アジャ・コングの学歴|出身高校や中学校の偏差値と若い頃の画像

 

人気プロレスラーのアジャ・コングさんの出身校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。タレントとして数々のバラエティ番組に出演しているアジャ・コングさんはどのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃の画像なども併せてご紹介いたします

 

アジャ・コング

 

 

1970年9月25日生

身長165㎝、体重108㎏

血液型はO型

 

東京都昭島市出身の女子プロレスラー

本名は宍戸江利花(ししど えりか)

 

以下ではアジャ・コングさんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

アジャ・コングの学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:進学せず

 

アジャ・コングさんは中学校卒業後は、高校などに進学していません。

 

中学時代に全日本女子プロレスの入門テストに一発合格したことから、高校には進学せずにプロレスラーを目指しています。

 

そしてトレーニングを積んで中学校を卒業した1986年9月に、プロレスラーとしてデビューしています。

 

当初から悪役レスラーだったブル中野さんの務めていたこともあり、ヒール(悪役)としてデビューしています。

 

 

しかし意外にもアジャさんは「クラッシュギャルズ」の長与千種さんに憧れてプロレスラーになったことから、当初はヒールになることを不本意に思っていました。

 

そんな中憧れだった長与さんからサングラスを渡されて、「このサングラスが似合う悪党になれ」と励まされたこともあって踏ん切りがついています。

 

以降は悪役レスラーの道を突き進んで、ブル中野さんや井上京子さんらと「獄門党」のメンバーとして暴れています。

 

 

また24歳だった1994年に女優の瀬戸朝香さんとCMで共演したことがきっかけで、瀬戸さんが所属する芸能事務所にも所属しています。

 

 

 

1998年には女優デビューもしており、「花とアリス」や「安堂ロイド」などの話題作にも出演しています。

 

さらに2012年には「老獄」で映画に主演しています。

 

 

 

以降も人気プロレスラーとして活躍する傍らで、タレントとして数々のバラエティ番組に出演して人気者になっています。

 

 

プロレスでは悪役ですが実は非常に優しい人物なので、そのギャップも人気の秘訣のようです。

 

スポンサードリンク

 

アジャ・コングの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 昭島市立多摩辺中学校 偏差値なし

 

 

 

アジャ・コングさんの出身中学校は、地元昭島市内の公立校の多摩辺中学校です。

 

中学時代はバレーボール部に所属して部活動に励んでいました。

 

バレーボール部では身体能力の高さを活かして、エースとして活躍していました。

 

また当時は体格の良さを買われて不良グループから誘われていますが、アジャさんはグループに入ることを断り続けていました。

 

子供の頃からプロレス観戦が大好きでしたが、アジャさんは中学2年生の時に長与千種さんの試合を観戦したことでプロレスラーになることを決意したとインタビューで話しています。

 

「「なろう」と思ったのは、中2の時に、近所でやっていた長与千種さんのシングルマッチを観たときです。それを観たら「やりたい」ではなくて「やらなきゃ」「私はこれをやるんだ」という感覚になった。それまではプロレスは観るものであってやるものではない。プロレスラーは選ばれた人だと思っていました」

 

そのため以降は自己流でトレーニングもはじめています。

 

またプロレスラーになろうと決意した以降は一切勉強をやらなくなったので、学校の成績は急落しています。

 

そのため母親が学校に呼ばれています。

 

その際には母親からプロレスラーになることは反対されていますが、1回だけ入門テストを受けることを許されています。

 

アジャさんは憧れだった長与さんが所属する全日本女子プロレスの入門テストを受けていますが、見事に合格しています。

 

【主な卒業生】

吉沢亮(俳優)

 

スポンサードリンク

 

アジャ・コングの学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

アジャ・コングさんの出身小学校は、地元昭島市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

父親はアメリカ軍の軍人で、母親が日本人のハーフです。

 

ただし父親は物心がつく前にアメリカに帰国したため、父親の記憶はいっさいありません。

 

そのため生まれた頃から母子家庭に育っており、お母さんは小料理屋で働いてアジャさんを育てています。

 

 

母親はかなり厳しく育てており、小学校時代から炊事や洗濯、針仕事などをやらされています。

 

また小学校1年生の頃から母親の勧めで空手を習っていました。

 

小学校時代はハーフであることを理由にイジメられましたが、母親からは「ケンカで勝つまで帰ってくるな」と突き放されています。

 

そのため当時からアジャさんは逞しく育っています。

 

ちなみに唯一の家族であるお母さんは、アジャさんが20歳だった1990年に肝臓がんで亡くなっています。

 

なお小学校時代からプロレスが大好きで、男子女子問わずテレビで観戦していました。

 

以上がアジャ・コングさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

16歳でプロレスラーとしてデビューしていますが、悪役レスラーにも関わらず高い人気を誇っています。

 

 

またタレントや女優としても活動しており、メディア出演が多いことでも知られています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ