武尊の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|ヤンキーだった学生時代

 

K‐1で3階級制覇を成し遂げたイケメンファイターの武尊さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。ヤンキーだった中学・高校時代など、学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

武尊(たける)

 

 

1991年7月29日生

身長168㎝

血液型はAB型

 

鳥取県米子市出身のキックボクサー

本名は世川武尊(せがわ たける)

 

以下では武尊さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

武尊の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:鳥取県 境港総合技術高校福祉科(中退) 偏差値42(容易)

 

 

武尊さんが中学卒業後に入学したのは、県立の共学校の境港総合技術高校です。

 

この高校は2003年に境港水産高校と境港工業高校、境高校家庭科学科を統合して誕生した高校で以下の5つの学科を設置していますが、武尊さんは福祉科に在籍しています。

 

海洋科:偏差値42

機械科:偏差値42

食品・ビジネス科:偏差値42

電気電子科:偏差値42

福祉科:偏差値42

 

武尊さんは子供好きで保育士になりたいと思っていたことから、保育士の資格を取得できる同校の福祉科に進学しています。

 

このあたりの経緯についてはインタビューで次のように話しています。

 

「昔から子供が好きで、小さい子と遊ぶのが大好きだったので、保育士になることも考えていたんです。中3の時点では、格闘技の世界に行くか保育士の道に進むかまだ決められなかったんで、ボクシング部があって保育士の資格もとれる高校に進学することにしました。ボクシングは、顔へのパンチがない空手だけをやってきた自分にとって必要な技術だったので」

 

また高校時代はボクシング部にも在籍していました。

 

ところが当時の武尊さんは素行が悪く、高校はわずか3ヶ月で退学になっています。

 

 

武尊さんは高校退学を機にキックボクシングをはじめて、17歳の時にタイに武者修行に行っています。

 

「1日8時間も練習するんですよ。寝泊まりはタイ人とザコ寝。お風呂もないし、僕みたいな下っ端は雨水を溜めた水がめの水を頭からかぶるしかなかった」

 

 

帰国後は高校生の総合格闘大会の「K‐1甲子園」を目指しましたが、出場資格が「現役の高校生」だったことから通信制の星槎国際高校(偏差値なし)に入学し直しています。

 

ただし「K‐1甲子園」は関西地区予選の2回戦で敗退し、全国大会には出場できませんでした。

 

 

以降は悔しさをバネにキックボクシングに精進しています。

 

また星槎国際高校は無事に卒業していますが、大学などには進学していません。

 

そして武尊さんは2015年に「K-1 WORLD GP」の王座を獲得。

 

 

以降はこのタイトルを3階級制覇して、那須川天心さんと並ぶほどの国内でも有数のキックボクサーとなっています。

 

スポンサードリンク

 

武尊の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:鳥取県 米子市立弓ヶ浜中学校 偏差値なし

 

 

武尊さんの出身中学校は、地元米子市内の公立校の弓ヶ浜中学校です。

 

後述するように武尊さんは子供の頃から空手を習っており、中学時代の3年間も空手に打ち込んでいます。

 

その反面、中学時代に素行が悪くなり、髪を染めてピアスの穴も開けています。

 

「田舎って不良がモテるんですよ。悪いことをすればカッコいい。だから、バンドとかカッコいいと思われることを全部やりました。実際、そこそこモテてたと思います(笑)。」

 

ただしそれでも空手だけは真面目に取り組んでいました。

 

また中学時代はバンドも組んでおり、ギターを担当しています。

 

なお当時の武尊さんはアンディ・フグに憧れていたことから中学卒業後に高校に進学しないで総合格闘家を目指そうとも思いましたが、最終的には保育士の資格を取得するために高校に進学しています。

 

【主な卒業生】

山本舞香(女優)

松本若菜(女優)

 

武尊の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:鳥取県 米子市立弓ヶ浜小学校

 

 

武尊さんの出身小学校は、地元米子市内の公立校の弓ヶ浜小学校です。

 

家族構成は両親と弟、妹の5人家族です。

 

「たける」という名前は「ヤマトタケルノミコト」にちなんで父親が命名しています。

 

武尊さんは子供の頃から目立ちたがり屋で、小学校2年生の時にテレビで見たK‐1ファイターのアンディ・フグ選手に憧れて空手をはじめています。

 

 

ただし当時通っていた空手道場ではいつも「ボコボコにされた」とインタビューで話しています。

 

「組み手で、僕が唸るくらい先生が倒しにかかってくるんです。僕が倒れても上から容赦なく踏み潰してきて。僕、その時小2ですよ(笑)。踏まれながら、わんわん泣いてましたね。でも、僕は絶対『参った』って言わなかったんです。悔しかったから言いたくなくて。だから結局、いつもみんなからボコボコにされてました(笑)」

 

以上が武尊さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

K‐1では3階級制覇という離れ業を成し遂げて、カリスマ的な選手となっています。

 

 

同じくカリスマファイターの那須川天心さんとの夢のカードの実現も噂されています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ