杉村太蔵の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|テニスがすごかった!

 

元政治家で情報番組でコメンテーターを務める杉村太蔵さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は杉村さんは幼少期からテニスに打ち込んでおり、高校時代には全国大会で優勝した経験もあるほどです。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

杉村太蔵(すぎむら たいぞう)

 

004

 

1979813日生

身長178

血液型はO型

 

北海道旭川市出身のタレント、元国会議員

本名同じ

 

以下では杉村太蔵さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介します




 

経歴・プロフィールの詳細

 

ドイツ証券に勤務していた2005年に自由民主党の公募に応募し、同年9月の衆議院議員選挙に比例区から出馬して当選する。 

2009年の衆議院議員選挙では地元の北海道1区から出馬しようとするもまとまらず、結局は不出馬で1期のみで衆議院議員の任期を終える。 

2010年の参議院議員選挙では自民党を離党して、たちあがれ日本から出馬するも落選した。 

落選後からタレント活動をはじめ、多くのバラエティー番組に出演。 

2010年のドラマ「ナサケの女」で俳優デビューして、「黒の女教師」にも出演している。 

私生活では2005年に一般人女性と結婚し、子どもが2人いる。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:筑波大学 体育専門群 偏差値58(やや難関)

 

 

 

杉村太蔵さんは高校卒業後は、筑波大学に進学します。

 

ただし一般受験ではなく、テニスによるスポーツ推薦での入学です。

 

また大学進学の際には父も祖父も歯科医だったことから歯科医を継ぐように言われたそうですが、「父さん僕は口の中にどうしても興味が持てない。もっと広い世界を見てみたいんだ」と歯学部には進学しなかったことをインタビューで話しています。

 

杉村さんは筑波大学に進学したもののレベルの高い授業に全くついていくことができずに、専攻で学んだ内容にも興味を持つことができませんでした。

 

大学では体育会硬式テニス部に入部しましたが、テニスへの意欲も高校の時に燃え尽きてしまっていたようです。

 

また男子ばかりの大学生活にもうんざりしていたそうです。

 

そのため大学のテニス部は退部しています。

 

杉村さんは曽祖父が弁護士だったことから、大学時代は弁護士になりたいと思っており司法試験の予備校に通って勉強をしていました。

 

昼は大学に通い、夜は予備校に通っていました。

 

そして予備校での勉強に熱中し大学にほとんど通わなくなっていたことが親にバレて、仕送りを打ち切られたこともあったようです。

 

大学でも体育学群から法学部に転部をしようとしましたが、転部することは認められずに2年留年した後、単位が足りずに卒業できないことが判明し中退を決意しました。

 

そして24歳だった2004年3月に6年間通った筑波大学を中退しています。

 

杉村さんは大学を中退したことについてインタビューで次のように振り返っています。

 

「大学を中退したことは強烈なコンプレックスになっています。でも、その20代前半の大きな挫折が常に自分を駆り立てていますね。ヤバい、二度とこういう失敗をしてはいけない。がむしゃらに頑張らなきゃいけないんだと。」

 

また司法試験も受験しましたが上手くいかずに就職活動にも失敗したことから、父親に実家に戻り歯医者の仕事を手伝うと申し出たところ「資格もないのに歯医者の仕事ができるか! 働かないなら死ね!」と言われて初めて自身の置かれている状況に気づいたそうです。

 

そのため派遣社員として清掃員になり、顔見知りの外国人に誘われてドイツ証券の契約社員となります。

 

すると26歳だった2005年に自民党の公募に応募したところ合格し、いきなり出馬した衆議院議員選挙でも当選を果たす快挙を遂げています。

 

 

とは言え衆議院議員時代は失言が多く、次の選挙では自民党の公認を得られずに、たちあがれ日本から出馬しますが落選し、政治家を引退します。

 

 

とは言えその後にタレントに転身すると、「サンデージャポン」や「ミヤネ屋」などのテレビ番組にコメンテーターとして起用されています。

 

杉村さんは37歳の時にもう一回勉強しようと思い、2016年4月から慶應義塾大学大学院の博士課程に進学しています。

 

 

ちなみに大学院に進学するには必ずしも大学を卒業する必要はなく、各大学院の審査に合格すれば進学は可能です。

 

その他にも「しくじり先生」などのバラエティ番組で好評です。

 

 

講演活動なども精力的におこなっています。 

 

スポンサードリンク

 

杉村太蔵の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:北海道 札幌藻岩高校 偏差値59(中の上)

 

 

 

杉村太蔵さんの出身高校は、市立の共学校の札幌藻岩(もいわ)高校です。

 

この高校は1972年開校の公立校で、男子テニス部が強豪として知られています。

 

杉村さんは小学生の頃からテニスをやっており、テニス部に入部するためにこの高校に進学しています。

 

 

この高校へは推薦入学ではなく一般受験で進んでいます。

 

実家は旭川市なので、高校時代の3年間は下宿生活をしています。

 

高校入学後は2ヶ月ほどでテニスの北海道大会で最年少優勝を果たしました。

 

006

 

テニス部ではキャプテンを務めていました。

 

そして高校3年生の時には国体の男子少年ダブルスで優勝をするという快挙を遂げています。

 

そのため全国の有名大学からスポーツ推薦のオファーが来ていました。

 

杉村さんは高校時代に将来は体育の先生になりたいと思っていたそうです。

 

【主な卒業生】

大泉洋(俳優)

 

スポンサードリンク

 

杉村太蔵の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:北海道 旭川市立六合中学校 偏差値なし

 

 

 

杉村太蔵さんの出身中学校は、地元旭川市内の公立校の六合(ろくごう)中学校です。

 

杉村さんは中学時代も実家が経営するテニスクラブに在籍して、テニスに打ち込んでいます。

 

小学校時代は軟式テニスをおこなっていましたが、中学1年生の頃から硬式テニスに転向しています。

 

中学時代も全道大会で優勝して、全国大会に出場した経験があります。

 

加えてこの中学校では生徒会長を務めており、模範的な生徒でした。

 

 

ちなみに中学時代の将来の夢は宇宙飛行士になることでした。

 

【主な卒業生】

上野雅恵(柔道・オリンピック金メダリスト)

 

杉村太蔵の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:北海道 旭川市立末広北小学校

 

 

 

杉村太蔵さんの出身小学校は公立の旭川市立末広北小学校です。

 

家族構成は両親と弟2人の5人家族です。

 

実家は歯科医の家系だったことから、裕福な家庭に育ち自宅にはテニスコートもありました。

 

ただ厳格な家だったこともあり、すぐに手が飛んでくるようなスパルタ教育を受けていたそうです。

 

杉村さんは父親の影響で幼少期からテニスをはじめており、小学4年生の時から本格的にテニスをやっていました。

 

小学生の頃はプロのテニスプレーヤーになりたかったとインタビューで話しています。

 

以上が杉村太蔵さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

若くして国会議員になりましたが、1期のみで政治家は引退しています。

 

その後はタレントとして活躍しており、証券会社に勤務した経験を活かした投資術なども注目されています。

 

まさに挫折をバネに成功を掴んだ典型的な人物なので、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ