ジョイマン高木晋也の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|大学で単位を取得しなかった!

 

お笑いコンビ「ジョイマン」の高木晋也さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。高木さんは勉強が得意で難関大学に進学しましたが、1単位も取得しないで中退しています。学生時代のエピソードや情報、当時の画像なども併せてご紹介いたします

 

高木晋也(たかぎ しんや)

 

 

 

 1980年8月18日生

身長178㎝

血液型はA型

 

神奈川県横浜市出身のお笑い芸人

お笑いコンビ「ジョイマン」のボケ担当

本名同じ

 

以下では「ジョイマン」高木晋也さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 




 

経歴/プロフィールの詳細

 

2002年に吉本総合芸能学院(NSC)東京校に8期生として入所。 

2003年にコンビを結成。 

2006年頃からラップ調のネタをやりはじめ、2008年に大ブレイク。 

「爆笑レッドカーペット」や「エンタの神様」などの人気のバラエティー番組にも多数出演した。 

俳優としても活動し、ドラマ「木下部長とボク」や舞台「ハイスクール奇面組」などにも出演している。 

2016年頃からラップの方向性が変わり、歴史上の人物を罵倒する内容が多くなっている。

 

高木晋也の学歴~出身大学(早稲田大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:早稲田大学 教育学部国語国文学科(中退) 偏差値65(難関)

 

 

 

高木晋也さんは高校卒業後は、名門私立大の早稲田大学に進学をしています。

 

現役での合格ではなく、1年間の浪人生活を経て入学しました。

 

在籍したのは教育学部です。

 

 

高木さんは大学受験で燃え尽きており、授業にも全く出席していませんでした。

 

周囲にもなじめなかったことから、友達がひとりもできませんでした。

 

また大学時代は自分の居場所を探し続けたことをインタビューで明らかにしています。

 

「在学中は、自分の頭の中で自分と自分で漫才をして、自分で『面白い…』とにやけているような日々でした。しかも、関西弁で…。気持ち悪いですよね(笑)。だから、ずっと自分の頭の中を見せられる場所を見つけたいと思い続けていたんです。」

 

また大学時代はずっと焦燥感を抱えており、周りからはどんどん引き離されて暗いところに落ちて行っているような感覚だったといいます。

 

 

20歳の時の成人式で小中学校時代に同級生だったシンガーソングライターの秦基博さんと4年ぶりの再会をしており、そこで秦さんは「俺はミュージシャンになる」と宣言をすると、中学時代の同級生で後に相方となる池谷和志さんは「お笑い芸人になる」と宣言しました。

 

それに対して高木さんは「僕になりたいものはない」と発言をしたところ、秦さんが「池谷と組んで芸人になれよ」と言ったそうです。

 

高木さんはお笑いには興味がありましたが、1人でやっていくことに抵抗があったことから秦さんの一言でお笑いの道に進もうと決意しています。

 

また高木さんは大学3年生のときに中退をしていますが、このことについてインタビューでは次のように話しています。

 

「若かったこともあり、もう戻れないと思い込んでいたんでしょうね。ただ退学届を出して、レールから完全に外れることによって、『新しい人生が始まった!』というスッキリした感覚を味わいました。」

 

ちなみに授業にはほとんど出席していなかったことから、在学中は1単位も取得しないで中退しています。

 

高木さんの祖父は「人に迷惑をかけなければ何をしてもいい」とよく話していたことから、高木さんは大学を中退することは怖くなかったそうです。

 

このことについて次のように話していました。

 

「僕は、そんな教えを守りながらも、誰かが敷いてきたレールに乗るのではなく、自分でレールを敷こうと思って生きてきたんです。」

 

21歳だった2002年4月に、池谷さんとともに吉本総合芸能学院(NSC)東京校に入校して本格的にお笑い芸人を目指しています。

 

NSCでは「パンサー」の尾形貴弘さんや「スリムクラブ」の内間政成さんらが同期です。

 

NSCを卒業した年に池谷さんとお笑いコンビ「ジョイマン」を結成しています。

 

コンビは2006年からラップネタで注目を集めはじめ、2008年にはブレイクしています。

 

 

ちなみにピーク時の月収は180万円だったそうです。

 

 

なお高木さんはお笑い以外にも俳優としても活動をしており、舞台やテレビドラマにも出演しています。

 

ジョイマン池谷和志の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

スポンサードリンク

 

高木晋也の学歴~出身高校(桐蔭学園高校)の詳細

 

出身高校:神奈川県 桐蔭学園高校 男子部 偏差値65(難関)

 

 

 

高木晋也さんの出身高校は、私立の男子校(当時)の桐蔭学園高校です。

 

この高校は1964年開校の私立高校で、県内でも有数のマンモス校として知られています。

 

高木さんが在籍した当時は男子部、女子部の男女別学制でしたが、2018年に男女共学化されています。

 

高木さんはこの高校に一般受験で入学しています。

 

自身の高校生活についてインタビューで次のように話しています。

 

「僕はマンモス高校にいながら、一人も友達がいなかったんです。だから小説を読んでいて、とくに『人間失格』はめちゃくちゃ読みました。暗い雰囲気のものや純文学が好きですね。芸人になってから読まなくなりましたが、いままた読んでいます」

 

高木さんは友人もできずに暗い高校生活を送っている中で、秦さんは別の高校でバンド活動をはじめてどんどん手の届かない存在になっていったと感じて話しかけることもできなくなっていったと言います。

 

【主な卒業生】

高橋由伸(元読売ジャイアンツ監督)

織田裕二(俳優)

水嶋ヒロ(俳優)

デーモン閣下(ミュージシャン)

 

ジョイマン池谷和志の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

スポンサードリンク

 

高木晋也の学歴~出身中学校(横浜市立谷本中学校)の詳細

 

出身中学校:神奈川県 横浜市立谷本中学校 偏差値なし

 

 

 

高木晋也さんの出身中学校は、地元横浜市内の公立校・横浜市立谷本中学校です。

 

前記のように相方の池谷さんとシンガーソングライターの秦基博さんは中学時代の同級生です。

 

後述するように高木さんは秦さんに憧れており、「自分を変えたい」という思いもあったことから追う形でバスケットボール部に入部をしています。

 

当時高木さんはクラスの中ではイケてないグループにさえ所属できなかったと話しており、暗い中学生活を送っていましたが秦さんから文化祭で「一緒にお笑いをやろう」と誘われています。

 

本番ではかなりウケたそうで、この時にはじめてお笑いの魅力に気づきました。

 

高木晋也の学歴~出身小学校(横浜市立つつじが丘小学校)の詳細

 



出身小学校:神奈川県 横浜市立つつじが丘小学校

 

 

 

高木晋也さんの出身小学校は、地元横浜市内の公立校・横浜市立つつじが丘小学校です。

 

家族構成やきょうだいの有無については不明です。

 

小学2年生の時に秦基博さんが転校してきたため出会っており、野球がうまくて、面白く絵が上手で歌もうまかった秦さんはすぐにクラスの人気者となりました。

 

そんな秦さんに高木さんは憧れていたといいます。

 

以上が「ジョイマン」高木晋也さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

コンビはラップネタでブレイクしました。

 

その後はメディアへの出演が減りましたが、未だにバラエティ番組などに出演しています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

ジョイマン池谷和志の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ