小泉純一郎の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

小泉純一郎(こいずみ じゅんいちろう)

 

 

194218日生

身長169

 

神奈川県出身の元政治家

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

父親は防衛長官を務めた元政治家の小泉純也で、姉が3人と弟がいる。

 

福田赳夫元総理大臣の秘書を経て、1972年の衆議院議員選挙で初当選。

 

 

1988年の竹下改造内閣で厚生大臣として初入閣。

 

1992年に郵政大臣に就任。

 

 

2000年の加藤の乱で加藤派の切り崩しをおこなって、党内の評価が大幅に上昇。

 

20014月の自民党総裁選挙に圧勝して、同月に内閣総理大臣に就任。

 

 

2005年に長年の悲願だった郵政民営化法案を可決させる。

 

20069月に任期満了のため総辞職して内閣総理大臣を退任。

 

2008年に政治家を引退して、地盤は次男の小泉進次郎が引き継いだ。

 

私生活では1978年にエスエス製薬の会長の孫娘と結婚し、長男(孝太郎)と次男(進次郎)と三男をもうけるも、1982年に離婚した。

 

 

学歴~出身小中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:神奈川県 横須賀高校 偏差値66(現在・難関)

 

小泉純一郎さんの出身高校は、県立の共学校の横須賀高校です。

 

同校は1908年開校の伝統校の進学校で、古くから政財官界に多くの人材を輩出してきました。

 

小泉さんが入学した当時は偏差値の概念はありませんでしたが、県内でも上位のレベルでした。

 

横須賀市立山崎小学校から横浜市立馬堀中学校を経て、同校に進学しています。

 

小泉さんは子供の頃から成績はよかったのですが、あまり勉強はしなかったとのこと。

 

中学時代はバイオリン部に在籍した傍ら、プロ野球やエルヴィス・プレスリーに熱中しています。

 

なお高校時代は部活動をおこなっていません。

 

【主な卒業生】

小柴昌俊(物理学者・ノーベル賞受賞)

宇内梨沙(アナウンサー)

窪塚洋介(俳優)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:慶応義塾大学 経済学部 偏差値70(現在・超難関)

 

小泉純一郎さんは高校時代は2年間の浪人生活を経て、私大の名門の慶応義塾大学に進学しています。

 

本命の大学は東京大学でしたが、結局は合格できませんでした。

 

大学時代は麻雀とスキーに熱中して、1年留年して大学を卒業。

 

大学卒業後はロンドン大学に留学していますが、父親が急死したため帰国して27歳で衆議院議員選挙に出馬しましたが、この時は落選しています。

 

30歳で国会議員になると順調にキャリアを重ねて、59歳で内閣総理大臣に上り詰めました。

 

総理大臣時代は高い支持率をバックに郵政民営化などを実現しています。

 

政治家を引退後も、その発言が話題になるほどの存在感を発揮しています。

 

未だに影響力の大きな人物だけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ