阪口夢穂の学歴|出身高校中学校や小学校の偏差値と学生時代

 

阪口夢穂(さかぐち みずほ)

 

 

19871015日生

身長165㎝、体重56kg

血液型はO

 

大阪府堺市出身の女子サッカー選手

 

以下では阪口夢穂さんの出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 東百舌鳥高校 偏差値47(やや容易)

 

 

阪口夢穂さんの出身高校は、府立の共学校の東百舌鳥高校です。

 

この高校は部活動が盛んで、ダンス部が強豪として知られています。

 

阪口さんは中学時代にクラブチームのラガッツァFC高槻に在籍しており、高校のサッカー部などには所属してません。

 

高校1年生の時にラガッツァに在籍したままトップチームのスペランツァ高槻にも登録されて、その年の5月のLリーグ開幕戦に出場しています。

 

また同じ年にはU-18大阪府選抜にも選ばれて全日本女子ユースサッカー選手権に出場し、準優勝に輝いています。

 

高校2年生の時にも大阪選抜に選ばれています。

 

そして阪口さんは高校3年生の時にはじめて日本代表に召集されています。

 

この際のエピソードについては、インタビューで次のように話しています。

 

「最初に選ばれたのは高校3年生の時だったんですが、大阪の町クラブにいたので、本音を言えば行きたくないって思っていました。当時の代表はベレーザの選手とか有名クラブの選手が多かったので、私のこと「誰やねん」って思っていたはず(笑)。だから選ばれたのは嬉しかったけど、ちょっと怖いというか、不安のほうが大きかったですね」

 

ただし当時は高校生であったこともあり、代表では目立った活躍はしていません。

 

【主な卒業生】

松本穂香(女優)

 

そして阪口夢穂さんは高校卒業後は大学などに進学せず、サッカーに専念しています。

 

高校卒業後はなでしこリーグの・TASAKIペルーレFCに入団しています。

 

 

TASAKIペルーレは休部のため3年間の在籍に留まりましたが、以降はアルビレックス新潟や日テレ・ベレーザに在籍して主力選手として活躍。

 

また日本代表としても2008年の北京オリンピックと2012年のロンドンオリンピックも経験。

 

ワールドカップも2007年から連続出場しており、2011年の日本代表の初優勝には大きく貢献しています。

 

 

澤穂希さんの引退後は代表チームでも精神的な支柱としてけん引しています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:大阪府 堺市立五箇荘中学校 偏差値なし

 

 

阪口夢穂さんの出身中学校は、地元堺市内の公立校の五箇荘(ごかしょう)中学校です。

 

前記のように阪口さんは中学生時代にラガッツァFC高槻に入団しています。

 

ただし当時は練習場までは電車で片道1時間ほどかかっていましたが、勉強も頑張っていたとインタビューで話しています。

 

「中学校の時は、サッカーをするために電車で1時間くらいのところまで通っていたんで、大変だったですね。帰りも遅いので、へとへとになったけど、勉強もしっかり頑張っていましたよ

 

そして中学2年生の時にU-16日本女子ユース選抜候補となって、トレーニングキャンプにも参加しています。

 

学歴~出身小学校

 


 

出身小学校:大阪府 五箇荘東小学校

 

 

阪口夢穂さんの出身小学校は、地元堺市内の公立校の五箇荘東小学校です。

 

家族構成は両親と兄、妹の5人家族です。

 

兄の阪口憂也さんはスリーピースロックバンドchappのドラムスを担当しています。

 

なお新潟アルビレックス時代の同僚の阪口萌乃さんは妹ではなく、妹さんは一般人です。

 

阪口さんは7歳の時から兄の影響でサッカーをはじめており、下野池少年サッカースクールに入団しています。

 

このチームでは男子に交じってプレーしています。

 

その後はサウスフリーウィンドFCに移っています。

 

当時は女子サッカーはさほど盛んにおこなわれていませんでしたが、小学生時代から既に将来の夢はサッカー選手でした。

 

阪口さんは卒業文集にも「サッカー選手になりたい」と書いたことを明らかにしています。

 

「卒業文集にはサッカー選手って書いていたと思います。当時はそこまで女子サッカーが盛んでもなかったし、周りには「何言ってんねん」と思われていたかもしれないけど、なりたいという気持ちは強かったですね

 

以上が阪口夢穂さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

高校卒業後は順調にキャリアを重ねて、1年間はアメリカのクラブチームでプレーした経験もあります。

 

またなでしこジャパンでも長らく主力選手として活躍しており、その貢献度は計り知れません。

 

 

現役生活も後半戦に差しかかっていますが、さらなる活躍に期待が高まります。

 

スポンサードリンク






 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ