池上彰の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

池上彰

 

%e6%b1%a0%e4%b8%8a

 

195089日生

 

長野県出身のジャーナリスト

 

(経歴)

 

スポンサードリンク



 

1973年にNHKに記者として入局し、同期にはアナウンサーの大塚範一がいる。

 

1989年から「ニュースセンター845」のキャスターを担当し(1993年まで)、

1991年からは「イブニングネットワーク」を担当する。

 

2005年にNHKを退職してジャーナリストに転身する。

 

200810月から「学べる!!ニュースショー」にレギュラー出演し好評を博す。

 

同番組はその後「そうだったのか!池上彰の学べるニュース」と改名し

レギュラー化された。

 

20107月の参議院選挙の際にテレビ東京の選挙特番を担当し、

その後も同局の選挙の際にMCを務める。

 

2016年に本人と「池上彰の選挙ライブ」が菊池寛賞を受賞。

 

東京工業大学、信州大学、名城大学などの教授も歴任。

 

妻との間に3人の子どもがいる。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 大泉高校 偏差値65(難関)

 

池上彰さんの出身校は、都立の共学校の大泉高校。

 

当時は自由な校風で知られ、多くの有名人を輩出していることでも

知られます。

 

池上さんは高校生の時に見た暴力団と対決した新聞記者の番組に感銘し、

新聞記者を志すようになりました。

 

また当時から読書好きで知られ、小遣いのすべてを本代に充てていたほか、

図書館の岩波新書の全巻読破にチャレンジしたそうです(途中で挫折)。

 

現在も多くのジャンルについて幅広い知識を有していますが、

そのルーツは高校時代にあるようです。

 

【主な卒業生】

亀井静香(政治家)

宇賀なつみ(アナウンサー)

小林綾子(女優)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:慶応義塾大学 経済学部 偏差値70(超難関)

 

池上彰さんは高校卒業後は、慶応義塾大学の経済学部に進学します。

 

難関大学で知られる慶大でも経済学部は看板学部で、これまで多くの

財界人や政治家などを輩出しています。

 

大学時代の池上さんは、ユースホステルを利用して全国を一周する

貧乏旅行で見聞を広めるなどアクティブに行動しています。

 

また学生運動を目の当たりにし、メディアなどで事実が正しく

報道されていないと感じることもありました。

 

大学時代の成績は優秀で銀行から奨学金を貰っていましたが、

父親が銀行員だったことから、その反発で銀行には就職しませんでした。

 

政治や選挙、経済などを分かりやすい切り口の解説が定評がありますが、

末永い活躍を期待したいものです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ