みやぞんの学歴|高校中学校や大学の偏差値と高校時代や経歴

みやぞん

 

みやぞん

 

1985425日生

身長172

血液型はA型

 

東京都出身のお笑い芸人

ANZEN漫才のメンバー

本名は宮園大耕(みやぞの だいこう)

 

以下ではみやぞんさんの学歴や経歴、出身中学校・高校の偏差値、小学校時代・中学校時代・高校時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

5人きょうだいの末っ子で、姉が4人いる。

 

2004年から幼なじみのあらぽん(荒木祐)とアマチュアのコンビを組んで活動。

 

2009年から浅井企画所属のプロとして活動し、コントやモノマネ、歌ネタなどで活動。

 

みやぞん1

 

2011年ごろからテレビに出演するようになり、2014年から露出が多くなる。

 

過去に「有吉チルドレン」や「みなさんのおかげでした」などのバラエティー番組に出演。

 

2015年にお笑いバトルライブ「登猿門」で優勝。

 

 

2017年に「世界の果てまでイッテQ」に出演しはじめると大ブレイクを果たす。

 

 

 その他にも、「PON!」や「ZIP!」、「スッキリ!!」などの情報番組への出演も多い。

 

 

2018年の24時間テレビでチャリティーランナーを務めた。

 

 

学歴~出身小学校・中学校

 

スポンサードリンク



 

出身小学校:足立区立寺地小学校

 

 

みやぞんさんの出身小学校は、地元の足立区の公立小学校の寺地小学校です。

 

生い立ちと育ちは複雑で父親と母親が正式に婚姻していないらしく、4人の姉とともに母子家庭で育っています(母親はスナックを経営)

 

 

そのため家計は苦しく電気やガスを停められたこともあり、またみやぞんさんの野球のユニフォームを買うために、母親の春奈さんがダイヤの指輪を質に入れたこともあったほどです。

 

子供の頃から性格は温厚で怒ることなどはほとんどなく、非常におとなしい少年でした。

 

相方のあらぽんさんとは第二本木保育園時代からの幼なじみで、小学校と中学校は同じ学校に通っています。

 

 

運動神経が万能で小学生時代は地元の野球チーム「足立ジュニアヤンガーズ」に在籍しています。

 

ちなみにこのチームは現在プロ野球ヤクルトスワローズに所属する秋吉亮選手を輩出していることで知られています。

 

なお小学生の頃からあまり勉強は得意ではなく、また「天然」だったことから、「ずっとバカバカ言われていたのが嫌だった」とテレビ番組で過去を振り返っています。

 

加えてみやぞんさんが発達障害者という情報もありますが、根拠となるような事実はありません。

 

 

出身中学校:足立区立第六中学校

 

 

みやぞんさんは小学校卒業後は、地元足立区の公立中学校の第六中学校に進学しています。

 

中学時代は野球部ではなくテニス部に在籍していましたが、足立区の大会で2位になるなど、ここでも運動神経の良さを発揮しています。

 

また高校からテニスでの推薦入学の誘いもあったほどです。

 

また小学校4年生から中学校3年生まではキックボクシングを習っていますが、始めたきっかけはポメラニアンを追って運送会社の敷地に入ったところサンドバッグがあったので叩いていたら、キックボクシングの元日本チャンピオンの所長さんに勧められたからです。

 

学校でも不良たちに一目置かれる存在で「裏番長」とも呼ばれていたそうです(本人はヤンキーや不良ではないし、一度もケンカをしたことがない)

 

中学2年生の時にキックボクシングで複雑骨折をして運動ができなくなった時に、ギターをはじめています。

 

中学生の頃はお笑いコンビやバンドで有名になりたいと思っていました。

 

また中学時代からあらぽんさんと「mix」というお笑いコンビを結成して、活動しています。

 

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 荒川商業高校 偏差値44(容易)

 

 

みやぞんさんの出身校は、都立の共学校の荒川商業高校です。

 

同校は1918年開校の伝統校で、ダンス部が都内でも強豪として知られています。

 

高校時代は再び野球をはじめて硬式野球部に入部し、エースで4番と主力選手として高校野球で活躍しています。

 

みやぞんさんがこの高校に入学したきっかけは、中学時代にテニスコートに入ってきたボールをすごいスピードで投げ返し、それを見ていた同校の野球部の監督にスカウトされたからです。

 

YOU TUBEに高校時代の映像がありましたのでご紹介します。

 

 同校の硬式野球部は決して強豪ではありませんが、当時の球速は130㎞を超え、キレのある変化球もあったので、野球専門誌などにも注目されて大学からもスカウトがあったほどの実力者でした。

 

 

また高校最後の試合では強豪の国士舘高校と対戦し、0-10で敗れています。

 

加えて高校時代に運転免許を取得した際に試験所の係官から「外国人登録書」が足りないことを指摘されて、自身が在日韓国人だったことを知っています(2005年に日本に帰化しており、カミングアウトもしている)

 

 

なお高校2年生の時には同じ高校の女子と交際していますが、彼女から「子供だった」と言われてフラれてしまったことをテレビ番組で告白しています。

 

また中学校まで同級生だったあらぽんさんは、別の高校(都立小石川工業高校)に進学しています。

 

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

みやぞんさんは高校卒業後は、大学などに進学していません。

 

前述のように野球で勧誘してきた大学もありましたが、上下関係の厳しさが嫌いということですべて断っています。

 

みやぞんさんの高校卒業後の詳細は不明ですが、プールの監視員のアルバイトをしていたことがあり、それがきっかけでライフセーバーの資格も取得しています(水泳も得意)。

 

23歳から社会福祉施設の「葦の会作業所」に就職し、8年間にわたって勤務しています。

 

この施設は主に知的障害者をサポートする施設で、みやぞんさんは事務作業や会報の作成、入所者の車での送迎など様々な仕事をしています。

 

施設長のインタビューによれば、愛想がいいので園芸場で栽培した花の販売が天才的に上手だったと話しています。

 

また当時は甘いものが苦手で職場に頂き物があっても絶対に手をつけませんでしたが、みやぞんさんがテレビ番組でスイーツの「食レポ」をやっているのを見て、当時を知るスタッフや入所者たちは驚いたとのこと。

 

なおインターネット上ではみやぞんさんが福祉施設で働いたことから「施設出身者」との情報もありますが、まったくの誤解です。

 

また高校卒業から3か月後に相方のあらぽんさんとコンビを組んで活動し、5年間もライブハウスなどでネタを披露してきました。

 

このような地道な活動が現在の所属事務所の目に留まり、プロとしてデビューすることになります。

 

なおANZEN漫才は最近では珍しい養成所出身ではないお笑いコンビですが、養成所に入所しなかった理由(当初は吉本の養成所に入ることを検討していた)は、「授業料が高い」ことと母親に「笑いは学ぶことでなく、その辺に落ちている」とアドバイスされたためでした。

 

その後は歌マネやモノマネが話題になって徐々に露出も増えて、みやぞんさんが「世界の果てまでイッテQ」に出演してブレイク。

 

優しい人柄や性格、天然のキャラクターも人気で、出演番組も急増しました。

 

同時にコンビとしても注目を集めています。

 

下積み生活も長かっただけに、息の長い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ