てまで、「プロレスラーになりたい」とは言いにくいとは思いながらもはっきり言ったそうです。

 

父親は「1年だけ頑張ってみろ」と言ってくれたそうで、新日本プロレスの入門テストを受けたところ360人中の2人に選ばれ合格しました。

 

そして大学卒業後の1996年4月に新日本プロレスへ入門しています。

 

 

しかしデビュー当初から長い間芽が出ることがなく、きつい日々が続いたようで真壁さんはインタビューで次のように話しています。

 

「20年のうち、最初の10年は地獄だったよ。長い長い地獄の日々だった。そこを抜けた、後半の10年は死に物狂いやったから、あっという間だったね。」

 

 

31歳だった2003年に高山善廣さんとのタッグで頭角を現すと、以降は人気レスラーになっています。

 

 

現在はプロレス以外にもバラエティ番組や俳優として活躍していますが、バラエティ番組に出演する際にも真壁さんはキャラづくりとして鎖を付けています。

 

意外にも真壁さんは金属アレルギーのため鎖を付けていると痒くなるそうで、現在では鎖をシリコンでコーティングしているそうです。

 

また大のスイーツ好きで、このところは「スイーツ真壁」としてバラエティ番組への出演が増えています。

 

 

そのためタレントとしても人気者となっています。

 

スポンサードリンク

 

真壁刀義の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:神奈川県 城山高校 偏差値43(容易)

 

 

 

真壁刀義さんの出身高校は、県立の共学校の城山高校です。

 

この高校は1975年開校の公立校で、サッカー部が県内では強豪として知られています。

 

高校時代は柔道部に在籍していました。

 

現在では偏差値も上がっていますが真壁さんがこの高校に通っていたころは、この地区でもっともレベルが低い高校で、逆に兄はもっともレベルの高い学校に通っていたそうです。

 

兄は大学進学しましたが、親も担任の先生も真壁さんは進学ではなく就職をすると思っていたようで、その時に「ふざけんなよ」と火が付いて大学進学をしようと思ったそうです。

 

しかし今の成績では大学に受からないことは分かっていたため、高校卒業後は1年間予備校に通い勉強をし直しました。

 

そして浪人時代に恥をしのんで勉強ができる人に勉強のやり方を聞いたことから、大学に合格できたとインタビューで話しています。

 

「高校時代まともに勉強してなかったから予備校で頭のいいヤツに聞いたの。『恥ずかしいんだけど勉強ってどうやればいいの?』って。そうしたら、そいつが『英語なら単語が分からなければ、辞書で調べろ。ただし、教科書に書きこむな。覚えるまで何度でも辞書を引け』って教えてくれたんだ。自分で覚えるまで徹底的に調べろ、ラクするなってね。その言葉通り、最初はぺったんこだった英和辞書が受験までには使いすぎてページがボロボロになって膨らんでたからね。おかげで大学は一発合格」

 

【主な卒業生】

佐々木翔(Jリーガー・サンフレッチェ広島)

 

スポンサードリンク

 

真壁刀義の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:神奈川県 相模原市立旭中学校 偏差値なし

 

 

 

真壁刀義さんの出身中学校は、地元神奈川県相模原市内の公立校の旭中学校です。

 

中学時代も柔道部に在籍していました。

 

真壁さんが中学・高校時代に柔道をやっていた理由はレスラーみたいに強くなりたいと思ったからだそうです。

 

中学時代も勉強はできなかったそうですが、意外にも絵を描くのが好きで得意科目は美術でした。

 

ちなみに当時から女子にモテたい気持ちがあったそうですが、男兄弟だったことから女子との接し方がわからなかったとコメントしています。

 

【主な卒業生】

冨永愛(ファッションモデル)

 

真壁刀義の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

真壁刀義さんの出身小学校は地元相模原市内の公立校のようですが、校名などの詳細は不明です。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

父親は国鉄職員として働いており、学生時代は柔道をやっていたそうです。

 

意外にも真壁さんは子供の頃はシャイな性格でした。

 

また当時からプロレスが大好きでした。

 

当時はアントニオ猪木さんや長州力さん、タイガーマスクさんなどのスターレスラーが活躍していたそうで憧れを抱いていたようです。

 

また小学生のころから甘いものが好きだったそうです。

 

ただしケーキは誕生日かクリスマスにしか食べることができなかったため、大人になって自分でお金を稼ぐようになったらいっぱい食べようと思っていたとインタビューで話していました。

 

以上が真壁刀義さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

プロレスラーとしては遅咲きでしたが、30歳過ぎで人気レスラーになっています。

 

 

また「スイーツ真壁」として数々のバラエティ番組に出演して、お茶の間に親しまれています。

 

 

その他にも俳優や声優としても活動しており、マルチな活動を展開しています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ