櫻坂46大園玲の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|イジメに遭っていた

 

「櫻坂46」大園玲さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は大園さんは中学時代にイジメに遭っていました。学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

大園玲(おおぞの れい)

 

 

2000年4月18日生

身長163㎝

血液型はA型

 

鹿児島県鹿屋市出身の歌手、タレント

アイドルグループ「櫻坂46」のメンバー

本名同じ、愛称は「れいちゃん」

 

以下では「櫻坂46」大園玲さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

大園玲の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:立正大学 心理学部(有力) 偏差値55(中の上)

 

 

 

「櫻坂46」大園玲さんは高校卒業後の進学先は、私立大の立正大学が有力です。

 

確証こそないものの、インターネット上にはこの大学への在籍情報がチラホラ見られます。

 

また大園さんは2020年8月に「欅って、書けない?」に出演した際には大学で心理学を学んでいることを明らかにしており、大学に進学したこと自体は間違いないはずです。

 

また当時は既に上京して芸能活動をおこなっていたことから、首都圏の大学に進学したはずです。

 

ただし心理学については「勉強をちょっとだけしている」とも述べているので、心理学部ではなく他学部の可能性もあります。

 

 

詳細は後述しますが大園さんは高校3年生でグループ入り後1年半ほどの間、坂道研究生として活動し、大学1年生だった2020年2月に欅坂46のメンバーとなりました。

 

 

同年10月14日に欅坂46が「櫻坂46」として改名しています。

 

そして同年10月19日に放送された「そこ曲がったら、櫻坂?」で、櫻坂46の1stシングル「Nobody’s fault」ではじめて選抜メンバーに起用されています(センターは森田ひかる)。

 

 

同年12月7日に放送された「痛快TV スカッとジャパン」の「胸キュンスカッと」では初めて演技を披露しており、「演技が上手」だと反響を集めました。

 

 

 

また同年12月9日に発売された「週刊少年サンデー」では、田村保乃さんと合併号の表紙とグラビアで出演しています。

 

 

「櫻坂46」は2020年の紅白歌合戦に出場することも決まっており、今後の大園さんの活躍に期待が高まります。

 

スポンサードリンク

 

大園玲の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:鹿児島県 尚志館高校 偏差値39~67(学科不明のため)

 

 

 

「櫻坂46」大園玲さんの出身高校は、私立の共学校の尚志館高校です。

 

この高校は1971年開校の私立高校で、部活動が非常に盛んなことで知られています。

 

また同校は以下の6つの学科を設置していますが、大園さんが在籍した学科は不明です。

 

特進:偏差値67

看護:偏差値52

普通:偏差値50

医療福祉:偏差値46

建設工業:偏差値39

商業:偏差値39

 

ただし大園さんは勉強が得意なことや大学にも進学していることから、特進か普通に在籍したことが有力と思われます。

 

高校時代は部活動などをしておらず、帰宅部でした。

 

また勉強は得意だったようで、自身でも記憶力がいいとインタビューで話しています。

 

ちなみに高校時代は理系のクラスに在籍していました。

 

大園さんは高校2年生の頃から高校生活のほとんどを一人で過ごしていたことを自身のブログで綴っています。

 

高校3年生だった2018年8月に12万9182人の中から、3400倍という競争率の中で坂道合同オーディションに合格し坂道研究生となっています。

 

大園さんはこのオーディションに応募した理由について、次のように話していました。

 

「小学校高学年くらいから性格が暗くなり始めて、今でも根暗なんですけど、エキセントリックに救われて自分の人生を前向きに考えられるようになりました。そうやって歌詞やパフォーマンスで人の人生に良い影響を与える側の人間として生きていきたいと思ったからです」

 

 

大園さんはエキセントリックの「普通なんかごめんだ、僕は僕でいさせてくれ」という歌詞にとても影響を受けたようです。

 

大園さんは鹿児島の田舎の方に住んでいたため、アイドルになることは諦めていた時期もあったようです。

 

またグループ入りする前から欅坂46のファンだったようで、当時の大園さんの推しメンは渡邉理佐さんだそうです。

 

またオーディションでのSHOWROOM配信番号が41番だったことから「しいちゃん」と呼ばれていました。

 

 

ただし大園さんはダンスや歌は得意ではないと話していました。

 

なおオーディションの際には、学校の先生たちが応援してくれたとのこと。

 

高校生の時のSHOWROOM配信のときには「大学は考え中」だと話していたため、いろいろと悩むこともあったのかもしれません。

 

なお「坂道合同オーディション」の合格者39名のうち21名は2018年10月に配属先が決まっていますが、大園さんを含む15名は配属先が決まらず「坂道研修生」になっています。

 

 

その際には配属先が決まらなかったメンバーは固まって大泣きしたことをインタビューで話しています。

 

とは言え大園さんは研修生ツアーでは楽曲「インフルエンサー」でセンターを務めるなど、当時から目立った存在でした。

 

そして前記の通り大学進学後に、ようやく「欅坂46」に配属が決まっています。

 

【主な卒業生】

川原克己(お笑い・天竺鼠)

 

スポンサードリンク

 

大園玲の学歴~出身中学校の詳細・イジメに逢っていた

 

出身中学校:不明

 

「櫻坂46」大園玲さんの出身中学校は、地元鹿児島県鹿屋市内の公立校のようですが校名などの詳細は不明です。

 

大園さんは中学時代はバスケットボール部に在籍して、部活動に励んでいます。

 

当時はショートカットでした。

 

小学生高学年から中学校時代にかけてスクールカーストが上位の生徒たちと上手くやっていくことが苦手だったため、イジメに遭っていたそうです。

 

またいじめを受けた際にはイジメが再発しないように自身で対策も取っていたようです。

 

ちなみにイジメの内容はSNSに悪口を書かれたり、ロッカーや机の引き出し内の私物がなくなったりしたそうです。

 

このような経験から性格が暗くなってしまったそうです。

 

大園玲の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

「櫻坂46」大園玲さんの出身小学校は、地元鹿屋市内の公立校のようですが校名などの詳細は不明です。

 

家族構成は両親と兄と妹の5人家族です。

 

実家では犬を2匹飼っているみたいです。

 

また「名探偵コナン」が大好きだそうで毎週録画をしており、家族で見ていたというエピソードから家族仲は良好なことが伺えます。

 

大園さんは子供の頃からスポーツは好きでしたが、運動神経は「真ん中のちょっと下ぐらい」と述べており微妙なようです。

 

 

小学校時代はピアノを習っていましたが、現在は弾けないとのこと。

 

以上が「櫻坂46」大園玲さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

坂道研修生という挫折も味わっていますが、当時から存在感を発揮していました。

 

またこのところははじめて選抜メンバーに起用され、グラビアなどでも注目を集めています。

 

 

グループは絶対的エースだった平手友梨奈さんが脱退したことから、大園さんも将来のエース候補のひとりとされています。

 

今後の大きな飛躍にも期待したいですね。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ