雅子さまの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

雅子さま

 

 

1963129日生

身長164

血液型はA

 

東京都港区出身の皇后

 

以下では皇后雅子さまの出身大学や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

学歴~出身大学

 

スポンサードリンク



 

出身大学:ハーバード大学 経済学部 超難関

 

 

雅子さまの出身大学は、世界的な難関大学として知られるハーバード大学です。

 

この大学は常に世界大学ランキングのTOP10に入るほどの名門私立大学です。

 

また2018年の段階でノーベル賞受賞者48名、アメリカ大統領8名、32名の元留学生が国家元首になっています。

 

雅子さまはこの大学のほかにエール大学やプリンストン大学などのアメリカの名門大学に合格していますが、日本で就職するにはもっとも名前の通った大学に進学するのが有利と考えてこの大学に進学しています。

 

 

大学時代はフランス語のサークルに入会するとともに、大学1年生の時には日本文化クラブを自ら設立するなどアクティブに活動しています。

 

このクラブでは浮世絵や能の紹介や黒澤明監督の映画の上映、日本食の試食会などを催して日本文化を紹介しています。

 

また経済学部では数理経済学を専攻して、卒業時には成績優秀な学生に贈られる「マグナ・クム・ラウデ優等賞」を受賞しています。

 

 

経済学部の学生でこの賞を受賞したのは当時はまだ3人目でした。

 

アメリカの名門大学は入学よりも卒業のほうが遥かに難しいことで知られていますが、優等賞を受賞ほど学業に打ち込んでいます。

 

 

そして雅子さまはハーバード大学を卒業後は、東京大学法学部(偏差値73・超難関)の3年生に外部学士入学しています。

 

この際の入学試験は100人が受験していますが、合格者はわずか3人という難関です。

 

日本に帰国して東大に入学したのは後のインタビューで「米国に残ったら根無し草になってしまうような気がして日本に帰りたかった」と述べています。

 

東大時代の友人が当時について次のように話しています。

 

「雅子さまとは、毎日のように大学の授業が終わったあと、近くの喫茶店でいまでいう“女子会”のようにたわいのないおしゃべりをしていました。雅子さまは、お気遣いも細やかで、ふだんは聞き役に回られることが多かったのですが、外交官を目指す理由をお聞きしたときに『どのような形であっても、世界的な視野で日本のために尽くしていきたいからです』とはっきりとおっしゃったことが印象に残っています」

 

そしてその年にこれもかなりの難関とされる外交官試験に合格しています。

 

そのため翌年には東京大学を中退して、外務省に入省しています。

 

 

言うまでもなく公務員の国家Ⅰ種試験の中でも外交官試験(外務公務員採用Ⅰ種試験)は飛びぬけて難関で、それゆえ雅子さまが「究極のキャリアウーマン」や「エリート中のエリート」と呼ばれるゆえんです。

 

当時は外務省における女性初のキャリア官僚だったので、大きな話題になっています。

 

また入省した翌年にはイギリスのオックスフォード大学・ベリオールカレッジに公費留学しています。

 

帰国後は北米局北米二課に配属されていますが、激務のため徹夜での勤務や深夜に帰宅することもありました。

 

外務省時代には得意の英語力を活かして、竹下登さんや中曾根康弘さん、海部俊樹さんら歴代総理大臣の通訳も務めています。

 

 

そして29歳だった1993年にかねてから親交のあった皇太子・徳仁親王(今上天皇)と結婚しています。

 

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校

 

出身高校:アメリカ ベルモントハイスクール 偏差値なし

 

 

雅子さまの出身高校は、アメリカのボストン州ベルモント市内の公立校のベルモントハイスクールです。

 

アメリカの公立高校は基本的に住んでいる地域によって進学する学校が決まるので偏差値はありません。

 

また優秀な生徒は飛び級によって次々と学年を上げていきます。

 

雅子さまは当初はお嬢様学校として知られる東京の田園調布雙葉高校(推定偏差値65)に入学しています。

 

 

しかし父親で外交官だった小和田恆さんがアメリカの日本大使館の勤務となったので、高校2年生の時にこの高校に編入しています。

 

高校時代はソフトボール部と数学クラブに所属しています。

 

 

また高校時代は勉強にも励んでおり、卒業時にはアメリカ政府が全米上位5%の成績優秀の生徒に贈る「ナショナル・オーナー・ソサイティ」を受賞するほどでした。

 

加えて在学中には地元の新聞紙に掲載される「成績優秀者」に常に掲載されています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 


 

出身中学校:東京都 田園調布雙葉中学校 偏差値57(中の上)

 

 

雅子さまの出身中学校は、私立の女子校の田園調布雙葉中学校です。

 

この中学校は高校に併設されている系列校で、高校へは内部進学で進んでいます。

 

雅子さまは中学時代は同級生とともにソフトボール部をつくるなど、スポーツも大好きでした。

 

ソフトボール部のチームメイトたちは、当時について次のように話しています。

 

「お弁当を食べたら、すぐ外に出て行って、キャッチボールするとか。言葉には出さなくても、引っ張っていくお姿が雅子さまだと思う」

「割と控えめなお人柄ではあります。でも、いざというときには頼りになって、試合でも、オワ(雅子さま)がいてくれれば大丈夫みたいな安心感は常にあった」

 

なお雅子さまはポジションはサードを守っており中心選手として活躍して、区の大会でも優勝するほどでした。

 

また当時は学校の近くにプロ野球・巨人軍の多摩川グラウンドがあったことから、友人らとたびたび練習を見学に行っています。

 

ちなみに当時は高田繫さんのファンでした。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 

出身小学校:東京都 田園調布雙葉小学校

 

 

雅子さまの出身小学校は、私立の女子校の田園調布雙葉小学校です。

 

この小学校は1941年開校のキリスト教系の名門小学校として知られています。

 

家族構成は両親と双子の妹の5人家族です。

 

 

父親の小和田恆さんは東京大学教養学部からケンブリッジ大学大学院に進み、外務省の事務次官を務めるほどのエリートです。

 

また母親の優美子さんも慶応義塾大学を卒業後、エールフランス航空東京支社長秘書を経て小和田さんと結婚しています。

 

 

東京の港区出身ですが、2歳からは父親の仕事の都合でモスクワで暮らしています。

 

そしてスイスを経て4歳の時にアメリカのニューヨークに一家で移住しています。

 

小学校は現地の公立校のニューヨーク市立第81パブリックスクールに入学しています。

 

小学校2年生の時に一家で帰国したことから、新宿区立富久小学校に転校しています。

 

その後は塾に通って、小学校3年生の時に田園調布雙葉小学校の編入試験に合格しています。

 

雅子さまがこの小学校に入学したのは、母親の優美子さんの母校でもあったからです。

 

小学校時代は生物部に所属しており、生き物が大好きでした。

 

自宅ではイモリやカメレオンを飼っており、顧問の先生とともに昆虫採集にも行っています。

 

ちなみに当時の顧問の先生がお茶会に招かれた際には、雅子さまはクワガタを飼っていることを明かし、水槽15ケース分もノコギリクワガタを飼っており、現在でも生き物が大好きなようです。

 

またその影響で娘の愛子さまも虫が大好きだそうです。

 

そして雅子さまは小学校の卒業文集には将来の夢を獣医としています。

 

  

以上が皇后雅子さまの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

今上天皇との結婚式の際には「雅子さまフィーバー」と呼ばれるほどの大きな話題となりました。

 

また皇后陛下となられた後はその華麗なる学歴と卓越した語学力で皇室外交なども期待されています。

 

 

数ある皇族の方々の中でも国民からの高い人気を誇っており、末永いご健在をお祈りした限りです。

 

スポンサードリンク






 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ