伍代夏子の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と若い頃のかわいい画像

 

歌手の伍代夏子さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。美人演歌歌手として知られる伍代さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

伍代夏子

 

伍代

 

19611218日生

身長160

血液型はA型

 

東京都渋谷区出身の歌手

本名は中川輝美(結婚前)

 

以下では伍代夏子さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 

1982年に「星ひろみ」名義で「恋の家なき子」でデビュー。 

1985年に「加川有希」に改名し、「夜明けまでヨコハマ」をリリース。 

1986年に本名の中川輝美で「夢きずな」をリリース。 

1987年に「伍代夏子」に改名し、「戻り川」で再デビュー。

1990年に「忍ぶ雨」がヒットして、NHK紅白歌合戦に初出場。 

以降も紅白歌合戦には2015年までに22回出場している。 

コメディー番組「お江戸でござる」に準レギュラーとして出演していた。 

私生活では1999年に歌手の杉良太郎と結婚している。

 

伍代夏子の学歴~出身高校(鴎友学園女子高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:東京都 鴎友学園女子高校 偏差値40台前半(当時)

 

 

 

伍代夏子さんの出身高校は、私立の女子校の鴎友(おうゆう)学園女子高校です。

 

この高校は1935年開校の私立高校で、伍代さんが在籍した当時は進学率も低く、偏差値も低迷していました。

 

ところがここ20年くらいで進学実績が飛躍的に向上して、現在では都内でも有数の進学校になっています(偏差値68)。

 

また同校は現在は高校での募集のない完全中高一貫校ですが、伍代さんの頃には高校から入学が可能で、伍代さんも高校受験で入学しています。

 

 

高校1年生の春に渋谷の公園を歩いていたところ、おじさんが綺麗なお姉さんたちに名刺を渡している姿を目撃して、もしここでスカウトをされると歌手になれるかもしれないという思いがこみ上げてきました。

 

とは言え、悔しくも見向きもいてくれなかったことから、友人とともにスカウトのおじさんの前を何度も往復して無理やりスカウトをさせるように待っていっています。

 

夕方になってきた頃にしぶしぶ名刺を渡されたとのことですが、名刺は有名な老舗モデルクラブでした。

 

伍代さんは歌手を志していましたが、何かの足掛かりになるかもしれないと思い在籍することにしたそうです。

 

するとちょうど会社が歌手を売り出そうと考えていた時期だったことから、伍代さん自ら歌のレッスンを受けたいと申し出ています。

 

そのため伍代さんは高校時代はモデルとして活動をしながら、ボイストレーニングに通いはじめています。

 

また高校時代には文化祭で披露をするためにバンドを結成しており、ギターを担当していました。

 

ギターはかなり難しかったとのことで、朝から晩まで練習を重ねていました。

 

【主な卒業生】

岡江久美子(タレント)

小沢真珠(女優)

藤森夕子(タレント)

湯川れい子(音楽評論家)

桑子真帆(アナウンサー)

久保田直子(アナウンサー)

 

なお伍代さんは高校卒業後は大学には進学しておらず、歌手になるためにセンチュリーレコードのレッスン生になっています。

 

デビューするまでの期間は歌のレッスンに加えて、毎日お茶くみと電話の受付をおこなっており、月給は63,000円でした。

 

お金が足りなかったことから、中華料理屋でアルバイトをしたこともあったようです。

 

それでも21歳だった1982年に、「星ひろみ」の名義で歌手デビューを果たしています。

 

伍代3

 

ところがレコードの売り上げは鳴かず飛ばずで、その後も「加川有希」や「中川輝美」に改名を重ねています。

 

 

1987年に芸名を伍代夏子に改名しています。

 

伍代2

 

31歳だった1990年に「忍ぶ雨」がヒットして、ようやく人気歌手の仲間入りを果たしています。

 

1999年に17歳年上の杉良太郎さんと結婚した際には大きな話題になっています。

 

また伍代さんは歌手のほかタレントとしても活動しており、数々のメディアに出演しています。

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

杉良太郎の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値

 

スポンサードリンク

 

伍代夏子の学歴~出身中学校(渋谷区立上原中学校)の詳細

 

出身中学校:東京都 渋谷区立上原中学校 偏差値なし

 

 

 

伍代夏子さんの出身中学校は、地元渋谷区内の公立校・渋谷区立上原中学校です。

 

中学時代は卓球部に在籍をしていました。

 

この頃には美空ひばりさんや八代亜紀さんなどの歌が上手な人の歌を聴くと、ぞわぞわっとなるほどでした。

 

しかし年頃の女子としては変わっているという自覚があったため、周囲にはあまりこのことは言わなかったとのことです。

 

中学生の頃にオーディション番組「スター誕生!」が人気で伍代さんもよく観ていました。

 

伍代さんは歌手になりたいという強い気持ちがあったことから、押し入れの中で歌を練習していました。

 

しかしながら落ちると恥ずかしいという思いもあったため応募はがきを書いても、なかなかポストへの投函ができませんでした。

 

結局中学3年間をこの状態で過ごしています。

 

【主な卒業生】

杉咲花(女優)

平野レミ(料理研究家・タレント)

田野優花(元AKB48)

 

杉良太郎の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値

 

スポンサードリンク

 

伍代夏子の学歴~出身小学校(渋谷区立富谷小学校)の詳細

 

出身小学校:東京都 渋谷区立富谷小学校

 

 

 

伍代夏子さんの出身小学校は、地元渋谷区内の公立校・渋谷区立富谷小学校です。

 

家族構成は両親と姉の4人家族です。

 

両親の影響で伍代さんも演歌好きになっています。

 

加えて実家が東京で魚屋を営んでいたため、祖母の口癖は「(美空)ひばりさんだって魚屋だったんだから、お前も頑張れば演歌歌手になれる」だったといいます。

 

幼少期は飴玉などにつられて家族や店に来るお客さんの前で歌を披露させられていましたが、4歳くらいになると全く歌わなくなりました。

 

伍代さんは恥ずかしさと何かをもらい歌うことが屈辱的だったのかもしれないとのことです。

 

また小学生時代にはよく仮病を使い学校を休んでいました。

 

人前に出るのが苦手だったことから、学級委員になった際にも登校拒否寸前になっています。

 

伍代さんは1971年にリリースされた小柳ルミ子さんのデビュー曲「わたしの城下町」に心を奪われており、外見も好きだったことから憧れの女性でした。

 

以上が伍代夏子さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

歌手デビュー後はなかなかヒット曲に恵まれませんでしたが、30歳過ぎでようやく人気歌手になっています。 

 

その後の活躍は周知の通りで長らく女性人気演歌歌手として活躍していますし、NHK紅白歌合戦の常連になるほどです。

 

 

末永く活躍してほしいものです。

 

杉良太郎の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ