渡辺明三冠の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|将棋をサボっていた

 

「現役最強棋士」と言われる渡辺明三冠の出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は渡辺さんは高校時代は将棋をサボっていました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

渡辺明(わたなべ あきら)

 

 

1984年4月23日生

身長167㎝

血液型はO型

 

東京都葛飾区出身の将棋棋士

 

以下では渡辺明さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

渡辺明の学歴~出身高校・大学の詳細・将棋をサボっていた

 

スポンサードリンク

 

出身高校:東京都 聖学院高校 偏差値57(中の上)

 

 

 

渡辺明さんの出身高校は、私立の男子校の聖学院高校です。

 

この高校は1903年開校のキリスト教系の私立高校です。

 

渡辺さんがこの高校に在籍した当時は、1学年上に講談師の神田伯山(神田松之丞)さんが在籍しています。

 

 

後述するように渡辺さんは中学3年生の頃にプロデビューしており、高校時代もプロ棋士として活動しています。

 

そのため高校に行かないで将棋に専念することも検討しましたが、学校が好きだったことから高校に進学しています。

 

さらにインタビューでは高校時代は「将棋をサボっていた」と話しています。

 

「僕はサボリ体質の遊び人だったんで。今もそうだけど(笑)。授業には出ていましたよ。むしろ僕の高校生のときは学校生活が本分ですから、将棋をサボっていたんです(笑)」

 

高校2年生までは将棋をやるのは対局日だけだったとも述べています。

 

「平日は高校に通っているから研究も出来ないし、研究会とかも行けない。当時は今のようにネットでプロの棋譜も見られなかったですしね。対局の日以外は連盟に行かないから棋譜も分かんない、みたいな」

 

渡辺さんは将棋よりも圧倒的に学校に行くことが楽しかったと述べており、かなり充実した高校生活だったようです。

 

しかし周囲が受験勉強で忙しくなった高校3年生の時に「やることがなくなったから将棋に戻りました」と話しています。

 

そのため高校3年生だった2002年から将棋に打ち込むようになっています。

 

 

【主な卒業生】

志尊淳(俳優・転校)

原田龍二(俳優)

 

そして渡辺さんは高校卒業後は大学などには進学せずに、将棋に専念しています。

 

すると高校を卒業した2003年に史上3番目の若さでタイトル戦(王座戦)の挑戦者になって、当時のトップ棋士の羽生善治さんに挑戦しています。

 

この際には羽生さんをカド番まで追い込んでいますが、逆転負けを喫してタイトル獲得とはなりませんでした。

 

とは言え高校3年生の頃から将棋に真剣に打ち込むようになって、わずか2年でここまで来ています。

 

また20歳だった2004年には「竜王」のタイトルも獲得しています。

 

 

その後の活躍は周知の通りで、2009年には三冠を達成しています。

 

また「現役最強棋士」と言われており、2020年の「棋聖戦」での藤井聡太七段との対戦は大きな話題になっています。

 

 

藤井七段とは今後も対戦が続きますから楽しみですね。

 

スポンサードリンク

 

渡辺明の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 聖学院中学校 偏差値51(普通)

 

 

 

渡辺明さんの出身中学校は、私立の男子校の聖学院中学校です。

 

この中学校は出身高校に併設している系列校なので、高校には内部進学で進んでいます。

 

渡辺さんは高校進学の際の負担が少ないことから、中高一貫校のこの中学校に進学しています。

 

また同門の棋士の宮田敦史さんがこの中学校に通学していたことから、「将棋に理解がありそう」というのも理由でした。

 

中学時代は奨励会に在籍しており、プロ棋士を目指していました。

 

その一方で中学時代はプロ野球に熱中しており、その頃からヤクルトスワローズのファンです。

 

そして中学校を卒業間近だった2000年3月に四段に昇格してプロ棋士になっています。

 

 

前記の通り高校進学は迷いましたが、最終的には進学を決断しています。

 

スポンサードリンク

 

渡辺明の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:東京都 葛飾区立宝木塚小学校

 

 

 

渡辺明さんの出身小学校は、地元葛飾区内の公立校の宝木塚(ほうきづか)小学校です。

 

父親がアマチュア五段の将棋好きだったことで、渡辺さんも小学校1年生の頃から将棋をはじめています。

 

インタビューでは小学校時代に「プロになる」と決意したと述べています。

 

その一方で当時から友達とよく遊んでおり、子供の頃から「将棋一色」の生活ではなかったようです。

 

とは言え小学校4年生だった1994年に小学生将棋名人戦で優勝して、早くも才能の片りんを覗かせています。

 

 

ちなみに当時はこの大会で小学校4年生が優勝したのははじめてのことでした。

 

この年に所司和晴さんの門下に入り、奨励会にも所属しています。

 

そして小学校6年生の時には早くも初段に昇格しています。

 

その際にこのまま行くと三段リーグと高校受験が同じ時期になることから、高校受験のない中高一貫校の聖学院中学校を受験して進学しています。

 

 

以上が渡辺明さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

現在ではトップクラスの棋士のひとりで、羽生善治さんや藤井聡太さんらの実力者と数々の死闘を繰り広げています。

 

また奥さんが漫画家の伊奈めぐみさんで、その作品の「将棋の渡辺くん」のモデルにもなっています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ