武藤敬司の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|柔道がすごかった!

 

人気プロレスラーの武藤敬司さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は武藤さんは学生時代は柔道で国体優勝を遂げたことがありました。学生時代のエピソードや情報、若い頃のカッコイイ画像なども併せてご紹介いたします

 

武藤敬司(むとう けいじ)

 

 

1962年12月23日生

身長188㎝、体重110㎏

血液型はB型

 

山梨県富士吉田市出身のプロレスラー

本名同じ、別名義は「グレート・ムタ」

娘はタレントの武藤愛莉

 

以下では武藤敬司さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

武藤敬司の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:山梨県 富士河口湖高校 偏差値47(やや容易)

 

 

 

武藤敬司さんの出身高校は、県立の共学校の富士河口湖高校です。

 

この高校は1977年開校の県立校で、武藤さんは2期生として入学しています。

 

武藤さんは高校時代は柔道部に在籍しており、部活動に励んでいます。

 

高校1年生の時には国体で優勝するなど、当時からかなりの実力を発揮しています。

 

国体には高校時代に3年間連続で出場しています。

 

そのため地元では有名な存在で体も大きかったことから、不良たちも一目置く存在でした。

 

ただし武藤さん自身は部活動に打ち込んでいたことから不良ではなく、悪さなどもしていません。

 

ちなみに柔道の段位は三段です。

 

なお2014年にバラエティ番組「アメトーーク!」に出演した際には、30年ぶりに柔道着を着たことをツイッターでつぶやいています。

 

 

そして武藤敬司さんは高校卒業後は、東北柔道専門学校(偏差値なし)に進学しています(現在は仙台接骨医療専門学校)。

 

 

高校時代の実績からいくつかの大学からスカウトの声もかかっていますが、武藤さんは柔道整体師の資格を取得するために専門学校に進学する道を選択しています。

 

専門学校時代も柔道を続けており、全日本ジュニア柔道体重別選手権大会の95kg以下級で3位に入りました。

 

このような実績によって、全日本の強化指定選手にも選ばれました。

 

この専門学校在学中に武藤さんは柔道整復師の免許も取得して、卒業後は故郷の山梨県に戻って整骨院のインターンを務めています。

 

ちなみにこの専門学校に通ったことが、武藤さんがプロレスラーになるきっかけにもなりました。

 

東北柔道専門学校の先輩が勤務していた接骨院を新日本プロレスの選手が利用していたことが縁で、1984年21歳の時に新日本プロレスに入門してプロレスラーとしてのキャリアがスタートしました。

 

ちなみにその後「闘魂三銃士」と呼ばれるようになった蝶野正洋・橋本真也とは同日入門にあたります。

 

 

入門して3日ほどで練習があまりにも厳しく当時コーチを務めていた元プロレスラーの山本小鉄さんに「やめたい」といったことがあったそうです。

 

しかし小鉄さんは「あと1週間だけ辛抱してみろ」といったそうです。

 

ほかの練習生であれば引き留めることはまずなかったといわれているので、入門当時からその逸材に高い期待のかかっていたことがうかがえるエピソードです。

 

 

以降の活躍は周知の通りで、1980年代後半にアメリカで悪役レスラー「グレート・ムタ」としてブレイク。

 

 

1990年に帰国すると日本国内でも有数の人気レスラーとなっています。

 

 

以降もプロレス界をけん引して、「日本マット界の至宝」とも呼ばれています。

 

スポンサードリンク

 

武藤敬司の学歴~出身中学校の学歴

 

出身中学校:山梨県 富士吉田市立下吉田中学校 偏差値なし

 

 

 

武藤敬司さんの出身中学校は、地元山梨県富士吉田市内の公立校・下吉田中学校です。

 

小学校時代は野球と柔道をおこなっていましたが、中学校では野球部に入部しています。

 

ところが先輩とソリが合わなかったことから野球部はすぐに退部して、柔道部に入部し直しています。

 

柔道部に入るとめきめき頭角を現し、中学3年生の時には初段黒帯を獲得しました。

 

このように柔道漬けの中学時代だったのですが、実は意外にも武藤さんは絵の才能もありました。

 

2019年に中学時代に描いたジェームス・ディーンの肖像画をツイッターで公開すると、「すごい芸術センスだ」「個展をやればいいのに」「うそでしょ?」といったコメントが多数寄せられる事態になってしまいました。

 

 

【主な卒業生】

志村正彦(ミュージシャン・フジファブリック)

嶋佐和也(お笑い・ニューヨーク)

 

スポンサードリンク

 

武藤敬司の学歴~出身小学校の学歴

 

 

出身小学校:山梨県 富士吉田市立下吉田第一小学校

 

 

 

武藤敬司さんの出身小学校は、富士吉田市内の公立校の下吉田第一小学校です。

 

家族構成は両親と妹の4人家族です。

 

 

実家は造園業を営んでいました。

 

武藤さんは誕生時に4000ℊも体重があり、当時からかなり大柄でしたが運動神経は抜群でした。

 

小学校時代にはバック転やバック宙もできるようになっています。

 

小学2年生の時に、近藤正臣さんらが出演していたテレビドラマの「柔道一直線」を見て柔道を習いはじめています。

 

小学5年の時には少年野球チームにも入り、エースで4番としても活躍しています。

 

また小学校時代には実家の家業の造園の仕事を手伝って、小遣いももらっていました。

 

以上が武藤敬司さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

プロレスラーとして蝶野正洋さんや橋本真也さんとともに「闘魂三銃士」として、長らくプロレス界をけん引していきました。

 

 

またタレントや俳優としても活動しており、1987年には映画「光る女」で主演もしています。

 

 

現在でも高い人気を誇る人物だけに、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ