森山未來の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

森山未來(もりやま みらい)

 

守山

 

1984820日生

身長172

 

兵庫県出身の俳優、ダンサー

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

母親が神戸市でダンススタジオを経営しており、5歳からジャズダンス、

6歳からタップダンス、8歳からクラシックバレエとヒップホップをはじめる。

 

15歳だった1999年に舞台「BOYS TIME」でデビュー。

 

2001年の「TEAM2」でドラマ初出演。

 

同年の「サヨナラ小津先生」で連続ドラマ初出演。

 

2003年に出演した「WATER BOYS」で知名度が上がり、翌年の映画

「世界の中心で、愛をさけぶ」で日本アカデミー賞新人賞を受賞。

 

その後も「危険なアネキ」や「モテキ」などのドラマや「苦役列車」などの

映画の話題作に主演。

 

2011年に主演した映画版「モテキ」は、興行収入が22億円を超えるヒットと

なった。

 

守山 モテキ

 

テレビや映画だけではなく、舞台への出演も多い。

 

私生活では2010年に一般人の女性と結婚し、子どもがいる。

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:兵庫県 報徳学園高校 偏差値46(やや容易)

 

森山未來さんの出身校は、私立の男子校の報徳学園高校です。

 

同校はスポーツが盛んで、野球部や陸上部が全国的な強豪として

知られています。

 

森山さんは神戸大学附属住吉小学校、神戸大学付属住吉中学校(偏差値58)を経て同校に入学しています。

 

既に中学生の時から俳優として活動しており、高校時代も多くの連続ドラマや

舞台に出演しています。

 

そのため撮影などは週末にしてもらって、その都度神戸の自宅から東京に

通っていました。

 

ただし同校の校則が厳しく、頭髪規定などもあったことから、役作りの面は

かなり苦労したと語っています。

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:拓殖大学 外国語学部 スペイン語科(中退) 偏差値50(普通)

 

森山未來さんは高校卒業後は、拓殖大学の外国語学部に進学しています。

 

しかし高校3年生の時に出演した「WATER BOYS」で注目され、

仕事も激増したので、入学から数カ月で中退を決意しています。

 

そのため大学にはほとんど通うことができないまま中退してしまっています。

 

その後は俳優活動に専念しますが、「危険なアネキ」や「モテキ」などの

ヒットもあって、人気俳優の地位も確立しました。

 

またもともとの演技力には定評がありますから、多くの作品で活躍しています。

 

そろそろ俳優としての円熟期も迎えますから、さらなる進化にも期待ですね。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ