鴻上尚史の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

鴻上尚史(こうかみ しょうじ)

 

 

195882日生

身長172

血液型はB

 

愛媛県新居浜市出身の劇作家、作家、タレント

 

以下では鴻上尚史さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

鴻上尚史の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:早稲田大学 法学部 偏差値68(難関)

 

 

鴻上尚史さんは高校卒業後は、名門私大の早稲田大学に進学しています。

 

現役での合格ではなく、1年間の浪人生活を経ての進学でした。

 

浪人を契機に地元の愛媛県新居浜市を出ていますが、東京に出ると誘惑に負けると考えたことから京都の駿台予備校に入学して寮生活をしていました。

 

大学入学後は演劇研究会に入会しており、大学4年生だった1981年には劇団「第三舞台」を立ち上げています。

 

この劇団は2011年に解散しましたが1980年代には小劇場ブームに乗って高い人気を誇り、筒井真理子さんや長野里美さんらを輩出したことで知られています。

 

その後は劇団活動の傍ら、ラジオ番組「オールナイトニッポン」のパーソナリティを務めて人気を博します。

 

 

そのため演劇活動や芸能活動に熱中しすぎたせいか、鴻上さんは大学を除籍ギリギリの8年かけて卒業しています。

 

以降は舞台の演出やテレビドラマの脚本、エッセイや小説の出版などかなりマルチな活動を展開しています。

 

加えてタレントやコメンテーターとしても活動しており、「シューイチ」などの情報番組にも出演しています。

 

 

その他にも人生相談なども高く支持されており、今後の活動にも注目が集まります。

 

スポンサードリンク



 

鴻上尚史の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:愛媛県 新居浜西高校 偏差値61(やや難関)

 

 

鴻上尚史さんの出身校は、県立の共学校の新居浜西高校です。

 

この高校は1917年開校の伝統校で、地元では古くからの進学校として知られています。

 

鴻上さんは高校時代は演劇部に在籍していました。

 

また高校時代は生徒会長を務めており、制服の廃止と服装の自由化を求めて他校と連携するために県内の高校生徒会連合を結成しようとしています。

 

生徒会連合の結成は実現しませんでしたが、鴻上さんは当時から際立った行動力を有していたようです。

 

加えて高校時代は熱心に読書をしており、安部公房さんの作品などを読んでいました。

 

また読書感想文で県のコンクールで優勝もしており、当時から文才がありました。

 

【主な卒業生】

福田栄一(小説家)

 

スポンサードリンク



 

鴻上尚史の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:愛媛県 新居浜市立中萩中学校 偏差値なし

 

 

鴻上尚史さんの出身中学校は、地元新居浜市内の公立校の中萩中学校です。

 

中学時代はソフトテニス部に在籍しており、部活動に打ち込んでいます。

 

ただし当時はとある先輩から意地悪もされており、尊敬できる先輩だけに従うことを決めたとインタビューで述べています。

 

「僕は中学時代、ソフトテニス部に入っていたが、ダメな先輩ほど威張って後輩をいじめ、僕も意地悪された。その時『先輩として尊敬できない人にどうして従わないといけないのか』と思い、尊敬できる先輩だけに従うことを決めた」

 

ちなみに2つ上の成績がいい先輩が意地悪をしてきた先輩に対しにらみをきかせてくれたので、当時は事なきを得たそうです。

 

鴻上尚史の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:愛媛県 新居浜市立中萩小学校

 

 

鴻上尚史さんの出身小学校は、地元新居浜市内の公立校の中萩小学校です。

 

家族構成は両親と8歳年下の弟の4人家族です。

 

父親と母親の職業はともに小学校教師でした。

 

子供の頃は両親が山奥の学校に勤務していたことから、新居浜市内の米屋を営む祖父の家に預けられて育てられたこともありました。

 

意外にも鴻上さんは子供の頃は身体が弱かったそうです。

 

以上が鴻上尚史さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

現在でも劇作家や演出家、コメンテーターやタレントといった様々な顔を持ち、様々なメディアで活動をしています。

 

またコメンテーターや人生相談などでの的確なコメントで高い人気を誇っています。

 

 

既に年齢は60代に突入していますが未だに精力的に活動しており、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ