優希美青の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値|東日本大震災に遭っていた

人気女優の優希美青さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は優希さんは東日本大震災で被災していました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

優希美青(ゆうき みお)

 

 

199945日生

身長159

血液型はO型

 

福島県出身の女優、タレント

本名は菅野莉奈(かんの りな)

 

以下では優希美青さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

2012年の「ホリプロスカウトキャラバン」で、29521人の中からグランプリを獲得して芸能界入り。 

20134月のテレビドラマ「雲の階段」で女優デビュー。 

同年9月の主演作「空飛ぶ金魚と世界のひみつ」で映画初出演。 

2013年に「あまちゃん」、2015年に「マッサン」とNHKの朝ドラに続けざまに起用される。

同年の映画「でーれーガールズ」に主演。 

2015年にレギュラー出演した連続ドラマ「デスノート」で注目される。 

タレントとしても活動しており、「東京暇人」や「夢の通り道」などのテレビ番組に出演。

 

学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

出身高校:通信制高校の可能性が高い 偏差値なし

 

優希美青さんの出身高校は不明です。

 

高校進学はしているものの、まったくと言っていいほど高校生活の情報がありません。

 

本人は高校生活を語ることがないことはもちろん、第三者による情報発信も皆無です。

 

このようなケースの場合、通信制の高校に通学しているケースが非常に多いです。

 

ただし高校時代に転校を経験したことをインタビューで明らかにしています。

 

「もうラストJKで、学生という肩書きがなくなってしまうのが寂しいです。私は途中から転校したこともあって、新しい学校での友だちが多いほうではないので、今からでも友だちを作りたいですね」

 

そのため当初は全日制の高校に入学しながらも、芸能活動をしやすいように通信制高校に転校した可能性もありそうです。

 

転校先の高校はこのところ多くの芸能人の進学先として知られているクラーク記念国際高校の通信制課程などが候補となりそうです。

 

2019年に映画「うちの執事が言うことには」に出演した際に、優希さんは高校時代を振り返ってインタビューで次のように語っています。

 

「放課後はよく友達と遊んでいました。授業はまじめに受けていたんですが、漢字がちょっとニガテなので、もっと勉強しておけばよかったなとも思います。」

 

優希さんは中学時代に女優として注目を集めていますが、中学3年生の終わりごろから体調を崩して高校に進学した当時は休養中でした。

 

それでも高校1年生だった2015年7月にテレビドラマ「デスノート」で活動を再開しています。

 

 

その際にはボーイッシュなショートカットで登場したので、話題になっています。

 

ただし高校時代はあまり体調がすぐれなかったようで、他にはテレビドラマ「陽炎の辻」にスポット出演した程度に留まっています。

 

 

また中学3年生の時にファーストシングル「教えて神様」で歌手デビューする予定でしたが、いったんは高校1年生の時にデビューは延期になり、その後にCDデビューの話は立ち消えになっています。

 

さらに高校1年生の時にはオフィシャルブログも閉鎖になっています。

 

そのため高校時代にインターネット上には「引退説」も流れたほどです。

 

ただし高校3年生だった2017年12月からWEBドラマ「僕だけがいない街」で本格的に芸能活動を再開させています。

 

 

そして優希美青さんは高校卒業後は大学などに進学せず、芸能活動に専念しています。

 

どうやらこのあたりから体調もよくなってきたようで、その後は数々の話題作の連続ドラマや映画に出演しています。

 

またこのところは「生活笑百科」などのバラエティ番組にも出演しはじめています。

 

 

デビュー当時は期待が非常に高い人物だったので、今後の巻き返しにも期待ですね。

 

スポンサードリンク

優希美青の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 目黒区立目黒中央中学校 偏差値なし

※入学は米沢市立第七中学校(偏差値なし)

 

 

優希美青さんは福島県出身ですが、小学校6年生の3月に東日本大震災で被災しています。

 

そのためその月に山形県の米沢市に転居して、米沢市立第七中学校に入学しています。

 

 

優希さんはこの中学校では吹奏楽部に入部しており、クラリネットを担当しています。

 

そして中学1年生だった2012年の「ホリプロスカウトキャラバン」で、応募総数2万9521名の中からグランプリに輝いて芸能界入りしています。

 

 

ちなみに優希さんがこのオーディションに参加したのは、東日本大震災の際にこのオーディションの出身者の女優・石原さとみさんを見て元気をもらったので、自分もみんなを元気にしたい」と思ったからとインタビューで述べています。

 

 

芸能事務所入りと同時に上京して、目黒区内の公立校の目黒中央中学校に転校しています。

 

転校先の中学校では芸能活動もあったことから、部活動などはおこなっておらず帰宅部でした。

 

そして中学2年生だった2013年に女優としてデビューしていますが、その年の9月には映画「空飛ぶ金魚と世界のひみつ」ではいきなり主演に起用されています。

 

 

さらにこの年の6月にはNHK朝ドラ「あまちゃん」にGMT47のメンバーとして出演しています。

 

 

ちなみにこの「GMT47」はヒロインの能年玲奈さん(現在はのん)さんが在籍するアイドルグループで、他のメンバーは松岡茉優さんや山下リオさん、大野いとさんといった豪華なメンバーでした。

 

 

なおスカウトキャラバンのグランプリ受賞者としては石原さとみさんを抜いて、史上最速のNHKの朝ドラへの出演となっています。

 

さらに中学を卒業する直前の2015年2月には再びNHKの朝ドラ「マッサン」に起用されています。

 

 

また同時期に映画「でーれーガールズ」に足立梨花さんとW主演するなど、優希さんは中学時代に女優として快進撃を続けていました。

 

 

しかし「マッサン」に出演した頃から視聴者からは「激やせぶり」を指摘され体調面も心配されていましたが、その後の芸能活動を休止するに至っています。

 

優希美青の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:福島県 南相馬市立石神第二小学校

 

優希美青さんの出身小学校は、地元福島県南相馬市内の公立校の石神第二小学校です。

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

意外にも子供の頃の夢は警察官でした。

 

また小学校4年生の頃から吹奏楽部に在籍しており、クラリネットを担当しています。

 

前記のように小学校の卒業直前で東日本大震災に遭っていますが、その際に石原さとみさんに憧れて芸能界入りを目指しています。

 

以上が優希美青さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

デビュー当初は破竹の勢いで数々の映画やドラマの主役級に起用されていましたが、その後は体調不良で休養に追い込まれています。

 

 

とは言えその後は復帰して元気な姿を見せています。

 

年齢的にも伸び盛りなので、今後の大きな飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ