坂本冬美の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

坂本冬美(さかもと ふゆみ)

 

 

1967330日生

身長160

 

和歌山県出身の演歌歌手

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの真ん中で姉と弟がいる。

 

1986年に作曲家の猪俣公章の内弟子となる。

 

1987年の「あばれ太鼓」でデビューをし、いきなり80万枚のセールスを記録。

 

 

1988年にNHK紅白歌合戦に初出場。

 

以降も「男の情話」や「能登はいらんかいね」、「夜桜お七」などのヒット曲をリリース。

 

 

1992年に主演作のドラマ「女無法松 小夏の恋」で女優デビュー。

 

以降も「遠山金志郎美容室」や「ラブ・ジャッジ2」、「夜桜お七殺人事件」などのドラマに出演。

 

 

2002年に膵臓炎の治療などで1年間芸能活動を休止。

 

結婚歴はない。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:和歌山県 熊野高校 偏差値39(かなり容易)

 

坂本冬美さんの出身校は、県立の共学校の熊野高校です。

 

上冨田町立朝来(あっそ)小学校から上冨町立上冨田中学校を経て、同校に進学しています。

 

中学校ではソフトボール部に所属して、キャプテンとして活躍するなど、スポーツは得意のようです。

 

小学生の頃に石川さゆりに憧れて演歌歌手を目指し、高校時代はカラオケセットを購入して、毎日歌の練習をしています。

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:放送大学 教養学部 偏差値なし

 

坂本冬美さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、就職します。

 

就職先は大阪市内にレストランなどを経営する会社で、経理として入社しています。

 

しかしわずか4カ月間でこの会社を退職。

 

その後は和歌山市内の梅干し会社「ウメタ」に入社して勤務する傍ら、演歌歌手を目指してカラオケ教室に通学。

 

この頃に放送大学に入学していますが、卒業したかどうかは不明です。

 

そして19歳で出場したNHKの「勝ち抜き歌謡天国」の和歌山大会の名人となって際に、作曲家の猪俣公章さんの目に留まります。

 

その後は猪俣さんの内弟子となり、同じく弟子だったマルシアさんらと切磋琢磨してデビューを目指します。

 

20歳で演歌歌手としてデビューを飾ると、デビューシングルがいきなりヒットとなります。

 

以降もコンスタントにヒット曲をリリースして、女性演歌歌手では大物のひとりとなりました。

 

未だに高い人気を誇っているので、今後の活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ