倉科カナの学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と高校時代や経歴

倉科カナ(くらしな かな)

 

%e5%80%89%e7%a7%91%e3%82%ab%e3%83%8a

 

1987年12月23日生

身長158㎝

 

熊本県出身の女優、タレント

 

以下では倉科カナさんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2005年高校3年時に応募したオーディションに合格し、翌年から本格的に芸能活動を開始。

 

2006年には「ミスマガジン」のグランプリに輝き、タレントと並行してグラビアアイドルとしても活動。

 

 

同年に深夜ドラマ「根津サンセットカフェ」で女優デビュー。

 

 

翌年の「GROW 愚郎」で映画デビュー。

 

2008年からは舞台にも挑戦し、2010年の朗読劇「私の頭の中の消しゴム」は高い評価を受ける。

 

2009年にNHKの朝ドラ「ウエルかめ」のヒロインに大抜擢され、お茶の間の顔となり完全に女優に転身する。

 

 

その後は「それでも、生きてゆく」「私が恋愛できない理由」「ファーストクラス」「残念な夫。」などの話題作に出演。

 

 

テレビや映画の出演と併せて、舞台でも活躍。

 

グラビアアイドルで女優の橘希は妹。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:熊本県 熊本信愛女学院高校 偏差値45(容易)

 

倉科カナさんの母校は熊本信愛女学院高校。

カトリック系の中高一貫教育の私立の女子高です。

 

部活動が盛んで、特にバレーボール部は全国的にも強豪として知られています。

 

系列の熊本信愛女学院中学校(偏差値55)から同校に内部進学しています。

 

倉科さんは高校3年時にオーディションに合格したものの、当時は学業優先で卒業を待ってから芸能活動をはじめました。

 

高校時代は吉野家など多くのアルバイトを経験した倉科さんですが、学業にも真面目に取り組んでいたようですね。

 

ちなみに倉科さんは母親が18歳の時に生まれた子供で、母親もまだ40代とのこと(2016年現在)

 

また妹3人と弟1人の大家族で、弟とは18歳も年が離れています。

 

(中学生時代)

 

【主な卒業生】

川上優子(元陸上選手・アトランタ五輪代表)

前田彩里(陸上選手)

古賀紗理那(バレーボール選手)

白垣里紗(バレーボール選手)



 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

高校を卒業した倉科カナさんは、大学に進学せずに芸能活動に専念する道を選びます。

 

すると上京後まもなく、講談社の「ミスマガジン」のグランプリに輝き、グラビアアイドルとして順調にキャリアを重ねます。

 

かなり順調で恵まれたスタートとなりましたが、これも芸能活動に専念したお陰かもしれません。

 

それでもグラビアアイドルとしての活動と並行して女優も目指し、NHKの朝ドラのヒロインにも抜擢されました。

 

現在主演作は当時ほど減りましたが、未だに話題のドラマや映画への出演が絶えない人気女優としての地位も築きました。

 

このあたりは決して天狗にならずに、しっかりとキャリアを重ねた真面目で堅実な彼女の性格も窺われますね。

 

現在でも女優として高い人気を誇っている人物だけに、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク






ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ