紀子さまの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃のかわいい画像

 

文仁親王妃紀子さまの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。実は紀子さまは父親が転勤族だったことから6つもの小学校に通学していました。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

紀子さま

 

 

1966年9月11日生

血液型はA型

 

静岡県静岡市出身の皇族

旧名は川嶋紀子

 

以下では紀子さまの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

紀子さまの学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:学習院大学 文学部心理学科 偏差値55(中の上)

 

 

 

紀子さまは高校卒業後は、私立大の学習院大学に進学しています。

 

この大学の系列の高校に通っていたため、大学には内部進学で進んでいます。

 

大学在学中は1学年上に後に結婚することになる秋篠宮親王が在籍していました(秋篠宮親王は法学部政治学科)。

 

大学では秋篠宮親王が大学2年生の時に結成した自然文化研究会の他にも、心理研究会や手話サークルにも在籍していました。

 

 

手話サークルには文化祭で手話劇を観たときに感動したことがきっかけで入りました。

 

また言葉が不自由な学生に付き添って講義を受けたり、通訳をしたりノートを取ったりもしていたようです。

 

それ以外にも身障者の車椅子を押したり、自閉症の子どもの面倒を見るなどのボランティア活動も行っていました。

 

また大学内外の国際交流団体にて留学生の世話をしたり、アジア問題など自身が興味を持った分野の講義は他大学で聴講したこともあったようです。

 

紀子さまと秋篠宮親王は大学の書店で、店員さんが紀子さまのことを「川島教授のお嬢さんです」と紹介したことで出会っています。

 

そして秋篠宮親王から前述した自然文化研究会のサークルに誘われて、サークル活動を通して親交を深めていきました。

 

 

当時は2人の交際はマスコミなどに大きく報道されています。

 

大学2年生だった1986年6月に秋篠宮親王からプロポーズを受けましたが、紀子さまは即答することは避けていました。

 

紀子さまは早い段階から宮中にも招かれていたようで当時の皇太子明仁親王(現在の天皇陛下)とも面会しており、秋篠宮親王が主宰するテニスサークルでも一緒にテニスを楽しんでいます。

 

 

紀子さまは大学卒業後は学習院大学大学院人文科学研究科へ進学しており、社会心理学を専攻しました。

 

そして1989年8月に結婚が決まっており、翌年1990年6月29日に結婚の儀が行なわれ、紀子さまはこれに伴って戸籍から消除され、皇族譜に記載されています。

 

 

1991年10月23日に第一子で長女の眞子さまが誕生し、1994年12月29日に第2子で次女の佳子さまが誕生しています。

 

 

しかし子宝に恵まれなかった現在の天皇陛下および雅子さまに配慮すべきだとバッシングを受けたため、長らくは子供をもうけませんでした。

 

2006年9月6日に第三子で長男の悠仁さまが誕生し、皇室において秋篠宮親王以来41年ぶりに男子の誕生となりました。

 

秋篠宮文仁親王殿下の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|若い頃はやんちゃだった

 

眞子さまの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代の可愛すぎる画像

 

小室圭の学歴と経歴|出身大学高校や小中学校の偏差値と学生時代はチャラ男?

 

スポンサードリンク

 

紀子さまの学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 学習院女子高等科 偏差値68(難関)

 

 

 

紀子さまの出身高校は、私立の女子校の学習院女子高等科です。

 

この高校は1885年開校の伝統校で、古くから女子皇族や良家の子女が多く通学する「お嬢さま学校」として知られています。

 

紀子さまはこの高校の系列の中学校に通っていたため、一般受験ではなく内部進学で進んでいます。

 

 

高校時代は厚生委員を務めていました。

 

また街頭に立ちハンセン病患者をはじめとした恵まれない人たちへの募金を呼びかけたり、身体障害者の人たちが作った絵葉書をすすめたりするボランティア活動に取り組んでいました。

 

加えて紀子さまはスポーツも好きで、高校1年生の頃からからテニスをはじめています。

 

(紀子さまは左端)

 

【主な卒業生】

眞子内親王(皇族)

オノ・ヨーコ(芸術家)

菅井友香(櫻坂46)

とよた真帆(女優)

 

秋篠宮文仁親王殿下の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|若い頃はやんちゃだった

 

眞子さまの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代の可愛すぎる画像

 

小室圭の学歴と経歴|出身大学高校や小中学校の偏差値と学生時代はチャラ男?

 

スポンサードリンク

 

紀子さまの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 学習院女子中等科 偏差値67(難関)

 

 

 

紀子さまの出身中学校は、私立の女子校の学習院女子中等科です。

 

紀子さまは父親の仕事の関係で小学校高学年の頃から2年間オーストリアで過ごしていました。

 

そして中学1年生だった1979年9月にオーストリアから帰国し、この中学校に編入しています。

 

 

紀子さまの学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:オーストリア アメリカ・インターナショナルスクール・オブ・ヴィエンナ

 

 

 

紀子さまは父親の川嶋辰彦さんと、母親である和代さんとの間に静岡県で生まれています。

 

父親の辰彦さんは学習院大学の教授を務めた人物です。

 

 

また幼少期から中学校1年生までは父親の仕事の都合で、目まぐるしく日本国内・海外を転々としていました。

 

生まれたのは静岡県静岡市ですが父親がペンシルベニア大学大学院に留学したため、家族でアメリカのペンシルベニア州に渡米し、6歳まで過ごしました。

 

そして3歳だった1969年に同州フィラデルフィアのローズモント大学付属ローズモント・トゥリニティー・スクールに入園しました。

 

このスクールに在園中に自由学園幼児生活団通信グループを卒園しており、4歳だった1970年9月に同州のセント・メリーキンダーガーデンに入園しました。

 

 

そして5歳だった1971年9月にはフィラデルフィア市立ヘンリー・C・リーエレメンタリースクールに入学しました。

 

7歳だった1973年には父親が学習院大学の教授に就任したため、帰国し同年6月に静岡市立中田小学校の1年生として編入しています。

 

静岡市立中田小学校に編入した3ヶ月後の9月には新宿区に引っ越しをしたため、新宿区立早稲田小学校に編入学しました。

 

そして小学3年生だった1975年4月に豊島区の学習院職員寮に引っ越ししたため、豊島区立目白小学校に編入しています。

 

 

小学4年生の時には学習院初等科へ編入しましたが、小学5年生の1学期が終わった頃に父親がオーストリアのニーダーエスターライヒ州にある国際応用システム分析研究所の主任研究員に招かれたことから、家族全員でオーストリアに渡りそこで2年間過ごしています。

 

10歳だった1977年8月にウィーンのアメリカ・インターナショナル・スクール・オブ・ヴィエンナの6年に編入しています。

 

紀子さまは英語に磨きをかけながら、オーストリアで過ごしているうちに日常会話にも困らない程度までドイツ語も話せるようになったそうです。

 

 

以上が紀子さまの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

秋篠宮親王と結婚した際には、マスコミに大きく取り上げられて一躍「時の人」となっています。

 

 

またこのところは長女の眞子さまと小室圭さんとの結婚を巡って、再び注目を集めています。

 

末永いご健在をお祈りしたいものです。

 

秋篠宮文仁親王殿下の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|若い頃はやんちゃだった

 

眞子さまの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代の可愛すぎる画像

 

小室圭の学歴と経歴|出身大学高校や小中学校の偏差値と学生時代はチャラ男?

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ