佐藤健の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のかっこいい画像

 

人気俳優の佐藤健さんの出身中学校や高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。意外にもモテなかった高校時代などの学生時代のエピソードや当時のかっこいい画像などをご紹介いたします

 

佐藤健(さとう たける)

 

%e4%bd%90%e8%97%a4%e5%81%a5

 

1989321日生

身長170cm

 

埼玉県岩槻市(現在はさいたま市岩槻区)出身の俳優

本名同じ

血液型はA型

 

以下では佐藤健さんの学歴や経歴、中学校や高校の偏差値、中学時代・高校時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 




 

佐藤健の経歴

 

1989年(0歳):埼玉県岩槻市で生まれる

2005年(16歳):スカウトされて芸能界入り

2006年(17歳):テレビドラマ「プリンセス・プリンセスD」で俳優デビュー

2007年(18歳):「仮面ライダー電王」の主役に抜擢

2010年(21歳);NHK大河ドラマ「龍馬伝」に出演

2012年(23歳):映画「るろうに剣心」に出演

2018年(29歳):NHK連続テレビ小説「半分、青い。」に出演

2020年(31歳):ドラマ「恋は続くよどこまでも」に出演

 

佐藤健の学歴~出身高校(埼玉県立越谷北高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:埼玉県 越谷北高校 普通科 偏差値67(難関)

 

 

 

佐藤健さんの出身高校は、県立の共学校の越谷北高校です。

 

この高校は1969年開校の県立校で、埼玉県内の公立校のなかでもTOP10に入るほどの進学校です。

 

また同校は以下の2つの学科を設置していますが、佐藤さんは普通科に在籍していました。

 

理数科:偏差値68

普通科:偏差値67

 

高校では1年生の時に体操部に入部していますが、2年生の時に退部しています。

 

その代わりその後の高校時代はブレイクダンスに熱中して、ダンススクールにも通っていました。

 

高校の校内でもブレイクダンス部を作ろうとしましたが、1人しか仲間が集まらなかったので断念しています。

 

 

とは言えブレイクダンスはかなり真剣におこなっており、「ブレイクダンスに人生を捧げていました」とも語っています。

 

野球をやっていたこともあり、イチロー選手のようなクールな男性になろうと思い高校入学のタイミングで友人が変わるため、クールキャラで行こうと計画を立てました。

 

休み時間は席を立たずに過ごしたり、授業中には寝ていたと言います。

 

また女子とは喋らないということを徹底しており、女子が声をかけてきてくれることを心の中で期待していました。

 

しかしクラスメイトは佐藤さんを怖がっていたとのことで、高校1年生の最後の日まで誰からも声をかけられることはありませんでした。

 

文化祭でもクラスメイトが踊ってる状況でも、佐藤さんだけは踊らなかったというエピソードを明かしています。

 

またインタビューでも「唯一、後悔しているのが高校時代」と話しており、友達も彼女も作らずに「スカしていた」とも語っています。

 

 

さらにそれまでは割と何でも器用にできた佐藤さんですが、高校時代のコンビニのアルバイトは仕事を覚えることができなくて挫折を味わっていることをインタビューで明らかにしています。

 

 

高校2年生だった2005年に友人と原宿の竹下通りを歩いていた時に、現在の所属事務所アミューズのスタッフにスカウトされて芸能界入りしています。

 

当時は進路を考えなければいけない時期だったにも関わらず、やりたいことが見つけられなかったため芸能界に入ることを決めています。

 

またスカウトをされた当初は「面白そう」と思ったため、「やります」と返事をしており、その後は言われるがままにオーディションや現場に行くことを繰り返していました。

 

当時は何をしていても楽しいという気持ちが強くあり、自分の思いではじめたわけではありませんでしたが、芸能活動をおこなっていくうちに興味が湧いてきたことを明かしていました。

 

 

そして高校3年生の時に主演作「プリンセス・プリンセスD」というテレビドラマで俳優デビューを飾っています。

 

この作品では佐藤さんは女装しているのですが、ファンの間では「衝撃のデビュー作」として語り草になっています。

 

 

ちなみにこの作品には人気俳優の斎藤工さんも出演しており、同じく女装していました。

 

(斎藤工)

 

斎藤工の学歴|出身高校や中学校の偏差値|高校時代が凄い

 

一部では佐藤さんの「黒歴史」とも言われるこの作品ですが、動画がありました。

 

 

そして高校3年生の1月に「仮面ライダー電王」の主役に抜擢されています。

 

 

この作品で佐藤さんは俳優としてブレイクしましたが、「僕にとってほぼゼロからすべてを教えて頂いた僕の原点」と語るほど本人にとっても重要な作品になっています。

 

【仮面ライダー電王の動画】

 

 

なお当時は大学への進学も考えており、マネージャーからも「仕事をしながらでも、大学に行った方がいい」と言われています。

 

しかし母親は「行かなくてもいいんじゃない?」と言ったとのことで、佐藤さんは母親のこの一言で大学進学を辞めたことを明かしています。

 

【主な卒業生】

古市憲寿(社会学者)

千石愛(ファッションモデル)

 

そのため佐藤さんは高校卒業後は大学には進学しておらず、芸能活動に専念しています。

 

%e4%bd%90%e8%97%a4%e3%80%80%e9%ab%98%e6%a0%a1%e6%99%82%e4%bb%a3

 

前記のようにかなりの進学校を卒業しているにも関わらず、進学しないというのは大胆な決断ですね。

 

ただし高校時代には「仮面ライダー電王シリーズ」で主演していますし、当時は「ROOKIES」などに出演することも決まっていましたから、勉強する暇はなかったかも知れません。

 

 

とは言え、頭脳明晰なことは疑いようがないので、大学に行く気になれば行けたことは確かでしょう。

 

以降の活躍は周知の通りで、数々の話題作の映画やテレビドラマに出演しています。

 

 

スポンサードリンク

 

佐藤健の学歴~出身中学校(岩槻市立柏陽中学校)の詳細

 

出身中学校:埼玉県 岩槻市立柏陽中学校 偏差値なし

※現在はさいたま市立柏陽中学校

 

 

 

佐藤健さんは小学校卒業後は、地元岩槻市(現在はさいたま市岩槻区)の公立校の柏陽中学校に進学しています。

 

佐藤さんは出身中学校も明らかにしていませんが、インターネット上やツイッターにはこの中学校への在籍情報が多数見られます。

 

佐藤さんは中学校では野球部に入部しており、部活動に打ち込んでいました。

 

主にセンターやレフトなどの外野のポジションを務めています。

 

 

中学3年生の時に野球のセンスがないと自覚したことから、野球は中学時代でやめてしまっています。

 

その一方で佐藤さんは中学時代はゲームに熱中しており、ゲーマーになっています。

 

当時はゲームの大会にも出場したほどです。

 

また中学校でも成績は非常に優秀で中学3年生の時には定期テストで学年1位になるほどです。

 

当時は進学塾にも通っていました。

 

ただし中学1年生の時に両親が離婚しており、以降は妹ともに母子家庭に育っています。

 

中学時代はかなり女子にモテており、入学式の際には上級生の女子から歓声があがったほど。

 

またバレンタインデーには、毎年10個以上のチョコレートをもらったほどです。

 

加えて「櫻井・有吉 THE夜会」に出演した際には、佐藤さんはなんと中学時代の初デートで相手の女子を置き去りにしてダッシュで逃げたことを明らかにしています。

 

「街に女性と2人で歩いていることに途中から耐えられなくなっちゃって……本当に申し訳ないんですけど、ダッシュで逃げました。恥ずかしくなっちゃって」

 

芸能界でも有数のモテ男として知られる佐藤さんですが、なかなか初々しいエピソードですね。

 

それらに加えて中学・高校時代は恋愛は皆無だったとも述べています。

 

「人を好きになるとか、恋に浮つくとかが、学生時代ほぼ皆無で、女性に対する恋愛的なときめきだとかは、すべて二次元に向かっていた」

 

ちなみに「二次元」とは、漫画「天使な小生意気」のヒロイン・天使恵です。

 

 

佐藤さんは学生時代はこの漫画のヒロインをこよなく愛していました。

 

スポンサードリンク

 

佐藤健の学歴~出身小学校(岩槻市立柏崎小学校)の詳細

 



 

出身小学校:埼玉県 岩槻市立柏崎小学校

※現在はさいたま市立

 

 

 

佐藤健さんの出身小学校は、地元の埼玉県岩槻市(現在はさいたま市岩槻区)の公立校の柏崎小学校です。

 

家族構成は両親と4歳年下の妹の4人家族です。

 

前記のとおり両親は後に離婚しており、父親の職業などは不明です。

 

 

実は佐藤さんは幼稚園か小学校入学直後くらいから、子役として活動していたことを高橋一生さんとの対談の際に明らかにしています。

 

「小学生の時に…もっとちっちゃい頃かな、ちょびっとだけ子役をやってた時があって」

「雑誌のモデルとかCMとか、オーディション行ってあとエキストラとかやってた」

 

発端はテレビの可愛いキャラクターを見て、「うわぁいいな~テレビの中に入りたい」と言ったところ、親が役者をやりたいと勘違いして子役事務所に連れって行ったことでした。

 

しかしもともと本人が子役をやりたかったわけではなかったことから、3~4年くらいでやめたと語っています。

 

 

佐藤さんは小学生時代は少林寺拳法を習っており、戦隊もののテレビ番組が大好きな少年でした。

 

 

また運動神経がよく小学校4年生から6年生まで地元の少年野球チームに在籍しています。

 

意外にも小学生の頃は人見知りでしたが、野球をはじめてから変わったとのことで、はじめて会う人や友人の親御さんにあいさつできるようになりました。

 

とは言え目立つことは得意ではなかったといいます。

 

足も速く、小学校の運動会では毎年リレーの選手を務めていました。

 

加えて小学生の頃から成績が優秀で学級委員も務めており、模範的な生徒でした。

 

 

そのため小学校時代のテストの点数はほとんど100点でした。

 

また当時はゲームが好きで、放課後に自宅に帰って1人ですることもあれば、友人の自宅で一緒にゲームをすることもありました。

 

 

以上が佐藤健さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。

 

その後は順調にキャリアを重ねて数多くの話題作の連続ドラマに出演し、現在は若手演技派の地位も確立しました。

 

また2018年に永野芽郁さんと共演したNHKの朝ドラ「半分、青い。」は多くの視聴者から大きな反響もありました。

 

 

永野芽郁の学歴|高校中学校や大学の偏差値と高校時代や子役時代のかわいい画像

 

さらに2020年に上白石萌音さんとW主演の「恋はつづくよどこまでも」も高視聴率を記録して、視聴率男ぶりを発揮しています。

 

上白石萌音の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|明治なの?

 

また映画でも主演作は軒並みヒットを記録しています。

 

さらにツイッターやインスタグラムなどSNSを利用しない佐藤さんでしたが、2019年に開設した公式LINE(ライン)は登録者数が芸能人ランキング1位となっています。

 

佐藤健公式ライン

 

またラインとともに開設したライブ配信アプリ「シュガー(SUGER)」も非常に好評です。

 

このアプリでは抽選に当選すると佐藤さんと生電話ができるので驚きです。

 

 

今後も人気作や話題作のドラマや映画への出演が続きますから、注目ですね。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ