HKT堺萌香の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値|優等生だった!

 

アイドルグループ「HKT48」の堺萌香さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は堺さんは中学・高校時代は模範的で優等生でした。学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

堺萌香(さかい もえか)

 

 

1998年8月25日生

身長148㎝

血液型はA型

 

福岡県出身の歌手、タレント

アイドルグループ「HKT48」のメンバー

本名同じ、愛称は「おいもちゃん」

 

以下では「HKT48」堺萌香さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

堺萌香の学歴~出身高校(福岡県立輝翔館中等教育学校)・大学の詳細・優等生だった!

 

スポンサードリンク

 

出身高校:福岡県 輝翔館中等教育学校 偏差値50(普通)

 

 

 

「HKT48」堺萌香さんの出身高校は、県立の共学校の輝翔館中等教育学校です。

 

この高校は2004年に開校した中高一貫教育をおこなう中等教育学校です。

 

ちなみにこの高校の校歌はこの高校のある八女市黒木出身の女優・黒木瞳さんが作詞を担当しています。

 

堺さんは高校2年生の時に、運動は得意ではないのにバレーボール部に入部をしています。

 

学生時代の修学旅行ではシンガポールとマレーシアに行っています。

 

堺さんは高校2年生の時の成績はほとんどが4か5でしたが、体育だけは3だったそうです。

 

また高校では学級委員を務めるなど、模範的な生徒でした。

 

また堺さんは当時からアイドルになりたいと思っていましたが、なかなか踏ん切りがつきませんでした。

 

それでも高校3年生に進級する直前に「ラストチャンス」と思い、HKT48の4期生オーディションを受けています。

 

 

このオーディションの際にはAKB48の楽曲「あなたがいてくれたから」を披露しました。

 

すると見事に合格しています。

 

同じオーディションで合格した運上弘菜さんや小田彩加さん、松本日向さんらと4期生としてグループに加入しています。

 

 

同じ年の2016年7月にHKT48の4期生としてお披露目されており、その後は「おいもちゃん」という愛称で親しまれています。

 

堺さんはデビュー当初は「焦るぐらいの気持ちでやっていきたい」とコメントを残しています。

 

なお高校3年生で芸能界入りしていますが、転校などはせずにこの高校を卒業しています。

 

またこの中高一貫校を卒業した際には「いろんな方の協力のおかげで6年間通った学校を無事卒業」と公式ブログに書き綴っています。

 

 

なお堺さんは高校卒業後は大学などには進学しておらず、芸能活動に専念しています。

 

 

HKT48に入っていなかったら大学に進学する予定だったようです。

 

堺さんは高校を卒業した2017年11月に、研究生から正規メンバーに昇格しています。

 

2021年5月に発売された14thシングル「君とどこかへ行きたい」では念願の初選抜入りを果たしています。

 

 

 

この際にはインタビューで次のように話しています。

 

「ずっと目指してきた場所だった。一度も諦めたことはなかったし、ファンも信じて応援してきてくれたので、恩返しできてうれしい。いろんな私を見てもらえたらいいなと思うし、HKTの力になれるように頑張りたい」

 

 

2021年には雑誌「BOMB」にてグラビアデビューをしており、「お話がきたらやろうと思ってたから“あ、いよいよその時がきたのか!”って(笑)」とコメントを残しました。

 

 

また2022年には秋吉優花さんとともに、舞台「こりゃもてんばい」に出演して女優デビューを飾っています。

 

 

今後はメディアへの出演も増えそうなので楽しみですね。

 

スポンサードリンク

 

堺萌香の学歴~出身中学校(輝翔館中等教育学校)の詳細

 

出身中学校:福岡県 輝翔館中等教育学校 偏差値49(やや容易)

 

 

 

「HKT48」堺萌香さんの出身中学校は、県立の共学校の輝翔館中等教育学校です。

 

この中学校は公立校ですが中等教育学校なので入試があり、中学受験で入学しています。

 

堺さんはこの学校の中学受験では「なぜか作文にすごく自信があった」と話しています。

 

また中学時代はよく通学バスに乗りそびれていたことを明かしています。

 

中学時代はブラスバンド部に在籍しており、クラリネットを担当していました。

 

中学2年生だった2013年3月にHKT48の1stシングル「スキ!スキ!スキップ!」を歌番組で見て、植木南央さんのファンになっています。

 

そして生誕祭にも参加をしており、翌年の3月に3rdシングル「桜、みんなで食べた」が発売された際に植木さんの握手会にはじめて参加しました。

 

堺さんは「南央さんが1期生さんでHKTにいなかったらわたしもここにはいない」と言うほどでした。

 

なお2019年に植木さんがグループを卒業した際には、堺さんは公演の序盤から涙腺が崩壊して号泣しています。

 

その際には卒業する植木さんに逆に励まされています。

 

 

ちなみに植木さんのファンになる前はNMBが好きで山田菜々さんのファンでしたが、イベントに行ったりするほどではなかったようです。

 

中学3年生の時にはスマホが欲しいという理由から猛勉強をして、休みの日には10時間勉強することもありました。

 

スポンサードリンク

 

堺萌香の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

堺萌香さんの出身小学校は、福岡県内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

出身地も県内の筑後地方ということは判明していますが、それ以上の詳細は不明です。

 

家族構成は両親と弟と妹の5人家族です。

 

 

家族のグループラインがあるほど仲が良く、2022年1月に弟が成人式に出席した際には家族ラインに弟の写真が貼られていたことを明かしています。

 

堺さんが生まれた際には父親にそっくりで耳たぶが割ていました。

 

堺さんは2歳の頃から負けず嫌いで、母親がボタン留めを手伝おうとすると泣きながら怒っていたそうです。

 

3歳の時に弟が生まれてからは世話好きで布団代わりにオムツを弟にかけていました。

 

 

小学3年生の時から中学1年生まで少林寺拳法を習っていましたが、初段の試験を受ける手前で辞めています。

 

その他にも水泳を習っていました。

 

また小学校時代は学習塾にも通っていました。

 

他にも水泳や学習塾に通っていました。

 

堺さんは幼少期から手話を習っており、将来は社会福祉士になることも検討していました。

 

小学5・6年生の時には一番の成長期で身長がぐんぐん伸びていました。

 

以上が「HKT48」堺萌香さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

当初はグループ内ではあまり目立つ存在ではありませんでした。

 

しかしこのところはグラビアや舞台などで人気を博して、グループ内でも存在感が増しています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ